企画・エッセイ » 記事概要一覧

私たちが住んでいる千葉県内で、小学4年の女児が、家庭内の虐待が原因で死亡した事件は、多くの県民を驚かせました。

さらに驚いたのは、「この女児が被害を申告した学校アンケートの内容が、容疑者の父親に筒抜けになっていた」という続報でした。

[ .. 全文表示へ ]

2月13日20時00分 99

2019年1月23日午後4時に配信された、朝日新聞デジタル(アピタル)に、「『見えない障害』支えるノート 高次脳機能障害の人支援」という記事がありました。

既に本紙読者の皆さまには正直にご報告申し上げておりますように、私自身が2回の脳出血後、この高次脳機能障害に悩まされていますので、医師としてのみならず、患者としてもこの記事を興味深く読みました。記事の内容は、医師の目から見ても、患者の目から見ても、正しいものだと思いました。

[ .. 全文表示へ ]

2月4日20時00分 202

日本国民にとり、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマは日常生活において欠くことのできないものになっているように感じます。

この2つの番組の撮影舞台になるとその地域が突然脚光を浴びて、一躍、観光地に早変わりします。

[ .. 全文表示へ ]

1月28日20時00分 233

私の属する団塊世代の人たちが集まると、近い将来、自分で自立した生活を続けることが難しくなるのは明らかで、あとは時間の問題ですから、当然、老人ホームの話が出ます。

私も時々ネットで老人ホームあるいは高齢者用住宅の宣伝に目を通していますが、良いところだな、と思うところは、値段あるいは賃貸料が高いですね。

[ .. 全文表示へ ]

1月21日20時00分 267

佐渡島のトキの保護についてこの欄でも取り上げたことがありましたが、野生動物、自然動物の数のコントロールは本当に難しいものだと思います。簡単に捕獲できて、数もたくさんいると思っていると乱獲になり、気付いたら「絶滅種」に分類されるほど、激減してしまったという失敗を人類は繰り返してきたようです。

今年の元日の読売新聞は、「『絶滅種』のはずが増えすぎて…逆に捕獲対象に」と題する記事を掲載していました。人間の身勝手さを非難された思いがして、ドキッとしたのは私だけではないと思います。

[ .. 全文表示へ ]

1月14日20時00分 273

最近、アウトバウンドとかインバウンドという言葉をよく見たり聞いたりします。

もちろんアウトバウンドは日本から外国へ出て行く人を指し、インバウンドは日本へ入ってくる人を意味しています。

インバウンドに関しては、医療界では近年、「メディカル(医療)ツーリズム」という言葉が良く使われるようになりました。

[ .. 全文表示へ ]

1月7日20時00分 348

現在、私の長女一家は、夫の仕事の都合で米国サンディエゴに住んでいます。

小さな子どもを2人連れての海外赴任ですから、大変なようです。2人目の子が生まれてすぐに出発したのですが、夫が仕事の都合で先に渡米していて、そのあとに娘が1人で2人の赤ん坊を連れて行ったので心配しましたが、1人で何とかなったようです。

1年間のみの海外赴任とは言え、私と妻は、小さな孫たちに会えなくなったので寂しい思いでいます。

しかし、文明の利器はたいしたもので、太平洋を挟んで遠く離れていても、毎日、「LINE」という仕掛けで動画が送られてくるのです見るたびに2人とも大きくなっていくのが分かります。数か月前には、祖父似と言われて、かわいそうな顔をしていた上の孫も、最近では少し顔が整ってきて、祖父の私よりもハンサムになってきたようです。

[ .. 全文表示へ ]

12月24日20時00分 434

日本の少子高齢化が進む中、老人たちに一体いくら医療費を注ぎ込むのだ、という非難の声が若い人たちから上がってくるのを感ずるようになった昨今です。

明らかに身体異常をきたしているときに、医療費を使うことに抵抗する人は少ないだろうと思いますが、最近増加傾向にあると言われる「認知症」の場合は判断が難しくなると思われます。

[ .. 全文表示へ ]

12月17日20時00分 478

6日から3日間は、日本内視鏡外科学会総会が福岡で開催されていますので、私も参加しています。

読者の皆さんは、医師達は学会へ行っていったい何をしているのだ、と不思議に思われるかもしれませんので、今回の私の例を紹介してみますので、参考になさってください。

学会には、最新の医療情報を学ぼうと考え、勉強のために参加するだけの人も大勢おられますが、日ごろの研究内容を発表する人も少なくありません。

[ .. 全文表示へ ]

12月10日20時00分 543

私が亀田総合病院時代に若潮マラソンに出場していたことは、この欄で何度もご報告してきましたので、覚えていてくださる読者の方もおられるかもしれません。

2016年3月末に亀田総合病院を退職して船橋の千葉徳洲会病院へ移りましたが、その後、2回も脳出血で倒れ、入院治療、リハビリ治療を受けておりましたので、若潮マラソンへの出場は、ほぼ諦めておりました。

[ .. 全文表示へ ]

11月26日20時00分 531
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved