企画・エッセイ » 記事概要一覧

内戦下のシリアで拘束されていたジャーナリスト安田純平さん(44)が約3年4か月ぶりに解放され、帰国されました。

安田さんの渡航に関してはいろいろな意見が出されていますが、まずはご無事に帰国されたことを喜びたいと思います。これまで安田さんとみられる男性の映像が複数回ネット上で公開され、中には「助けて」などと書かれた紙を示す画像もあっただけに、無事の生還を心から喜びたいです。

[ .. 全文表示へ ]

11月12日20時00分 74

私たち医師は、医学・医療の発展に遅れては、患者さんに良い医療を提供できなくなるため、できるだけ学会には参加しなくてはなりません。それが新しい情報を効果的に仕入れる方法でもあるからです。

さらに、できることなら自分でも研究を進め、その内容を発表したいものです。

しかし、大学病院以外の一般病院にいると、それはなかなか難しいことです。研究に時間を割くのが難しいからです。

[ .. 全文表示へ ]

11月5日20時00分 181

日本では絶滅したと言われていたトキを繁殖させるために、国を挙げての大事業が行われたのはもう10年も前のことでした。

その後、トキの繁殖状況はどうなっているのだろうかと、野鳥を見るたびに思っていたのですが、2018年10月21日の毎日新聞にその近況を報じた記事を発見しました。

新潟県の佐渡島でトキを放鳥し始めたニュースが日本中を駆け巡ったのは、もう10年も前だったのかと感慨深く思い出します。

[ .. 全文表示へ ]

10月29日20時00分 194

前回はカジノやパチンコなどの賭け事に関するお話しをさせていただきましたが、きょうは、私の学生時代のパチンコなどの賭け事に関する思い出をお話しいたします。

学生時代は、医学生といえども、医師になってからよりも暇が十分にありましたので、パチンコに興ずる時間もありました。

[ .. 全文表示へ ]

10月22日20時00分 245

毎日新聞は2018年10月10日に、「カジノ 介護に取り入れ 認知症予防/依存症懸念……賛否」と題する記事を配信しました。

バカラ台でカードゲームを嬉々(きき)として楽しむ利用者らを写した写真も掲載されていました。東京都足立区の「ラスベガス足立店」で、飯田憲記者が撮影されたもので、よくできた写真だと思いました。表題を観て、私は「人の持つ射幸心を利用して脳を刺激してリハビリに利用するとは、賢い方法だな」と褒める気持ちになりましたが、そのあとの記事を読んでみて、ことはそう単純ではないことを知りました。

[ .. 全文表示へ ]

10月15日20時00分 297

今年のノーベル医学生理学賞が、京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)博士と米国のジェームズ・アリソン博士に贈られることが決まりました。本庶氏は新しいタイプの抗がん剤「オプジーボ」の開発につながる基礎研究が評価されたものです。

高額で話題になった抗がん剤オプジーボの開発者というと、はじめからよく効く抗がん剤を狙って研究を続けてきたのではないかと思われがちですが、実際は全くそうではなかったようです。この成果が最初から抗がん剤を開発しようと考えた結果ではないことに注目すべきだと思われます。生命の基本的な働きを解明しようとする四半世紀前の基礎研究が、結果的に抗がん剤につながったということですから、基礎研究者たちにとっても、今後の仕事への励みになる出来事でもあります。

[ .. 全文表示へ ]

10月7日20時00分 353

私が子どものころは、家から歩いて行ける範囲内にあるため池で魚を釣ったり、すくったりして遊んでいたものでした。あのころは雨が降ってもため池が決壊した記憶がなかったのですが、最近は全国各所でため池の決壊による災害が報道されています。

[ .. 全文表示へ ]

10月2日20時00分 336

私は岐阜県の東濃地方の出身で、県庁所在地の岐阜市からも離れた土地であるため、若いころは、出身高校・多治見北高校の同窓生にはあまり有名人と思われる人はいないと思ってきました。

しかし、最近は世間の注目を浴びる卒業生たちも出てきました。

フリーアナウンサーの近藤サトさんもその1人です。

フジテレビ在職中にキャスターとして脚光を浴び、故郷の方でも自慢の有名人の1人となりました。一時は、芸能人との結婚問題などで話題になったので心配していましたが、その後、実力をみせて活躍を続けていて、うれしく思っています。

今回は、「白髪を隠さない」と宣言したことが朝日新聞でも取り上げられ、私の目にも触れました。

[ .. 全文表示へ ]

9月24日20時00分 352

東京医科大学の裏口入学問題が報道されて以降、さらに同大学が入学試験の際に女性受験者に不利になるように点数操作をしていたことが明らかにされ、大きな社会問題となりました。

背景には、女性医師は出産や育児で現場を離れるケースが多いことが問題となっていたことが明らかにされてきました。それが同医大による女性差別の理由とされています(朝日新聞 9月9日社説より引用)。女性医師は出産、子育てのために職場を離れる機会が多くて、戦力として計算しにくいので、女性が医師になる機会を入学試験の段階で少なくしよう、という発想から出た、入学試験時の点数操作であったようです。

[ .. 全文表示へ ]

9月17日20時00分 411

今年の夏は例年に比べて、特別暑かったことがメディアでも盛んに報じられてきましたし、大相撲界の貴乃花親方が熱中症のため、救急車で病院へ搬送され入院したことがニュースになり、驚きました。あのたくましい代表のような、まだ若い元横綱が熱中症になるくらいですから、恐ろしい暑さだと思われます。

[ .. 全文表示へ ]

9月3日20時00分 531
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved