企画・エッセイ » 記事概要一覧
コンクリートの祠内の乙王の墓

山中激歩連載【第4回】

(4)庚申山から乙王墓へ

小高い庚申山を後にする。すぐ下は切り立ったような広域農道の工事現場。この際を慎重に歩くが、危険この上ない。鋭い棘のあるカラスザンショウの若木にズボンの裾を刺される。思わず「ひぃ」と声をあげる。

庚申山を下りると、かつての林道に出る。未舗装だが、がっちりと固められた林道だ。この上りをあがっていく。

館山航空標識所の手前に、旧豊房育成牧場がある。林道はこの牧場内を走る形で伸びる。すでに牧場は閉鎖され、標識所下の市道に出る。左へ進めば、神余の別荘地・東虹苑で、右へ行けば、千倉の名刹・小松寺へ向かう林道である。この舗装道でお昼になったので、路上で弁当を広げる。額に汗がにじむが、ほほをなでる風は優しい。舗装道なのに、車が1台も来ないのがいい。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月5日 77,980
瀬高の6尺道

山中激歩連載 【第23回】

(23) 滝から三浦三郎山へ

市井原から瀬高集落へ向かう。東は清澄山、西は鋸山に連なる郡界尾根へ向かう上りである。当然、ルート全体が急勾配の連続となる。郡界は、昔でいえば国境である。古道に峠があって、ここで国への出入りを管理する。そういう場所なのである。

民家を左に見て、小さな流れ沿いに左に折れる。ここからは、ほぼ北に伸びるコンクリート道である。

途中、鋸南町営水道の加圧所がある。これだけの標高差を克服して上水を高みに送る。いくつもの加圧ポンプが必要なのだ。それだけ標高差があるということである。

勾配のきついコンクリ道をじっと耐えながら、登る。汗が噴き出る。昔の人はどんな思いでこの道をたどったのだろうか。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月28日 77,965
馬糞石の供えられた馬頭観音

山中激歩連載【第17回】

(17)不寝見川から正壽院へ

不寝見川の交差点から、尾根筋を北に伸びる古道は、鎌倉街道とも頼朝道とも呼ばれる。武家政治が敷かれ、安房の地にも国府が置かれる。その国府と幕府を結ぶ道が鎌倉街道である。中央政府から送られる地方官吏が通った官道であろう。地元の人はいまでも鎌倉街道と呼ぶ。

不寝見川交差点のすぐ東側にはこんもりとした宮田山がある。ここも番所関連の遺構があるといい、周囲は歴史の薫りが漂う。

吉井へ抜ける自動車も走る道路の角を山に入る。浅いやぶを分け入ると、すぐに馬頭観音が現れる。馬頭観音は馬が倒れた場所に建立される観音で、当時は馬は貴重な移動手段であるから、馬が死ぬことはかなりの損失である。当時の篤い信仰を伝えるのが、路傍の馬頭観音だろう。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月23日 76,820
大塚地区の村社・豊受神社

山中激歩連載【第16回】

(16)花火工場跡から大塚へ

花火工場跡を右にみて、林道を行くと林道合流地点となる。左を登れば余蔵山経由の大塚集落、右へ下れば、大沢の集落になる。

左の上りが、林道石塚道だ。石塚線を歩くと5分ほどで、余蔵山への分岐になる。急坂のため、路面に凹加工がある。車の滑り止めである。

急傾斜のコンクリート道を登る。ここは旧KDDの電波塔があった場所で、このコンクリート道路もその電波塔への道である。塔建設は昭和の話。当然ながら、古道ではないが、素晴らしい眺めの余蔵山へ立ち寄らぬ手はないので、ここはコンクリート道を歩く。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月20日 76,196
伊予ヶ岳から大日連山の並び

山中激歩連載【第19回】

(19)川上駅から中央林道合流へ

通称・二部街道を渡る。不寝見川からのルートは、時折、大きな道路を横断しなければならない。古道は房総半島南部を南北に縦断するが、現在の自動車道路には、半島横断道路がいくつかある。現代人の生活に欠かせない道路は、こうして古道を部分的に切り裂く。

県道をいったん西へ歩き、すぐに分岐となる。目印は川上青年館。青年館の角を右に入る。コンクリート道を登るが、少しきつい上りである。県道は谷筋に東西に横断する。古道は尾根筋に南北に縦断する。したがって県道をまたぐときは、下って上らなくてはならないのだ。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月24日 76,134
立派な八幡神社本殿

山中激歩連載【第22回】

(22)ジェノバから滝へ

ジェノバはちょうど峠に位置し、ここから北へ向かう道は、長い下りである。長狭街道からこの店を目指すときは、長い上りだ。

アスファルトの下り坂を下りる。そのまま道なりに下ると、左への分岐がある。ここを登ると、右手に豚舎があり、さらに登ると何軒かの民家が出る。民家を過ぎて右に折れてさらに下ると、八幡神社となる。

奥の拝殿に飾り窓のような彫り物がある。本殿も大きなつくりで、境内には巨大な杉の木があって、注連縄が巻かれている。その奥には富士講の石碑もある。管理もしっかりされている立派な神社である。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月27日 76,122
佐久間ダムから鉄階段を登る

山中激歩連載【第20回】

(20)中央林道合流から大崩へ

嶺岡山系の尾根を東西に走る中央林道。草も伸びていないし、車も来ないので、鳥のさえずりも大きく聞こえ、快適な道である。木漏れ日の下を歩けば、暑さも感じない。

その平坦な道を東へ向かう。しばらく行くと、路傍に山の神があるという。林道より高い小さなピークがあって、ここをよじ登る。南に向けて平坦部があって、ここに2つの石宮があった。いまでは誰も参拝しないのであろう。その存在すらも忘れられている。南側にはつづら折れの山道があって、南側の集落につづいているのかもしれない。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月25日 76,079
ひっそりと咲くヤブミョウガの花

山中激歩連載【第24回・最終回】

(24)おわりに

房総半島の最南端・白浜城跡から房総の屋根・郡界尾根まで、半島ほぼ中央の尾根筋を北上する旅。さすがに1日では無理なので、のべ6日間かけての山中激歩だった。

房州低名山の連載を終え、房州温名湯の掲載に入ったころ、わが山の師・川崎勝丸さんから「忍足さん、温泉ばっかり浸っていると、ふやけちゃうよ」と連絡があった。その川崎さんの口から「房州を縦断する立派な古道がある」と聞かされたとき、少し心がざわめいた。山は終わって、いまは温泉なのだ。そう思ったが、低名山への思いも、後ろ髪を引かれるように残っていた。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月30日 75,259
山中に現れたレストラン「ジェノバ」の門

山中激歩連載【第21回】

(21)大崩からジェノバへ

ここまでのべ5日間歩いた、山中激歩もいよいよ最終日。鋸南町大崩から郡界尾根を越えて、三浦一族の三郎光村の館があったという三浦三郎山(標高281メートル)までを歩く。いまでも鎌倉街道の要素が色濃く残るルートである。

大崩公民館から町道を東に向かう。町営バスの車庫を過ぎ、民家2軒を過ぎた防火水槽の角を右に登る。コンクリートのしっかりした道だ。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月26日 74,365
「西すぎもと道」と刻まれた道標

山中激歩連載【第5回】

(5)乙王墓から切り割りへ

音落ヶ嶽のピークをゆっくり降りる。畑のトンネルからこの先の古茂口の切り割りまでの尾根筋は、館山市と南房総市の市境となっていて、標石があちこちにある。

この市境の尾根を歩く。踏み跡のしっかりした道だ。しばらく行くと、こんもりとしたピークがあって、ここに浅間宮が鎮座していた。銘には「天保十四年 永代村 山荻村 古茂口村」と刻んである。3村合同で富士講をしていたのだろう。富士講は、各地の富士山の見える丘にあり、浅間様を祀る。ふもと3村で信仰も篤かったのだろう。小さな湯のみが供えてあった。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月6日 73,274
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved