ニュース » 新着記事一覧
御庄地区の建設候補地=南房総

22年度の竣工へ選定

南房総市は、し尿処理施設の建設候補地を同市三芳地区の御庄区内の農地に選定した。候補地への施設建設を前提に御庄区と協議を進めるための基本協定も締結。市では、今年度から各種調査設計業務に着手し、2022年度の竣工を目指していく。

市内のし尿と浄化槽汚泥は、現在、市が運営する千倉衛生センター(千倉町瀬戸)と鋸南地区環境衛生組合が運営する堤ヶ谷クリーンセンター(鋸南町下佐久間)で処理しているが、それぞれ建設から30年前後が経過し、更新整備が必要となっている。

[ .. 全文表示へ ]

2月24日20時00分 128
完成した濁酒を手に川名さん=南房総市平久里中

南房総 和光食堂の川名光男さん

ボランティア10人と醸造

南房総市が平成24年10月に取得した、酒税法特例による「構造改革特区」。濁酒(どぶろく)製造が認められていたが、市内にはこれまで名乗り出る事業者がいなかった。同市平群地区の飲食店経営の男性が手を挙げ、困難な過程を乗り越え、コメづくりから醸造までを手掛けた。オール富山の応援団も結成、23日夜に会費制の初飲会があった。房州低名山・伊予ヶ岳の麓で、お祝いの宴(うたげ)が開かれた。地元紙記者として同席、関係者の思いが込められた辛口の酒を味わった。(忍足利彦)

[ .. 全文表示へ ]

2月24日20時00分 140

役目終え3月4日に解散式

市内のママさんバレーボールチームで構成する館山市婦人スポーツクラブが、チーム数の減少や時代の流れの中で48年間にわたる歴史の幕を閉じることになった。バレーボールを核とした文字どおり婦人スポーツの輪を広げ、市民の健康・体力の向上に尽力。女性の視点から地域の奉仕活動にも力を注ぐ活動は、地域の活性化にも大きく貢献した。3月4日には、会員はじめ市内の関係者らを招いて解散式が開かれる。

昭和44年7月、館山市布沼に市内では第1号となるママさんバレーボールチームが誕生。婦人会から発展してチームづくりが行われ、農村地域を中心に市内でも次々にチームが生まれ、これに並行する形で連合組織でもある同クラブが発足。1年後には30を超えるチームが結成されるまでになっていった。

[ .. 全文表示へ ]

2月23日20時00分 248
ぬいぐるみを寝かしつける子どもたち=鴨川

夜の図書館を大冒険

お気に入りのぬいぐるみを図書館に泊まらせて、夜の館内を冒険する様子をアルバムにしたプレゼントと一緒に、ぬいぐるみが選んだ絵本を貸し出すという子ども向けのイベント「ぬいぐるみのおとまり会」がこのほど、鴨川市立図書館で行われた。

幼少期から図書館や本に対する親しみを持ってもらおうというユニークな取り組み。アメリカで始まったとされ、国内でも実施する図書館が増えているといわれるが、安房では鴨川が初めて。

[ .. 全文表示へ ]

2月23日20時00分 151
祭りばやしを体験する留学生=横浜の神奈川大

神奈川大で外国人と交流

安房の祭りばやしを演奏している「房州彩響会」(青木芳和会長)がこのほど、神奈川大学(横浜市)で外国人留学生30人に祭りばやしを披露、太鼓のたたき方や笛の吹き方も指導した。

日本の伝統文化のひとつである祭りばやしを、留学生たちに紹介しようと公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団が企画。

イベントで講師を務めた国立音楽大学の川崎瑞穂音楽博士が、房州の平群ばやしに魅せられ、たびたび南房総を訪れて研究。祭礼やイベントなどで演奏をしている同会に、指導者として白羽の矢が立った。

[ .. 全文表示へ ]

2月22日20時00分 296
選手宣誓する鈴木正一選手=鋸南

40チームがエントリー

房総半島南部を横断する県道鴨川保田線(通称・長狭街道)で健脚を競う、第40回長狭街道駅伝競走大会(鴨川市、鋸南町、両教委主催)が25日に、鋸南町の保健福祉総合センター「すこやか」をスタート、鴨川市陸上競技場をゴールの6区間25・8`で開かれる。40チームがエントリーしている。号砲は午前10時。

半島南部での伝統の駅伝。鴨川と鋸南を交互にスタートしており、今年は鋸南スタート、鴨川ゴール。当日は午前6時半に態度決定。受け付けは7時20分から。小雨決行。

[ .. 全文表示へ ]

2月22日20時00分 285
死亡後に船上に引き揚げられたメガマウス=シーワールド提供

専門家招き生態解明へ

鴨川市の鴨川シーワールドは24日、館山沖の定位置網で昨年捕獲され死んだ世界的に珍しいサメ、メガマウスを解剖する。生態解明に貢献したい考えで、サメの生態に詳しい北海道大学の仲谷一宏名誉教授を招く。

シーワールドによると、このメガマウスは昨年5月22日、館山市洲崎の沖合にある定置網で捕獲された。体長約5・5bの雌で、当初は生きた状態だったが翌朝に死亡。シーワールドが引き取り冷凍保存していた。

[ .. 全文表示へ ]

2月21日20時00分 331
中央に設置された花のオブジェ=JA東京アグリパーク

南房総市は、地元産品を広くPRしようと、東京・新宿にあるJA東京アグリパークで、「料理の神様の棲(す)む街 南房総フェア」を開催している。さまざまな特産品を販売しているほか、サクラを中心に色とりどりの花を使ったオブジェも展示している。25日まで。

イベントは、南房総産品を多くの人に知ってもらおうと、国の地方創生推進交付金を活用して実施。

アグリパークは、食と農に関わる取り組みを発信し、農業振興を図ろうと昨年4月にJA東京中央会の運営で開設された施設。新宿駅や高速バスターミナルのバスタ新宿にも近く、乗降客をはじめ多くの人が集まりやすいことから会場に選んだ。

[ .. 全文表示へ ]

2月21日20時00分 328
美容室を開業した多田さん夫妻

協調融資の適用第1号

日本政策金融公庫(日本公庫)館山支店と館山信用金庫は、昨年12月に創設した創業支援の協調ローン「めばえ」を活用し、館山市内に美容院を開業した夫婦に、第1号となる融資を実施した。

互いの創業者向け金融商品を組み合わせた新商品で、事業計画づくりの支援に強みがあり、行政の営業許認可前に融資を受けることができる公庫の利点、開業後の経営支援が手厚い信金の良さなど双方の強みを生かした支援が受けられるのが特長。

[ .. 全文表示へ ]

2月20日20時00分 554
観光スポットの洗い出しをする参加者たち=南房総市役所

外国人誘客にプロジェクト始動

南房総市は、市内へのインバウンド誘客に向け、多言語対応の観光ウェブサイトの作成プロジェクトをスタートさせた。1回目のワークショップでは、外国人留学生や在日外国人らを迎え、コンセプトや紹介スポットなどについてのアイデアを聞いた。

市内にはこれまで、外国語に対応した外国人向けの観光サイトが無かったことから、新規に制作することで外国人観光客の誘客を図ろうという。

[ .. 全文表示へ ]

2月20日20時00分 240
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved