企画・エッセイ » 記事概要一覧
鹿野山の大きな頂が見える

[第2回]台倉手前へ

獣害に嘆く山中の農家

ぬかるみの谷底から、尾根筋へ向かう道に取り付く。かなりの傾斜だが、道そのものは歩きやすい。速いペースにも負けず、先達に従う。

ルートの左手からゴルファーの声が聞こえる。今度はジャパンPGAゴルフクラブ。鹿野山周辺はゴルフ場銀座≠ナ、あちこちにゴルフ場が点在する。このルートは複数のゴルフ場の縁を通っていくのである。

[ .. 全文表示へ ]

10年11月11日 8,299
ゴルフ場横の赤道を降りていく

房総半島中央部の久留里から郡界尾根を通り、布良までの壮大な尾根歩きを連載したのが、今年4月1日から5月28日まで。「房総分水嶺」として、尾根を歩いた10日間を記事にした。あれから半年。房総分水嶺に別の尾根があるという。君津市の鹿野山から郡界尾根までの2日間。久留里ルートとは別の尾根である。ルートの一部は環境省の関東ふれあいの道で、この指定区間ならば標識もしっかり整っている。秋のハイキングシーズンに、尾根歩き連載「続・房総分水嶺」をお届けする。【忍足利彦記者、題字は阿部恵泉氏】

[第1回]九十九谷へ

小糸川の谷底へ降りていく

[ .. 全文表示へ ]

10年11月10日 10,051
尾根を歩いた忍足記者=高宕山ピークで

今年4月1日から5月28日まで、計49回連載し、好評いただいた「久留里から布良まで 房総分水嶺 半島の背骨を歩く」の続編を11日から掲載します。

前回のルートの西側には、君津市と富津市の境が南北に伸びています。この市境は小糸川と湊川の分水嶺で、快適な尾根ルートです。鹿野山から南下し、石射太郎、高宕山、笹郷山を経由し、郡界尾根の三郡山へ至る尾根道をベテランの案内で、忍足利彦記者が歩きました。

[ .. 全文表示へ ]

10年11月9日 8,199
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved