企画・エッセイ » 記事概要一覧

今月11日に開催された世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦で挑戦者の亀田大毅(協栄)が反則行為を繰り返した問題は、ここのところわが国での大きなニュースのひとつとなっています。

私もたまたまテレビをつけたら放映中だったので観ていました。実況中継をするTBSのアナウンサーの言葉を聞いていると今にも亀田がノックアウト勝ちを収めるように聞こえるのですが、どうも内容と一致しません。素人の私には分からないところがあるのだろうと思っていましたが、途中でボクシングなのかプロレスなのか分からない場面が出てきて、これはいくらなんでも亀田の負けにしないと国辱ものだと思えてきました。

[ .. 全文表示へ ]

07年10月22日 10,071
西川名で57aのイシダイ=南房総の鈴木栄一さん

【鋸南】

大六堤防、吉浜埋立地でウルメイワシの12―13a7―25匹、大六海岸、吉浜埋立地でシロギスの12―18aが2―6匹、岩井袋、吉浜埋立地でカイズの18―23a0―4匹、メジナの20―22a0―3匹 (網代釣具店)

【館山】

洲崎神社下、西川名別荘下、根本海岸でメジナの32―37aが4―8匹、館山港、平久里川河口、汐入川河口、西浜でスズキの66―78aが1―5匹、平砂浦海岸、船形港、坊田海岸でヒラメの50―66aが1―3匹、洲崎北港、塩見海岸、坂田海岸、北条新堤防でシロギスの15―23aが7―28匹、館山港、船形港、布良港、富浦新港でクロダイの26―49aが1―5匹(マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

07年10月25日 12,874
いよいよ林道から山道へ

【第26回 三叉分岐点へ】

支尾根誤り40分のロス

林道奥谷線は、ヒメホタルの繁殖地がある関係で、夏季夜間は入口が閉ざされる。丈夫な門扉があって、これで車両の通行を阻止しているのだ。いまはオフシーズンなので、開放されている。

林道沿線にはモミジが植えられていて、赤く色づいている。紅葉を楽しみながら歩くのもまた楽しい。路面がアスファルトなのが玉に瑕だが。

麻綿原出合から、歩くこと10分で県民の森ハイキングの旧「Dコース」入口となる。ルート内は危険箇所もあるため、現在はこのルートはハイキングコースではない。入口には危険、立ち入り禁止などの看板がある。今回はベテランの案内の自己責任で歩いたので、誤解なきよう。非常に危険なので、歩くのは遠慮すべきだ。

[ .. 全文表示へ ]

08年2月4日 50,033

9月25日の本コラム欄で、あらゆる政治家に国家百年の計に立って、「医療崩壊を避けるために、低医療費政策をやめて、福祉目的に消費税も大幅に上げる」「医療崩壊を避けるため、国民の真の幸せのため、医療費を上げる」と勇気を持って宣言してもらいたいと申しあげました。これまで消費税を上げることをほのめかす政治家も小数ながらいましたが、どれももうひとつ歯切れが悪い言い方でした。

[ .. 全文表示へ ]

07年10月30日 10,261

私は大学卒業後、仕事ばかりの生活をしてきましたから、家族といっしょに楽しく遊びに行ったという想い出はほとんどありません。そんな父親を見て育った子ども達は、だれも医師になりたいとは言いませんでした。私自身が、親の仕事(夫婦2人だけでやる田舎の陶磁器卸商)を継ごうとは全く思わないで生きてきましたから、それもいいだろうと思っていました。

[ .. 全文表示へ ]

07年12月10日 13,291

【鋸南】

大六海岸、鱚ヶ浦でシロギスの13―20a2―8匹、大六堤防、吉浜埋立地でカイズの20―24a0―3匹(網代釣具店)

【館山】

洲崎神社下、西川名別荘下、根本海岸でメジナの28―39aが8―15匹、館山港、平久里川河口、汐入川河口、西浜でスズキの63―78aが1―4匹、自衛隊新堤防、沖ノ島渡り口でヒラソウダとワカシの25―40aが4―8匹、洲崎北港、塩見海岸、坂田海岸、北条新堤防でシロギスの15―19aが7―36匹、館山港、船形港、浜田、富浦新港でクロダイの31―47aが1―6匹(マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

07年11月1日 12,353
安房・上総の国境でもある鋸山(大六海岸から)
安房・上総の国境でもある鋸山(大六海岸から)

鋸山 のこぎりやま(鋸南町・富津市)

ランク★★★

長く険しき房州の屋根

低名山には珍しい尾根筋のルート。富津市観光協会が「金谷アルプス」と呼ぶ、房州の屋根・鋸山である。

5時間かかるコース。距離が長く、急登も多いので、中・上級者向けのコースといえる。

[ .. 全文表示へ ]

07年11月1日 79,523

私はこれまでにインドへは何度も来ていますが、これまでは大きな都市ばかりでした。

今回は初めて北東部のMeghalaya(メガラヤ)州の主都・Shillong(シロング)へ来ています。当地で外科学会が開かれ、そこでの講演のためです。

これまでのインドへの訪問とは大きく異なっていることがあります。この北東部インドはバングラデシュ、ブータン、中国、ネパール、ミャンマーなどに接していて、隣国との関係が微妙なところです。この地域に属する7つの州(アッサム、メガラヤなど)はインドではrestricted areaと呼ばれていて、外国人が入るには新たに364米ドルを払わなくてはなりません。カルカッタからアッサム州のガハティ(Guwahati)へ入るときに、まず364米ドルを払うように言われました。最初はどういう意味か分かりませんでした。よく聞いてみると、この地区は外国の領事官などがなくて、外国人にとっては自分を保護してくれる自国の施設がないため、当地の役所に保護を頼まなければならないのです。従って守ってもらうために364米ドルを払え、というわけです。ちなみにrestricted areaを辞書でみると「立入禁止区域」と訳されています。日本の外務省がインド全般は安全としながら、この地域だけに注意を出しているのはこのように事情があるからなのだと理解できました。

[ .. 全文表示へ ]

07年11月5日 10,826
イシダイの大会上位入賞者(太洋釣具)

【鋸南】

大六海岸、吉浜埋立地でカイズの20―24a0―6匹、岩井袋、吉浜埋立地でメジナの20―27aが0―2匹、シロギスは大六海岸、鱚ヶ浦で12―18aが3―8匹(網代釣具店)

【館山】

洲崎神社下、西川名別荘下、根本海岸でメジナの28―39aが5―13匹、浜田、平久里川河口、汐入川河口、船形港、西浜でスズキの63―86aが1―4匹、自衛隊新堤防、沖ノ島渡り口でヒラソウダとワカシの25―40aが2―8匹、平砂浦海岸、塩見海岸、坂田海岸、北条新堤防でシロギスの15―23aが18―88匹、館山港、船形港、浜田、富浦新港でクロダイの31―49aが1―5匹、築港、北条桟橋、船形港でアジの8―13aが18―55匹(マリンスポット釣吉)

[ .. 全文表示へ ]

07年11月15日 12,452

健康保険で医療を受けるのが当たり前のわが国で、「混合診療」に関する問題の報道が最近続けてありましたが、読者の皆さまはどう思われたでしょうか。

「健康保険で治療してきた患者が、保険で認められていない治療を併用するいわゆる混合診療を受けると、それまで保険がきいていた治療まですべて自費で支払わなくてはならない」というのが「混合診療の保険適用を禁止する」わが国の制度なのです。これを不合理であるとして訴訟に持ちこまれたケースについて、東京地裁は「厚生労働省の健康保険法の解釈は誤り」であり、「混合診療の原則禁止は違法」として、「保険適用を認める」初の判断をくだし注目されています。

[ .. 全文表示へ ]

07年11月19日 9,658
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved