企画・エッセイ » 記事概要一覧

新型コロナウイルス感染症がなかなか収束に向かわないために、私が関係するいくつかの医学会がいわゆるウェブ開催へ向かっていることを先日、話しいたしました。

今までの通常の形で開催される学会がリアル(real)学会と呼ばれるようにもなってきました。

私のような頭の古い人間にとっては、「ウェブで開催」と言われても、演題申し込みはどうするのか、発表はどうやってやるのか、発表内容をどうやって登録するのか。などなど、疑問と不安がいっぱいになります。

しかし、とにかくやって覚えるしかなかろうと覚悟を決めました。

直近の学会は、日本腹部救急医学会総会です。

[ .. 全文表示へ ]

9月21日20時00分 84

今では不可欠の社会インフラの一部となったと言えるコンビニエンスストア(コンビニ)での長時間労働が問題となるようになって、少なくとも数年は経過したと思われます。

メディアも注目するようになって、その労働実態が国民に広く知られるようになったため、最近では、労働環境がかなり改善されていたのではないかと私は期待していましたが、まだまだ不十分であることがこのたび公にされました。

[ .. 全文表示へ ]

9月14日20時00分 213

世の中、新型コロナウイルス感染症の蔓延(まんえん)により、人々の生活様式が大きく変わってきました。

私の仕事関係では、医師たちの出席する学会のやり方が大きく変わりました。

3密を避けるために、1か所に多くの医師たちが集まるのを防ぐ必要があることから、今年の学会(学術集会)そのものが中止になった例も少なくありません。しかし、完全に中止にするのは忍びないため、開催するにしても現地に人を集めず、ウェブ上で発表ならびに討論を進めるという形式での開催にこぎ着けた学会も少なからずあります。

[ .. 全文表示へ ]

9月7日20時00分 317

日常生活の中で、車の自動運転が可能となるか否かは、高齢者や体の不自由な方々にとっては大きな関心ごとだと思って、その開発の推移と法の整備を見守ってきましたが、やっと、私にも明るい話だと感じられるニュースがありました。

特定の条件の下、自動運転を認める改正道路交通法などが4月に施行され、5段階に分かれる自動運転のうち「レベル3」が法的に解禁されたというのですから、夢の実現に向かって進んだことを実感します。

[ .. 全文表示へ ]

8月31日20時00分 320

新型コロナウイルスに関する問題なら、日本中、いや、世界中が注目する昨今ですが、その中でも、多くの政治家の発言には、全国民が強い関心を持って耳を傾けます。

政府の方針がふらついているように見える中で、若手政治家の筆頭の一人でもある、吉村洋文大阪知事の発言、行動は実に小気味よいものとして、日本国民から評価されていると私は思っていました。

[ .. 全文表示へ ]

8月24日20時00分 407

最近では、腹腔(ふくくう)鏡や胸腔(きょうこう)鏡を使った内視鏡手術の一部が、ロボットを使って行われているというニュースを耳にされている方が少なくないと思います。正確にいうと、「手術支援ロボット」を使って手術がなされているということです。

しかし、このロボットはこれまで米国製で、Intuitiveという会社がつくっている商品名「ダヴィンチ」が市場を独占していました。

[ .. 全文表示へ ]

8月17日20時00分 470

つい数週間前は、新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)は、3密を避けられない新宿あたりの問題だと考えていた傾向があったと認めざるを得ないのですが、その後、感染が全国に拡大しています。専門家による政府の分科会は「多くの自治体で患者が増え、医療提供体制への負荷が蓄積している」と警鐘を鳴らすほどになりました。

感染者の増加は東京や大阪にとどまらず、福岡、愛知、沖縄などにも波及しました。さらに、新規感染者の半数以上は感染経路が不明といわれるまでになり、また、経路が判明した中では家庭内や宴会など会食の場、職場内での感染が増えていることが分かってきました。

[ .. 全文表示へ ]

8月10日20時00分 552

医師2人が、SNSで知り合った難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性の依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして逮捕された事件は、新聞紙上のみならず、インターネット上でも多くの情報が発信され、大きな反響や議論を巻き起こしています。

これまでもがんの末期をはじめ、終末期の患者のケアについては、安楽死や尊厳死の問題ともからめて、長い間議論されてきました。しかし、あまりにも大きく、難しい課題であるため、まだ解決にはほど遠いままで今日まできてしまったと私は感じています。

[ .. 全文表示へ ]

8月3日20時00分 547

今年は、新型コロナウイルス感染のまん延が制御できていないままの状態で、間もなく梅雨明けの時期を迎えます。

いつまでも雨が降り続くうっとうしい状態から解放されて、ホッとしたと思ったら、すぐに猛暑がやって来て、熱中症の話題でメディアの報道もかなりのスペースを使うようになるのが例年のパターンですが、今年は、コロナ禍の報道と熱中症による悲惨な報道とが重なる年になりそうです。

[ .. 全文表示へ ]

7月27日20時00分 585

新型コロナウイルスのまん延は、いったいどうなったら、収束するのか、いつまで待ったら希望の光が見えてくるのか。果たして人類はこの闘いに勝てるのか、救われうるのか。最近では、本当に心細くなってきました。

ここまで闘いが長くなると、医療機関もコロナ専門のものをつくる必要があるという意見が当然出てきます。

[ .. 全文表示へ ]

7月20日20時00分 600

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved