企画・エッセイ » 記事概要一覧

現在の医療制度の欠陥の象徴

8月21日、トラック運送大手セイノーホールディングス(岐阜県大垣市)は、傘下の西濃運輸などグループ企業31社の社員や扶養家族ら約5万7000人が加入していた「西濃運輸健康保険組合」について、8月1日付で解散したことを明らかにしました。理由として4月の高齢者医療制度改革に伴い、負担金が大幅に増えたことで事業継続が困難になったとしています。会社の景気が悪いわけでもないのに、倒産以外の理由で大手企業の健保組合が解散するのは珍しいことで、一般国民にはショックなニュースです。

[ .. 全文表示へ ]

08年9月16日 17,999

わが国で約10年前からおこなわれてきた「ゆとり教育」路線が変更されて、もっと勉強させるように方向転換したことは、国際競争力をつける観点からも歓迎すべきことだと思います。「ゆとり教育」が提唱された頃、私はこの欄でそれに反対する意見を述べました。「働き足りない日本人が増えてしまった現在の日本に、ゆとり教育などと言っているゆとりはない」というのが私の提唱でした。

最近では「ゆとり教育の間違い」が広く認識され、政府も方向転換をしました。

さらに、今回は「教科書の厚さを倍増」案が出ていることが明らかになりました。政府の教育再生懇談会(安西祐一郎座長)が、小中高校の教科書の質と量の充実を図るためにまとめた教科書改革の素案の全容が7月26日に明らかとなり、そのなかにその内容が含まれていたものです。

[ .. 全文表示へ ]

08年8月11日 21,853

昨年(2007年)末から今年1月にかけ、千葉、兵庫両県の3家族10人が被害を被った冷凍餃子中毒事件にやっと実体解明の兆しが見えてきました。

この事件では、中国からの輸入餃子に毒物が検出され、それは中国国内で混入したものと日本の警察は判断しました。しかし、中国側は2月末、「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見方を表明して、日本国民を驚かせました。これに対し、警察庁は、原因となった毒物であるメタミドホスの成分分析の結果、日本国内にはない不純物が検出されたため、「日本で混入された可能性は極めて低い」との見解を示していました。

[ .. 全文表示へ ]

08年8月18日 20,232

夏もいつの間にか、盛りを過ぎたようです。

世の中には「夏期休暇」という言葉がありますが、医療に従事していると、つい休暇を取りわすれてしまいます。「夏期休暇」といっても特別な休暇がもらえるわけではなく、年休の範囲内で休みをとるわけですから、これが冬期休暇になっても同じことです。わざわざ交通の混雑するお盆近くに休みをとる必要はありません。

しかし今年は、「休みをとることにしてくれいないと他のものが困る」と言われたこともあり、私はお盆過ぎに休みをいただいて、故郷の両親の見舞いに行くことにしました。行っている間もその直前に手術をした患者さんのことが心配で、頻繁に病院へ連絡を入れてしまうのはいつも通りのことです。

[ .. 全文表示へ ]

08年8月25日 19,452

いろいろと心配の多かった北京五輪も無事に終わってホッとしています。

最後の閉会式をみていて、単純な私は、これほど安定した豊かな国はそうないのではないかと思ったほどです。

開催前には世界の人々を心配させた四川大地震を乗り越え、大会そのものには大きな混乱もなく、北京五輪を閉幕にまでこぎつけた点を評価すべきだと思います。金メダル競争でも中国が圧倒的な強さを見せつけ、中国国民の団結の強さも感じさせました。

[ .. 全文表示へ ]

08年9月8日 21,581

私は元来が田舎育ちの倹約家ですので、靴もいつも量販店で安いものを買っています。「倹約家」と格好良く言うよりも、ケチなのでしょう。

革靴も5000円前後のものが多く、運動用のシューズも1500円から3000円くらいのものが大部分でした。ところが、最近、ランニングシューズの高級品をはじめて買いました。ネット販売の中で「ランニングシューズ」と入れて検索したら、いっぱいヒットしました。

いろいろと見ているうちに、あのマラソンの野口みずき選手が契約している会社のものが目に入りました。野口選手が大変足にやさしい靴を作ってもらっていると新聞で読んだことがありましたので、ひょっとしたら自分もこの会社の靴を履いて走ったら楽に速く走れるのではないか、という妄想に取り憑かれたのです。

[ .. 全文表示へ ]

08年9月23日 15,338

日本にもあった毒物混入ミルク事件

中国製牛乳を原料にした丸大食品の食品から有害物質「メラミン」が検出されて大問題になっています。丸大食品(大阪府)が菓子などの自主回収を始めたのは当然のことでしょう。幸い、メラミンが含まれていても健康を害するような量ではないということですが、これまでの中国食品の問題を考えれば、日本政府は毅然とした態度で臨まなくてはなりません。食品に関することは、国民の暮らしに直接かかわる問題だけに、迅速な対応が必要とされます。

メラミンは窒素を多く含む有機化合物で、接着剤、塗料、食器に使われる樹脂の原料となります。これがどうして牛乳に含まれることになったかと思ったのですが、「メラミンを混ぜると、蛋白質を多く含む牛乳のように見せかけられる」というのが理由のようです。酪農業者が原乳を水増しした後、薄まった蛋白質をメラミンで「補っていた」ということのようです。この方法によって価格をつり上げる行為が横行しているといいますから、現在の日本では考えられないことです。

[ .. 全文表示へ ]

08年10月6日 14,372

国民を愚弄するな

福田康夫総理大臣が自民党総裁を辞任する決意を表明して以来、日本中が次の自民党総裁選びに目を向けてしまい、これまでの自民党批判も忘れてしまった感がありました。これがもともとの自民党のねらいだったといわれると、単純な私は「なるほど」と思ってしまいます。福田内閣の支持率が急落して、これでは次回の衆議院選挙で勝てる見込がないから、ここはひとつ総裁を交代させて新鮮なムードの中で選挙戦をやろうとするのは、理に適った賢い作戦ですね。

[ .. 全文表示へ ]

08年9月29日 13,326

新走法の試み

私は一昨年より、1月の最終日曜日に館山市で開催される若潮マラソンに出場していますが、今年も去る1月25日に開催されたため、これまでと同じく10`コースにエントリーいたしました(フルマラソンの部、ファミリーの部も含めた総参加者数は5286人)。

自分の心臓の状態と相談しながらの参加ですが、今年も若手医師達の伴走に守られ、なんとか完走できました。

走行中は沿道の皆様から力強い応援のお言葉をいただき、大変力付けられました。ありがとうございました。心より感謝申しあげます。私の状態を気づかって伴走してくれた若手医師諸君、主催の館山市などの皆様、後援の朝日新聞社などの皆様、交通規制の労を執ってくださった館山警察などの皆様に、この場を借りて御礼申しあげます。

[ .. 全文表示へ ]

09年2月2日 3,281

10月12日から米国外科学会American College of Surgeonsに出席のためサンフランシスコへ来ています。16日にこちらを出発して帰国する予定ですのでかなり慌ただしいです。

前回サンフランシスコへ来たのはもう5年以上前だと思います。米国外科学会のInternational Guest Scholarに日本人としてはじめて選ばれたのが1993年で、このときがサンフランシスコ開催でした。この学会はサンフランシスコ、シカゴ、ニューオーリンズの3つの年で順番に開催することになっているのですが、賞をいただいたサンフランシスコ開催の時にはできるだけ出席するようにしています。とくにInternational Guest Scholarshipに選ばれた人は「高額の奨学金のもらい逃げをしないように、その後も学会に出席してその発展に貢献するように」と言われていたのですが、2003年に心筋梗塞と脳腫瘍で2回倒れてからは欠席が続いていました。従って6年ぶりのサンフランシスコということになります。

[ .. 全文表示へ ]

08年10月20日 9,490
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved