企画・エッセイ » 記事概要一覧

2019年4月9日の日本経済新聞の社説に「ルワンダの『奇跡』継続を」という表題のものが載りました。

私はうっかりしていて、ルワンダで、部族間の対立から大虐殺が起こった悲劇をほとんど意識しないようになっていました。大問題となって報道されたころは、どうしてこんなひどいことが行われてしまったのか、と心を痛めていたのに、これを最近忘れていたなんて、自分はなんと冷たい人間だったことかと恥ずかしくなりました。ひょっとしたら、2回の脳出血で引き起こされた自分の脳の障害が自分で思っていた以上にひどかったのかもしれない、と不安にもなりました。

[ .. 全文表示へ ]

4月23日20時00分 31

私は2016年4月に、20年間勤務した亀田総合病院から千葉徳洲会病院へ院長として移りました。

房日新聞読者の皆さまをはじめ、南房総の皆さまには本当に良くしていただき、後ろ髪引かれる思いでしたが、新たな経験の場を求めて、転職を決意いたしました。

新天地での緊張と過労の影響もあったのか、異動2か月後の同年6月に脳出血で倒れました。かなり大きな出血だったのですが、集中的な治療とその後のリハビリ治療のおかげで、外科医としての手術にも復帰いたしました。

[ .. 全文表示へ ]

4月9日20時00分 269

古くから芸能人の薬物犯罪はよく報道されてきたことですので、今さら聞いて驚くことではありませんが、最近のピエール瀧さんの事件では、彼が出演した映画やドラマの上映が相次いで中止されることになり、そこまでする必要はないのではないかという意見も出て来て、これをまたマスコミも報道するようになったため、世間の注目を浴びています。

[ .. 全文表示へ ]

4月1日20時00分 272

2019年3月18日の朝日新聞デジタルは、「災害時のトリアージめぐり訴訟に 学会は法整備視野」と題する記事を配信しました。

私は以前より、災害時のトリアージを担当することになったら、本当に恐ろしいことだと思って心配しておりましたので、とうとう恐れていたことが起きてしまったなと思いました。

災害時に適切な医療を、1人でも多くの人に効果的に行うためには、医療行為をしても全く効果がないと思われる人に、「この人には医療を行わない」と決定する黒カードを付けなくてはならないことがありえます。その時の責任の重さを考えると、本当に恐ろしくなります。

[ .. 全文表示へ ]

3月25日20時00分 298

東京都福生市の公立福生病院で、医師が腎臓病の女性に人工透析治療をやめる選択肢を示し、中止を選んだ女性が1週間後に死亡したことで、いろいろな報道がなされています。

私はこの報道を見たときに、病院および担当医が大変な誤りを犯したとは考えていませんでしたが、マスコミ各社はいろいろな意見をみせてくれます。

[ .. 全文表示へ ]

3月18日20時00分 413

教育問題の壁

本紙の読者の皆さまは、私が20年間を過した鴨川と亀田総合病院をいかに愛しているかをよくご理解してくださっていると思います。

私が20年の間に育てた弟子たちも、今は大変立派になり、各方面、外国も含めて、各地で活躍していて、それが高齢になってきた私の生きがい、支えであり、自慢です。

[ .. 全文表示へ ]

3月12日20時00分 468

きょう、たまたまテレビを付けたところ、コンビニエンスストア大手のセブンイレブンのフランチャイズ店が、「人手不足のため24時間営業をやめたい」と申し出たところ、本社から契約違反として違約金1700万円を求められたというニュースが流れていました。

セブンイレブンは開店時に24時間営業することを前提にした契約書に署名した上で営業を許されていることを始めて知りました。

[ .. 全文表示へ ]

3月5日20時00分 399

私が2016年4月に院長として千葉徳洲会病院へ赴任して、間もなく、満3年になります。

赴任当時、院内には問題が山積していて、大いに悩んだものでした。

72病院を持つ徳洲会グループの中でも、問題の赤字病院の典型例のように言われているのが分かったときには、「しまった。もっとよく調べてから引き受けるべきであった」と後悔したのですが、赴任してしまった以上、病院の問題点を洗い出して、一つ一つ解決していって、黒字病院にしていくしかないと覚悟を決めました。

[ .. 全文表示へ ]

2月25日20時00分 439

医学・医療の進歩によって、昔では考えられなかった動きが医療の世界では起こっているのを感じます。

私が医師になって間もないころは、がんで手術した患者さんが妊娠して出産なさることはまず、起こりませんでした。しかし、現在では日常よく目にする光景となりました。

私の思い出に残る患者さんは、胃がんで手術を受けられたときは25歳であった女性Bさんです。

[ .. 全文表示へ ]

2月18日20時00分 473

私たちが住んでいる千葉県内で、小学4年の女児が、家庭内の虐待が原因で死亡した事件は、多くの県民を驚かせました。

さらに驚いたのは、「この女児が被害を申告した学校アンケートの内容が、容疑者の父親に筒抜けになっていた」という続報でした。

[ .. 全文表示へ ]

2月13日20時00分 495
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved