企画・エッセイ » 記事詳細
立派な社殿の天満神社=南房総市市部

[第6回]飯之坂から

市部瀬踏切を越えた先が、このルートで唯一の未舗装峠となる。民家を左に見て、峠道に分け入る。草が茂るが危険なことはない。峠といっても大げさなアップダウンではなく、すぐに下り坂になる。ここが鋸南・南房総の市町境で、飯之坂という。南側に県道が開通した後は、この道を歩く人は少ない。ようやく鋸南町エリアとお別れし、これからは南房総市である。

検儀谷地先の県道鴨川富山線(通称・二部街道)を歩く。左に富山の西尾根が続き、その麓に道の駅富楽里とみやまがある。ここでトイレ休憩。女性陣も安心しての小用である。

昼近いので昼食かと思いきや、「まだ先へ行こう」と川崎隊長。

天に向って伸びる大蘇鉄=同市竹内

富楽里の先で岩井川を橋で越え、そのまま農地の中を歩くと、緑青色の屋根が出る。市部の天満神社である。菅原道真を祭った学問の神で、境内には樹皮がはがれ落ちるナギノキがある。漁師が凪(なぎ)を祈念する木。神の領域は奥が深い。

神社を出て市部の住宅地を歩く。岩井小学校を左に見て、県道富山丸山線を横切る。そのまま進むと、左手民家の庭に大きなソテツがある。これが県指定天然記念物の「岩井の大蘇鉄」だ。四方八方に枝が伸び、それぞれが天を突かんとばかりに、上へ伸びる。このソテツは頼朝伝説に結びつく。治承4年に頼朝から賞詞を受けたというから、歴史も深い。県内では最大のソテツという。

人家を抜け、道はやや下りになる。この先の橋が「頼朝橋」。房州では唯一の英雄の名を冠した人工物である。

この川が岩井川支流の大川で、ここを越えると、いよいよ富山・富浦境の木ノ根峠である。

(つづく)

【写真説明】立派な社殿の天満神社=南房総市市部

【写真説明】天に向って伸びる大蘇鉄=同市竹内

09年10月5日 23,219
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved