企画・エッセイ » 記事詳細

人の性格を表して、「あなたはA型ですね」などと言われたことはありませんか。血液型のことかと思ったらそうではないことがあります。

私は5年前に心筋梗塞で倒れましたが、その際によく「やはりA型ですね」と言われました。

実はこの言葉は1959年に、アメリカの心臓専門医であるフリードマンとローゼンマンが虚血性心疾患に陥りやすい行動パターン「A型行動」を発見しことに始まっています。Aというのはaggressive(攻撃的、積極的)から来たものです。これに対して、のんびりマイペース行動パターンをとる人をB型行動といいます。もちろん血液型とは、全く関係がありません。

A型行動パターンは、仕事中も余暇の時も競争心が強く、いつも時間に追われている感じがあり、絶えず物事を達成したいという意欲を持っているような人によく見られると言われています。

具体的な行動特性としては、以下のような項目が挙げられています。

▽言葉が早口で、語気も荒く、家族や部下にも当たり散らすことが多い。

▽食事のスピードが早く、食後ものんびりすることが少ない。

▽相手の話し方が遅いときや、前を走る車が遅いときなどイライラしやすい。

▽同時にふたつ以上のことを並行してやることが多い。

▽時間に追われている感じが強い。

▽自分や他人の行動力を「質」より「量」で評価することが多い。

▽貧乏ゆすりなどの落ち着かない癖がある

▽朝早くから夜遅くまで、または休日でも仕事をすることが多い。

▽責任感が強いと他人からよく言われる。

なるほどと思いあたることが多い方もおいでになるでしょう。私も、その1人だと認めざるをえません。

2008年5月28日の日経Medical Onlineの記事(保坂隆著)を見ますと、「このA型行動パターンは、あくまでも「行動パターン」であるため、社会環境、文化、国民性などによって修飾される可能性が大きく、そうした視点に立った比較文化的研究も行われている」と指摘しています。

それによりますと、米国人を対象としたA型行動パターンの因子分析では、

@攻撃性・競争心が強い

A仕事熱心

B短気

が主要三因子として抽出されるのに対して、ハワイ在住の日系人では、米国人の@とBが一因子に集約された上で、「勤勉さ」が加わり、

@攻撃性・短気

A仕事熱心

B勤勉さ

となります。これが日本人では、さらにAとBが集約されて、「仕事中心」が加わります。

@攻撃性・短気

A勤勉さ

B仕事中心

となると指摘しています。

まさに自分のことを言われているように感じます。

保坂氏は、同じA型行動パターンで、このような違いが生じるのは、米国人は個人主義に裏付けられた業績達成志向が強いのに対し、日本人は、個人の業績達成よりも「会社のために」一生懸命仕事をすることをアイデンティティとしていた社員が多かったためだろうと考えられる(日系ハワイ人はその中間)と述べています。

このA型行動パターンは、元々は虚血性心疾患になりやすい人の行動パターンとして抽出されたのですが、その後、「A型行動パターンの日本人は、うつ病にもなりやすい傾向がある」とする研究結果も報告されているそうです。しかし、この傾向は日本人だけで、個人の業績達成が中心となる米国人のA型行動パターンでは、うつ病との関連性は認められてないといいますから、興味深いところです。

この研究に関して保坂氏は、「これは1980年代の研究であり、日本でも2000年ごろから成果主義が導入されて、会社のために滅私奉公する人は減少している。現在では、日本のA型行動パターンも米国に近づいて、うつ病との相関性が薄くなっているかもしれない。いずれにせよ、昔≠フ日本人のように滅私奉公で仕事をするA型行動パターンの人は、うつ病に陥りやすいということになる。自分が、このタイプに該当しそうなら、積極的に気分をリフレッシュし、仕事中心の生活から抜け出すことを心がけるようにした方がよいだろう。」とコメントしています。

私などは、未だに「滅私奉公」を美徳としていますから、心筋梗塞になり、さらにうつ病になりやすいタイプということです。そのうち、うつ病も併発して皆様に御迷惑をお掛けするのではないかと心配です。

08年6月23日 15,459
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved