企画・エッセイ » 記事概要一覧

必要な医師の数「10年後に到達」

医師不足、看護師不足が相変わらず大きな問題になっていますが、私は以前から本欄で、このまま医学部の定員を増やしていったら、必ず医師があまる時代がくるという意見を出していました。

厚生労働省の最新の推計では、やはりそうなることが分かってきたようです。

2018年4月13日配信の朝日新聞デジタルに詳しい報告が載っていました。

[ .. 全文表示へ ]

4月23日20時00分 718

最近数か月のうちに、貴乃花部屋の力士が暴行を受けたと思ったら、次には、その部屋の力士が暴行を働いたり、大砂嵐問題が浮上したりと、さまざまな大相撲界の問題がマスコミで面白おかしく取り上げられ、読者および視聴者側はかなり食傷気味でしたが、最近は土俵上での「女人禁制」に関する報道が注目されています。

どれをとっても、大相撲界よ、いい加減にしてくれよ、目を覚ませよ、と言いたくなります。

[ .. 全文表示へ ]

4月17日20時00分 816

国内では高校野球で沸いた最近1週間でしたが、野球の世界でもっともファンを興奮させてくれたのは大リーグへ移籍した大谷翔平選手でしょう。

昔から高校野球では、ピッチャーで4番という選手はたくさんいましたが、いったんプロ野球の世界へ入ると、厳しい世界ですから、皆、投手か打者かの選択をせざるをえませんでした。

[ .. 全文表示へ ]

4月9日20時00分 878

房日新聞の読者の皆さんも「ロボット手術」という言葉をお聞きになったことがあると思います。

手術医療の世界においても、手術機器の開発は着実に現在も進んでおり、そのひとつが「Robotic Surgery=ロボット手術」です。

現在、最も市場に普及しているロボットは、内視鏡下手術支援ロボットといわれるda Vinci Surgical System(Intuitive Surgical, Inc.、以下、da Vinci)です。

[ .. 全文表示へ ]

4月2日20時00分 847

前回は卒業直後の新米医師としての私の辛かった経験をご報告しましたが、今回は、卒業後2年目に赴任した地方の病院で、あらゆる職種の人からいろいろと親切に教えていただいた経験をご報告いたします。

私は学生時代から医学部を卒業して医師になったら、2〜5年のうちに米国へ渡って、そこで医師としての修業を継続しようと思っていました。

[ .. 全文表示へ ]

3月26日20時00分 843

周りの環境、すべてが勉強の種

4月は新入職員を迎える時期です。

房日新聞読者の皆さまにも、それぞれ未経験者、新人、新入職員の時期があったと思います。

医療界でも、医師、看護師、各種コメディカルスタッフの皆さま、事務職の皆さま、すべての職種の皆さまに、学校を出て、初めて職に就いたときの興奮、不安、期待、その後に経験した、幸せ、絶望、屈辱があったことと思います。

私にも苦しい新人時代がありました。親切な指導者が多かった中に、今でも忘れられない意地悪な指導者もいました。

[ .. 全文表示へ ]

18年3月19日 855

最近は新聞を開けば、どこかの病院が労働基準法違反で労働基準監督署から勧告を受けたといニュースが頻繁に見られます。

そのうち、自分のよく知っている病院も調査されるだろうなと思っていましたら、ドンピシャリでした。

2018年3月2日の朝日新聞デジタルに、「医師の残業超過で是正勧告 岐阜の羽島市民病院」という記事がありました。

[ .. 全文表示へ ]

18年3月15日 891

私は育った環境が音楽とは無縁のところでしたので、歌と言えば、流行歌くらいしか耳にしていませんでした。青年期以降は、フォークソング歌手の歌を聴くと良いなあー、と思っていましたが、テレビなどでテノールとかソプラノとか言われる歌手の歌を聴いても、なんだかよく分かりませんでした。ずいぶん気取った歌い方をする人たちで、自分とは無縁の世界の人たちだと思っていました。

[ .. 全文表示へ ]

18年3月5日 1,074

過労死ライン越えは当たり前だった

最近は国中「働き方改革」という言葉の大合唱です。医師の世界にも「医師の働き方改革」という言葉が聞こえるようになりました。

学会や研究会でもこれをテーマとして、講演会が開かれることも珍しくなくなりました。

しかし、一方で、過労死事件の報道は続いています。これは他の業界でも同様でしょう。

[ .. 全文表示へ ]

18年2月26日 927

大局的見地からみてほしい

「救急救命士が医師の指示なく薬剤投与 長崎・佐世保」。こんな表題の記事が2018年2月11日に、朝日新聞デジタル(アピタル)から配信されました。

私はこの表題をみたときに、こんなことで救命救急士を罰しては絶対にいけない、こんなことをしたら日本の救急医療は崩壊する、と思いました。

[ .. 全文表示へ ]

18年2月19日 888
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved