ニュース » 新着記事一覧
金井会長(右)と握手を交わす亀田市長=鴨川

ブランド力で地域活性へ

鴨川市はこのほど、「無印良品」ブランドで世界規模の事業を展開する株式会社良品計画と、地域活性化に関する協定を結んだ。すでに同社が市内で実施している事業や、「みんなみの里」の機能拡充事業などで連携していく。同社が県内の自治体とこのような協定を結ぶのは初めて。

良品計画は、平成26年から同市の中山間地である大山地区の釜沼集落で、地元のNPOや地域住民と協働し、耕作放棄地の解消、棚田や里山を保全する活動「鴨川里山トラスト」に取り組んでいる。

[ .. 全文表示へ ]

4月29日20時00分 274
イベントのチラシ

5月4日 館山

館山市の城山公園で、5月4日午後1時半から「城山ジャズフェスティバル2017」(南房総ライオンズクラブ主催)が開かれる。観光名所で市民の憩いの場となっている同公園芝生広場の特設ステージで3組が演奏する。雨天時は館山小学校体育館。入場無料。

南房総地域の住民や観光に訪れた人たちに楽しんでもらおうと企画されたゴールデンウイーク恒例の音楽イベント。同市のふるさと大使でフルート奏者の深津純子さんがプロデュースしている。

[ .. 全文表示へ ]

4月29日20時00分 274
地域行事について話し合った実行委=安房合同庁舎で

郡市野球は7月30日開幕

新たに鋸南・キス釣りに共催

県民の日安房地域実行委員会が27日あり、今年度の行事内容が決まった。主催事業の安房郡市社会人野球は7月30日に開幕する。今年度は新たに鋸南町のキス釣り大会が共催事業に加わった。

「県民の日」(6月15日)にちなみ、千葉を愛する心を育もうと、県内各地域ごとに多彩な行事を計画している。

安房は、県安房地域振興事務所、4市町、館山商工会議所、JA安房、南房総観光連盟で実行委を組織しており、今年度の行事を決めた。

[ .. 全文表示へ ]

4月28日20時00分 580
県南初の「こども発達支援センター鴨川そらいろ」=鴨川

安房地域では初めてとなる障害児の療育を専門的に扱う支援施設が5月1日、鴨川市八色に開設される。子育て支援に力を注ぐ鴨川市が、機能移転した子育て総合支援センター跡に民間事業者を誘致した。同市では「障害児とその保護者のさらなる支援の充実を目指す」としている。

児童発達支援センターに近い機能で、障害を持つ子どもがライフステージを通じて一貫した切れ目のない支援を受けることが可能な体制づくりの一環。同センターの設置は、県内で26施設にとどまっているが、同市では「安心した子育て環境づくりに必要」と設置に動いた。

[ .. 全文表示へ ]

4月27日20時00分 876
作品を前にする四辻さん=ギャラリーsfk

ギャラリーsfkで5月22日まで

自然や動物、植物などから神の姿を借りたという、アイヌ文様を刺繍(ししゅう)で表現する作家、四辻藍美さん(71)=南房総市高崎在住=の個展「一本の縄から始まる」が27日から、南房総市下滝田のギャラリーsfkで始まった。刺し子やタペストリーなど、おおらかで繊細で力強い大小の作品60点ほどが展示されている。額装の小物は販売もしている。5月22日まで。

四辻さんは北海道小樽市生まれ。東京・国立市で育った。父親はアイヌ絵本の作家、四辻一朗さん。その父親が亡くなった際、アイヌ刺繍を持ち込んだ父の友人がいて、そのタペストリーを父の棺(ひつぎ)に掛けた。アイヌ文様の美しさにひとめぼれした。

[ .. 全文表示へ ]

4月27日20時00分 844
ポートシスターズに委嘱された(右から)江川舞・莉奈姉妹

「全国に魅力伝えたい」

館山市は25日、新たな「たてやま・ポートシスターズ」として、同市浜田の江川舞さん(25)、莉奈さん(19)姉妹を委嘱した。26日に訪れた「にっぽん丸」の歓迎行事でデビューした。

館山夕日桟橋を訪れる客船乗降客の歓迎や市の観光プロモーション活動、観光イベントなどで活躍する。平成20年に初代が委嘱されており、2人は3代目となる。

[ .. 全文表示へ ]

4月26日20時00分 1,430
年間130万件の閲覧を数えるホームページ=鴨川

鴨川市は、ホームページのトップページで有料広告を募集している。これまでも広告枠は設けていたが、営業活動には消極的で昨年の広告はゼロ。今後は年間130万件を数えるアクセス数をセールスポイントに市内外に呼び掛け、自主財源の確保につなげたい考え。

同市のホームページは平成26年11月に現在の形にリニューアル、閲覧数も増加したという。先ごろまとめた解析結果によると、昨年度は130万4846件、月平均で10万8737件を数えている。

[ .. 全文表示へ ]

4月26日20時00分 1,179
3年連続「ハウス・オブ・ザ・イヤー」を受賞した長谷川代表(左)親子

優秀企業賞とのダブル受賞

省エネ性能に優れた住宅を表彰する、一般財団法人日本地域開発センターの「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」で、注文住宅設計・施工の仁・幸夢店(本社・南房総市富浦町、長谷川仁代表取締役)が手掛ける省エネ住宅「ドクターズホーム」が、優秀賞を受賞した。多様な省エネ手法による優れた断熱効果などが評価されたもので、3年連続での受賞を達成。優秀賞以上を3年続けた企業に贈られる優秀企業賞とのダブル受賞となった。

[ .. 全文表示へ ]

4月25日20時00分 1,553
安全運転を呼び掛ける一日署長の市川さん=南房総

丹精のベゴニア200鉢

館山署(高橋信一署長)と安房拓心高校(松本良二校長)が協働した交通安全キャンペーンが24日、南房総市にある同校近くの国道128号で行われた。園芸系列3年で学友会(生徒会)会長の市川梨紅さんを一日署長に委嘱。生徒らが同署員、地域で交通安全活動をする団体のメンバーらと共に、丹精した花を配り、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。

[ .. 全文表示へ ]

4月25日20時00分 1,469
元気倶楽部で行われた公開プレゼン=南房総

採択へプラン発表

南房総市は22日、とみうら元気倶楽部さざなみホールで「市民提案型まちづくりチャレンジ事業」の公開プレゼンテーションを開いた。チャレンジコースに申請した9つの団体が、事業採択に向けて活動プランを発表した。

市民と行政によるまちづくりを進めている同市。同事業は、NPOやボランティアなど、自主的・主体的に活動している市民団体から提案事業を募り、優秀な提案事業を行う団体に対しサポートするもの。

[ .. 全文表示へ ]

4月24日20時00分 1,911
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved