企画・エッセイ » 記事概要一覧
雨上がりは豪快な姿を見せるタイの下の滝

[第23回] タイの下の滝(したのたき 鴨川市天面)

ミニ名瀑≠フ趣の滝

滝の世界は奥深く、ウェブサイトにはたくさんの滝紹介ページがある。それぞれが調査に入念で、趣も深い。そうした滝ファンは、房州の小さな滝にもアンテナが張られている。実に敏感なのである。

鴨川市曽呂地区から七曲トンネルを抜け、江見方面へ抜ける道がある。車道が天面に入ったあたりにある、小さな滝がタイの下の滝である。ほぼ無名の滝に近いが、タイの下は「滝の下」の意だろう。車道下から広がって落ちるミニ名瀑≠セ。この滝も、詳細に紹介するファンがいる。

[ .. 全文表示へ ]

10年11月27日 5,924
二股に落ちていく鹿島滝

[第22回] 鹿嶋滝(かしまだき 鴨川市東江見)

二股で落ちる特徴的な滝

高さは8bほどの滝だが、最大の特徴は、流れが滝上で横になり、二股になって落ちていることだろう。正面から見ると、滝上がトヨ状の岩となり、水はいったん右に落ちてから左に流れ、岩肌中央部で二股になる。取材日は雨上がりで、豪快だった。左股は広がって落下、右股は懸垂型に落下する。

夏場の水量の少ないときは、ちょろちょろの滝だった。

第六天滝の上から車道を南へ進む。ここに九頭竜トンネルがあり、トンネル上には九頭竜様と稲荷様が祀られている。近くにはJR九頭竜様踏切もあり、地元の人の信仰が篤いことがわかる。滝の下流にある民家の人に聞いたところ、九頭竜ということもあり毎月9、19、29日に参拝者が訪れる。漁業関係者や水商売の人が多いという。

[ .. 全文表示へ ]

10年11月20日 6,276
豪快に落ちる第六天の滝左股の流れ

[第21回] 第六天滝(鴨川市東江見)

冬場に美しい男女滝

インターネット上には「大六天滝」の文字も見えるが、正しくは第六天滝だろう。「第六」の「天滝」ではなく、「第六天」の「滝」なのだ。広辞苑によれば第六天とは、多くの眷属(けんぞく=従者)を率いて仏道の妨げをなすことから、第六の魔王といわれる。他化自在天(たけじざいてん)ともいう。

滝の名にしては珍しいだろう。滝上の道端にそれらしい石宮がある。これが第六天を祀っていて、その下の滝ゆえに第六天滝か。

[ .. 全文表示へ ]

10年11月13日 6,282
黒い岩肌を落ちる上段部分

[第29回] 一本松の滝(いっぽんまつのたき 鴨川市西)

2段構造の隠れた秘滝

一連の曽呂の滝群の中で、もっとも探索が難しかったのが、この滝である。地元の農家を訪ねて、所在地の概略を聞いた。「案内がいなければ、行けないよ」との忠告付きだった。滝はいわゆる無名で、小字は九本木。この農家の人は「滝の辺りを一本松と呼ぶ。昔は立派な松があったんだ」という。では一本松の滝ではどうだろう。

農家に教えてもらった辺りを探るが、川を遡るとやがて沢が消えてしまう。周囲は水田が広がるが、害獣の被害が多いのだろう。どの田も獣よけの柵がしてあって、痛々しい。

[ .. 全文表示へ ]

11年1月8日 6,459
石尊山の二等三角点

[第7回]黄和田畑へ

初日の終わり 迎える煙

石尊山は山頂に巨大な石尊権現のあることで知られる、房総東部の名峰だ。標高は347・6b。二等三角点(点名は「黄和田」)峰である。

その霊験あらたかな峰までには、まだアップダウンがある。最後のひと踏ん張りと、気合を入れ直す。

岩の下りが一行を待ち受ける。川崎さんがザイルを出し、下りをサポートしてくれる。本日、最大の難所である。

安全に下り終えると、その先が黄和田畑への分岐となる。国道465号への看板も出る。石尊山周辺は看板が良く整備されていて、ここまで来れば迷うこともない。が、朝9時から歩いているのだ。疲労困ぱいである。

[ .. 全文表示へ ]

10年4月7日 6,658
末広がりに岩肌を落ちる堀の沢三段の滝

[第27回] 堀の沢三段の滝 (ほりのさわ さんだんのたき 鴨川市畑)

高鶴山西麓の雄大な滝

曽呂地区の農業用水のため池が、山口堰。高鶴山の西麓に位置し、その山名の由来となったツル(古語で水の意)の語源がこの水源だろう。高鶴山を南麓(東善寺)から登ると、沢沿いを下山することになるが、山頂から歩くと、この滝を見落とすことになりそう。山道から少し離れて存在しており、下山時は先にある堰に視線がいきがちだからだ。逆に堰側から登ると、この滝がすぐに目につく。

[ .. 全文表示へ ]

10年12月25日 6,747

[第24回]浅間大神ピークへ

続く異例のハイペース

三郡山から先は、尾根を徐々に下るラインとなる。基本的に下りだが、いくつかのこぶもあるので、ここからが難関でもある。

林道は宇藤木大山(標高347・9b)の手前で、富津市豊岡方面へ下ってしまう。この林道を下った先が、富津市の小字・宇藤木である。山頂に宇藤木集落が建立した石宮があることから、地元山仲間は小字の名をとって宇藤木大山と呼ぶ。長狭街道から眺めても、立派な峰が確認できる。ピークは郡界尾根のやや北側にあるから、上総の山である。

[ .. 全文表示へ ]

10年4月27日 6,818
県道の富津市・鴨川市境

[第27回]八丁山へ

郡界尾根とさようなら

木之根峠から先は、古道のような道が続き、道の両側に旧建設省のコンクリート杭が出ている。この細道が国有地の扱いなのだろう。地図上では富津市と鴨川市の境である。

古道を下りていく。雪が積もったアオキの赤い実がコントラストになって美しい。吐く息が白い。それほど気温も上がっていないのだ。

そのまま進むと、民家の庭前に出る。すでに廃屋で住む主はおらず、紅白の梅が寂しげに咲く。

農家からのコンクリート道を下って、県道88号に出る。ここが市境で、この峠の南側が鴨川市である。

[ .. 全文表示へ ]

10年4月30日 6,823
岩肌がむき出たロープの場所まで戻る

[第16回] 金山ダムへ

遭難回避 3日目終える

黒塚番所跡で、金山ダムバス停まで4・4`の表示。我々は、その先の鴨川有料道路近くまで行く予定だ。

鍋石への分岐には、明治時代の三石への石の標識も残る。このルートを日帰りするのは困難なはずだ。東条の人々は宿泊しながら、三石観音に参ったのだろう。

関東ふれあい道は、ここで金山ダム方面に下る。分水嶺歩き隊は、郡界尾根を西へ向かう。

ふれあい道ならば、こぶの上に設定されるであろう道も、ここから先はこぶを巻くように高低差をなくしている。さきほどまでの擬木の道が一般道なら、ここから先は高速道のような快適さである。その快適もやがて、迷い道に陥っていく。

[ .. 全文表示へ ]

10年4月17日 6,861
林道が行き止まりになり山道へ

[第6回]石尊山の下へ

市原の最南端部を進む

処分場は大福山南側にある。ここから南に延びる林道があって、毎日相当数のダンプカーが走る。未舗装ながら路面は硬く締まり、歩くのには支障はない。が、時折やって来るダンプカーが砂塵を巻き上げるので閉口する。ダンプカーはハイカーを確認すると、そばを徐行してくれる。こちらも路肩によって通行を妨げない。お互いに気遣うことが大切なのだ。

林道はやがてアスファルトになり、空腹も極致になる。午後1時23分、景色のいい高台でようやく昼食となった。ダンプの切れ間を見て、遥か南にそびえる妙見山(清澄山)を見ながらの握り飯だ。

[ .. 全文表示へ ]

10年4月6日 6,882
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved