企画・エッセイ » 記事詳細
金谷川の沢沿いの緑の中を歩く

B安兵衛井戸コース

鋸山は観光地のイメージも強く、登山ルートもある意味、観光地化している。いくつかあるうち、もっとも自然に近く山そのものを楽しめるのが、この安兵衛井戸コースである。金谷川沿いの沢を歩くことから、沢コースとも呼ばれ、近年、ハイカーに人気である。ワイルドだぜぃ。

富津市側から見ると、この鋸歯の山に登るには西から観月台、車力道コースが刻まれ、安兵衛井戸コースはその東側にある。他の2コースよりも長く、岩を登るような場所もあるから、ベテラン向けである。

金谷の市街地を抜け、関東ふれあいの道の標識に従って山へ進むと、JR内房線のガードをくぐる。右に折れれば、観月台、車力道コースだが、安兵衛井戸コースはここを直進する。いくつか標識があるのでこれに従う。

アスファルトの上りになるが、すぐにフラットな林道となり、右に水田が見える。入り口から5分で富津館山道路のガード下になる。このルートは金谷川に沿って進むため、夏場でもせせらぎを聞いて歩けば涼しくなるルートである。

10分で最後の家が右に出る。この先はクルマも通れない細い道なので、ここからはハイカー専用ルートである。落ち葉の積もる快適な道で、ずっと右側に沢を見て歩く。川底と道は高低差があるが、やがて道が川底に近づき、そしてずっと離れていく。初めての人は不安になるが、沢に沿っていれば正しいので、大丈夫だ。

1時間ほどで手掘りのトンネルが出る。途中で右にカーブしているので、坑内は暗い。足元も悪いので気をつけて。

トンネルを過ぎるといったん下りになり、その先に沢が出る。これは金谷川とは別の川で、このトンネルが分水嶺になっているのである。この沢の源流が安兵衛井戸。金谷の町に住む親孝行の安兵衛は海沿いの井戸が塩っぽいため、毎日2時間かけてこの沢に通い、病気の母親に飲ませたという。これが安兵衛井戸の由来で、コースの名もこの井戸から来ているのである。

杉林を越えるとロープのある岩場に

井戸を過ぎると、いよいよ山道で、杉林の中を歩く。いくつか屈曲を過ぎると、いったん細尾根の道になる。夏場は暑いので何度か休憩をはさもう。尾根で休めば、谷から上がる風が心地よい。

再び沢を越え、杉林になると、いよいよロープのある岩場。ここがこのコースの最大の難所で、三点支持を守って慎重に登ろう。ゆっくり安全を確認しながら。

ロープの難所を過ぎた後に、現れるのが最後の胸突き八丁。丸太を横に渡した非常に滑りやすい場所で、ここも慎重に歩いてほしい。雨上がりは特に滑りやすいから、手がかりをしっかりして上を目指す。

やがて空が開ける。このこんもりした平場が、東の肩である。安兵衛井戸コースはJR下から、この東の肩までを指す。東の肩は富津・鋸南の市町境で、郡界尾根でもある。ここから先は関東ふれあいの道。そのふれあいの道は次の回に詳しく書く。

富津側から登って富津側に降りるルートの組み合わせはいくつかあるが、安兵衛井戸コースを登って車力道に下りるコースが、一番安全で楽しいだろう。

安兵衛井戸コースを下りるには危険が伴う。安全のためには安兵衛井戸―車力道を推奨する。

※山中にはマムシやスズメバチなど、生命にかかわる生物がいます。十分気をつけてください。

【写真説明】金谷川の沢沿いの緑の中を歩く

【写真説明】杉林を越えるとロープのある岩場に

12年7月28日 15,111
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved