企画・エッセイ » 記事詳細
小さいながらも美しいの御嶽神社の不動滝

[第14回] 御嶽神社の不動滝(館山市伊戸)

神社下に落ちる糸滝

伊戸の滝の東側、距離にして500bほど隣の山肌を落ちる滝である。洲崎方面からY字状の旧道を坂足方面に進むと、北側に歩行者が歩ける程度のコンクリート道がある。竹やぶがあって分かりずらいが、このコンクリート参道を進むと、正面に鳥居が出て、奥に御嶽神社が鎮座する。この滝は神社の左手裏側にあって、糸滝となって落下している。

神社周辺にクルマは置けないので、遠くても安全な場所に置くといいだろう。参道を歩くと、右手に水田があり、鳥居前を左に入る草の道がある。やぶが深いので注意して進むと、すぐに正面に小さいながらも、美しい糸滝が出る。

高さは10bほどか。滝はいったん垂直に落下し、中ほどで斜めになった岩肌に沿って左に流れる。そのまま瀑布を広げて美しく滝つぼへ入る。滝つぼの上は半円状の岩になっていて、滝は小さく「くの字」に曲がる。

滝つぼは円形で、どこか池を思わせる姿である。滝のすぐ右上は、御嶽神社の境内。滝側には小さな石宮が安置されている。不動明王であろうか。美しい滝の姿、円形の滝つぼから連想するに、修験道の修行の場であったのかもしれぬ。

ひっそりとたたずむ御嶽神社

伊戸の滝、この不動滝も含め、これから紹介する白浜から千倉にかけての滝は、いずれも海に迫った山肌を急激に落下する滝だ。海食崖の上を水が落下する。山が海に迫った地形の多い平砂浦―千倉間には、こうした姿の滝が多い。上流に堰があって、普段は水量が少ないことも共通している。

こうした滝は、日常的には枯れている場合が多い。国土地理院の滝の定義には反するが、房州寂名瀑としては寛容の精神でとらえたい。寂名瀑は、雨上がりに観賞するのが一番である。

【写真説明】小さいながらも美しいの御嶽神社の不動滝=館山市伊戸

【写真説明】ひっそりとたたずむ御嶽神社=同

09年10月10日 8,246
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved