企画・エッセイ » 記事詳細

内戦下のシリアで拘束されていたジャーナリスト安田純平さん(44)が約3年4か月ぶりに解放され、帰国されました。

安田さんの渡航に関してはいろいろな意見が出されていますが、まずはご無事に帰国されたことを喜びたいと思います。これまで安田さんとみられる男性の映像が複数回ネット上で公開され、中には「助けて」などと書かれた紙を示す画像もあっただけに、無事の生還を心から喜びたいです。

安田さんは帰国する機内で「暴力を受けた。地獄だった」と過酷な拘束状況を語ったと報じられています。長期間にわたる監禁でしたから、まずは心身の健康回復を最優先してほしいと思います。

沖縄タイムスなどの報道をみますと、安田さんは2015年6月、内戦取材のためトルコ南部からシリアに徒歩で渡った後、消息を絶っていたようです。国際テロ組織アルカイダ系の過激派が身代金目的で拘束したとみられています。

シリア内戦では死者が40万人以上、難民も560万人以上に上るとされていますが、安田さんは、政府軍の爆撃で市民が犠牲になったり、女性や赤ちゃんが臨時の病院に運び込まれたりする現場をビデオ取材し、報道してこられました。

シリア内戦に関する報道では、アサド政権に批判的な欧米メディア、政権を支える国営メディアなど立場によって報道の違いが著しいことが指摘されています。

安田さんが戦場取材を続けるのは「政府の管理下ではない取材でしか手に入らない情報がある」からであると沖縄タイムスは報じています。的を射た指摘であると思います。「再発防止のためには今回の事件を検証し、教訓を共有することが不可欠だ」という意見にも同意します。

これまでの報道およびネット情報の中で、懸念するのは、ネット上で安田さんに対し、「自己責任」や「反日」などの言葉が浴びせられていることです。

2004年に、人道支援ボランティアとしてイラクに入った日本人の男女3人が武装勢力に拉致された事件では、彼らは解放され、帰国後に激しいバッシングにさらされました。女性が「またイラクで活動したい」と言ったと伝えられたことに対し、小泉純一郎首相は「もっと自覚をもってほしい」と批判したことが思い出されます。

これと対照的だったのがパウエル米国務長官で、「日本国民はリスクを背負って行動した彼らを誇りに思うべきだ」と語ったと言われています。戦場における人道支援に敬意を払ったものと考えられます。

日本では国の「退避勧告」に従わず、イラク入りしたことは許せないとの空気を首相らが醸成していましたが、今ではこのような意見がネット上にあふれています。

小泉さんとパウエルさんを比べて、どちらが正しいかは誰にもわからないと思いますが、少なくとも安田さんを一方的に責めることは私にはできません。

沖縄タイムスの記事を引用します。

シリア内戦について安田さんは「内戦を見放してきたことが一番の原因」と報道の重要性を強調していた。戦場を実際に見て歩き、報道することは現地で何が起きているのかを日本を含む世界に知らせることだ。市民の惨状を知らせることは国際社会を動かすことにつながる。安田さんは「可能な限り、何があったのか説明したい」と語っている。シリア内戦の真実を聞きたい。安田さんらジャーナリストが果たしてきた戦場報道の役割についても改めて考えるきっかけにしたい。

沖縄タイムスは全国展開している大新聞ではありませんが、優れた仕事をしておられると敬意を表したいです。私はネットで時々、同社の社説を無料で読んで、大新聞のそれと比べています。軟弱な私は大新聞崇拝傾向が強いのですが、地方新聞の意見に、時々頭を叩かれています。

* * *

加納宣康 昭和24年8月4日、岐阜県生まれ。千葉徳洲会病院長

(この原稿は加納医師が、本紙読者のためにボランティアで執筆しています)

11月12日20時00分 604
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved