企画・エッセイ » 記事詳細

最近のマスコミ報道で、読者の皆さまも医師、とりわけ勤務医の勤務状況が苛酷であることを御理解なさっていることと思います。

このような苛酷な状況に耐えきれず、多くの医師が勤務医をやめて個人開業に向かっているということもご存知だと思います。

こういう話を聞くと、勤務医をやめて開業医になれば、仕事も楽で収入も増えるのだろうと思われる方が多いと思います。しかし、実情はかなり異なると申しあげたく思います。

私の知っている人で、最近開業した人は皆、大変苦しんでいます。開業して数か月経つのに来院患者数が伸びないことが多いのです。新規開業では、食べていける程度に日々の収入があるからよいというわけにはいかないのです。開業時の設備投資が大きな負担になっていますし、看護師はじめ医院の職員の確保、管理にも多大なエネルギーを使います。とくに看護師の確保は大変なことのようです。勤務医時代は、仕事が長時間で責任も重く、大変辛い思いをして、燃えつきてしまった結果、開業への道を選んだ人が多いのですが、一旦、開業すると、管理上、経営上の問題が大きくのしかかってきます。

勤務医時代は、四六時中、患者さんの病状のことばかり考えて生きてきたので、多くの医師は経営のノウハウを十分に持っていません。それが一旦開業すると、途端に経営のトップ責任者になるのですから、かなり無理があります。オーナーですから失敗すればすべての責任を被ることになります。一方で、診療面でも患者さんに対して勤務医時代以上に大きな責任を負うことになると言ってよいでしょう。勤務時代はチームで医療を行うことができていたのですが、開業するとすべて1人でやることになります。これは大変なことです。

私がもし病院勤務医をやめて1人で診療をする道に入るとしたら、どうするだろうかと時に考えます。

以上に述べたように開業医の厳しい状況は容易に想像できますから、私だったら個人開業はしません。それよりも村営診療所のようなところに勤めます。私は医師として診療をすることが使命と思い、それを歓びとしていますから、職員の手配などの仕事は役所にお願いし、村の職員として診療所に勤めている人達と協力して、医師としての仕事を続けさせて頂くでしょう。今どき「無医村」などはないかもしれませんが、日本のどこかに私を必要として下さるところを捜すでしょう。

* * *

加納宣康 昭和24年8月4日岐阜県生まれ。現在、亀田総合病院特命院長補佐、主任外科部長、内視鏡下手術センター長、マハトマ・ガンジー・メモリアル医科大学名誉客員教授、帝京大学医学部外科学客員教授

(この原稿は加納医師が、本紙読者のためにボランティアで執筆しています)

07年8月6日 48,642
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved