企画・エッセイ » 記事概要一覧
山中に現れたレストラン「ジェノバ」の門

山中激歩連載【第21回】

(21)大崩からジェノバへ

ここまでのべ5日間歩いた、山中激歩もいよいよ最終日。鋸南町大崩から郡界尾根を越えて、三浦一族の三郎光村の館があったという三浦三郎山(標高281メートル)までを歩く。いまでも鎌倉街道の要素が色濃く残るルートである。

大崩公民館から町道を東に向かう。町営バスの車庫を過ぎ、民家2軒を過ぎた防火水槽の角を右に登る。コンクリートのしっかりした道だ。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月26日 72,430
相浜沖磯で77aのマダイ=君津の盈勝義さん(太洋釣具)

【鋸南】

大六堤防、大六海岸でシロギスの12―20a3―21匹、大六堤防、吉浜埋立地でカイズの20―24a0―3匹、岩井袋、吉浜埋立地でメジナの20―22a0―4匹(網代釣具店)

【館山】

北条海岸、那古海岸、八幡海岸でイシモチの18―33aが6―25匹、北条新堤防、平砂浦南パラ下、根本海岸でシロギスの16―26aが8―56匹、平砂浦海岸、船形港、沖ノ島渡り口でマゴチの35―57aが1―2匹、香、沖ノ島、洲崎北港、法華崎でアオリイカの0・6―1・9`が2―4匹、船形港、館山港、富浦港、北条桟橋で小アジの8―13aが18―48匹(マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

07年7月26日 56,863
立派な八幡神社本殿

山中激歩連載【第22回】

(22)ジェノバから滝へ

ジェノバはちょうど峠に位置し、ここから北へ向かう道は、長い下りである。長狭街道からこの店を目指すときは、長い上りだ。

アスファルトの下り坂を下りる。そのまま道なりに下ると、左への分岐がある。ここを登ると、右手に豚舎があり、さらに登ると何軒かの民家が出る。民家を過ぎて右に折れてさらに下ると、八幡神社となる。

奥の拝殿に飾り窓のような彫り物がある。本殿も大きなつくりで、境内には巨大な杉の木があって、注連縄が巻かれている。その奥には富士講の石碑もある。管理もしっかりされている立派な神社である。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月27日 74,172
瀬高の6尺道

山中激歩連載 【第23回】

(23) 滝から三浦三郎山へ

市井原から瀬高集落へ向かう。東は清澄山、西は鋸山に連なる郡界尾根へ向かう上りである。当然、ルート全体が急勾配の連続となる。郡界は、昔でいえば国境である。古道に峠があって、ここで国への出入りを管理する。そういう場所なのである。

民家を左に見て、小さな流れ沿いに左に折れる。ここからは、ほぼ北に伸びるコンクリート道である。

途中、鋸南町営水道の加圧所がある。これだけの標高差を克服して上水を高みに送る。いくつもの加圧ポンプが必要なのだ。それだけ標高差があるということである。

勾配のきついコンクリ道をじっと耐えながら、登る。汗が噴き出る。昔の人はどんな思いでこの道をたどったのだろうか。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月28日 76,091

挫折の向こうに光がみえる

日本社会では少子高齢化の進行に伴い、定年延長が実施されつつあります。

しかし瞬発力を要するスポーツ界では、選手の現役としての活動期間を制度のうえで延長するわけにはいきません。そんな事情の中、最近のプロ野球界では高齢(ベテラン)選手の活躍が目立ち、大変うれしく思っております。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月30日 46,885
ひっそりと咲くヤブミョウガの花

山中激歩連載【第24回・最終回】

(24)おわりに

房総半島の最南端・白浜城跡から房総の屋根・郡界尾根まで、半島ほぼ中央の尾根筋を北上する旅。さすがに1日では無理なので、のべ6日間かけての山中激歩だった。

房州低名山の連載を終え、房州温名湯の掲載に入ったころ、わが山の師・川崎勝丸さんから「忍足さん、温泉ばっかり浸っていると、ふやけちゃうよ」と連絡があった。その川崎さんの口から「房州を縦断する立派な古道がある」と聞かされたとき、少し心がざわめいた。山は終わって、いまは温泉なのだ。そう思ったが、低名山への思いも、後ろ髪を引かれるように残っていた。

[ .. 全文表示へ ]

07年7月30日 73,472

2007年10月28日は3つ目の講演を終えてから、シロングを出発してシャルマ先生のtea garden(ティーガーデン)へ行くことになりました。

私はてっきり彼の住まいのあるガハティ市内にtea gardenあると思っていましたが、全く別の場所でした。Tea gardenのある場所はJorhat(ジョルハット)という町で、なんとシロングから350`あると聞いてびっくりしました。遠すぎると思いましたが、シャルマ先生は、「全く心配ない、車で行けば6〜8時間で行ける」と言います。車で6時間以上かかるというのは私には信じがたい距離です。しかしインドの人達はあまり遠いとは思わないようです。午後1時にシロングを出発して、彼のtea gardenへ着いたのは午後8時30分でした。典型的な日本人である私の感覚からは非常に新鮮な経験でした。旅行というと新幹線を思いうかべる私も少し考え方を変えないといけないと思いました。

[ .. 全文表示へ ]

07年11月12日 44,105
布良の磯で3.4`のイシダイ=木更津の大石一也さん(太洋釣具)

【鋸南】

大六堤防、鱚ヶ浦でシロギスの12―18aが3―17匹、岩井袋、吉浜埋立地でメジナの20―24a0―2匹(網代釣具店)

【館山】

館山港、自衛隊堤防でソーダガツオの25―40aが8―35匹、平砂浦南房パラダイス下、堂の下海岸でシロギスの15―23aが8―75匹、 平砂浦海岸、船形港、沖ノ島渡り口でマゴチの35―62aが1―3匹、香、沖ノ島、洲崎北港、浜田でアオリイカの0・3―1・9`が1―3匹、船形港、館山港、富浦港、北条桟橋でアジの8―13aが18―65匹(マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

07年8月2日 59,246

最近のマスコミ報道で、読者の皆さまも医師、とりわけ勤務医の勤務状況が苛酷であることを御理解なさっていることと思います。

このような苛酷な状況に耐えきれず、多くの医師が勤務医をやめて個人開業に向かっているということもご存知だと思います。

こういう話を聞くと、勤務医をやめて開業医になれば、仕事も楽で収入も増えるのだろうと思われる方が多いと思います。しかし、実情はかなり異なると申しあげたく思います。

[ .. 全文表示へ ]

07年8月6日 47,478
伊戸で釣れた65aのイシダイ=館山の浅沼光治さん(太洋釣具)

【鋸南】

大六堤防、鱚ヶ浦でシロギスの12―20aが2―18匹、岩井袋、吉浜埋立地でカイズの21―22aが0―3匹、勝山漁港、吉浜埋立地でアジの11―12a2―14匹 (網代釣具店)

【館山】

館山港、自衛隊堤防でソウダガツオの25―40aが8―36匹、南房パラダイス下、堂の下海岸、坂田海岸でシロギスの16―23aが8―55匹、平砂浦海岸、船形港、沖ノ島渡り口でマゴチの28―42aが1―3匹、香、沖ノ島でアオリイカの0・3―1・1`が1―3匹、船形港、館山港、根本海岸、北条桟橋でアジの8―26aが8―45匹 (マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

07年8月16日 55,241
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved