企画・エッセイ » 記事概要一覧
洲崎で55・2aのイシダイ=東京都の成田寛治さん(太洋釣具)

【館山】

▽根本、西川名、洲崎、富浦でメジナ25―40aが1―13匹▽伊戸、坂田、館山港、船形、富浦でクロダイ35―49aが1―8匹▽根本、館山港、船形、富浦でアジ15―28aが1―25匹▽浜田、香、船形、富浦でマゴチ25―59aが1―6匹 (マリンスポット釣吉)

【同】

[ .. 全文表示へ ]

9月22日20時00分 666

9月26日から10月1日

南房総市図書館(庄司節子館長)は、9月26日から10月1日まで蔵書点検のため、臨時休館する。休館に伴い、各地区の図書室の利用、本の貸し出しも休止となる。図書の返却は可能。

詳しい問い合わせは、南房総市図書館(0470―40―1120)へ。

9月19日20時00分 114

【昼間】▽18日=鴨川市打墨(速度違反)▽19日=館山市亀ケ原(速度違反)

【夜間】▽22日=館山市北条(飲酒)

※おおむね10人以上の体制で行う主な取り締まり予定。非公開により行うこともある。交差点違反とは、信号無視、一時不停止、歩行者妨害を指す。

9月19日09時56分 129

最近は日本でもワークライフバランスの問題がクローズアップされてきて、「過労死」という言葉もよく使われるようになりました。

昔から医師の過労死があることは、医師の間ではよく知られていたと思われますが、一般にこれが問題として取り上げられることは希(まれ)であったと思います。

メディアも、医師が死んでも過労死として問題視することはほとんどなかったと思われます。

ごく最近になり、「医師の働き過ぎ、働かせ過ぎ」、が問題視されるようになりました。特に新潟の研修医の過労自殺事件は大きな影響を与えたと思われます。

国も、医師の過労問題にやっと取り組むようになりました。

[ .. 全文表示へ ]

9月18日20時00分 149
伊戸で57・5aのイシダイ=袖ヶ浦市の石橋明宏さん(太洋釣具)

【館山】

▽伊戸、布良、西川名、洲崎、富浦でメジナ28―42aが1―8匹▽館山港、船形、富浦でクロダイ37―46aが1―6匹▽館山港、船形、富浦でカマス18―28aが1―20匹▽平砂浦、浜田、八幡海岸、富浦でシロギス10―26aが1―20匹 (マリンスポット釣吉)

【同】

▽白間津、伊戸でイシダイ50―57・5aが0―1匹▽自衛隊堤防、砂揚場、築港堤防でソウダガツオ40a前後が0―30匹▽自衛隊堤防、砂揚場でアジ15a前後が0―12匹▽香堤防、船形港でシロギス15a前後が0―20匹▽自衛隊堤防、砂揚場、築港堤防でワカシ30a前後が0―3匹 (太洋釣具餌センター)

[ .. 全文表示へ ]

9月15日20時00分 1,165

私は少年時代から、「少年よ、大志を抱け!」とか、「アメリカンドリーム」「木下藤吉郎物語」などと言った言葉が好きでした。

恵まれない環境に生まれ育っても、努力により台頭していく立身出世物語に感動したものです。現在でも、北米大陸でアメリカ合衆国以外の国の若者が、なんとかして米国へ入り込み、次第に米国民としての地位を獲得していく物語を聞くと、思わず「頑張れ、いいぞ、その調子だ」と拳を握りしめている自分に気づくことが少なくありません。

[ .. 全文表示へ ]

9月12日20時00分 327
白浜で90aのヒラスズキ=南房総市の行縄光男さん(釣吉)

【館山】

▽布良、西川名、洲崎、富浦でメジナ24―43aが1―12匹▽根本、浜田、坂田、館山港、船形、富浦でクロダイ35―50aが1―5匹▽平砂浦、八幡海岸、船形、富浦でマゴチ35―55aが1―5匹▽洲崎、浜田、館山港、富浦でカワハギ18―30aが1―15匹(マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

9月8日20時00分 1,885

総務省千葉行政評価事務所

「役所に対する苦情・要望お聞きします」

【館山市】

▽14日午後1時半〜4時=館山市役所市民相談室(行政相談委員・青山彰、伏原由美、古川博則)

【鴨川市】

▽15日午前10時〜午後3時=天津小湊支所(行政相談委員・栗原和子、吉田尚史、藤後良治)

【南房総市】

[ .. 全文表示へ ]

9月6日20時00分 672

「気軽に来場を」

館山調停協会(滝口力会長)は、10月7日午前10時から午後3時まで、館山市コミュニティセンター2階で、無料調停相談会を開催する。紛争や悩み事を調停委員が聞いて、解決への道を一緒に考える。予約不要で、気軽に来場するよう呼び掛けている。

[ .. 全文表示へ ]

9月6日20時00分 656

最近、楡周平作の『プラチナタウン』という小説を読みました。

楡周平と言えば、1996年に発刊された『Cの福音』という大ベストセラーの作家という記憶があって、この作品もミステリーものかアクションものかと思って書店で手に取ったのですが、今回の作品はこれまでのものとは大きく異なり、これから日本が直面するはずの高齢化社会をどうするかが大きなテーマになった小説でした。

[ .. 全文表示へ ]

9月5日20時05分 659
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved