ニュース » 新着記事一覧
生徒にインタビューをする小宮社長=安房拓心高校で

「自分を信じて運命に任せて」

安房拓心高校(松本良二校長)で7日、社会で活躍する卒業生から話を聞く「卒業生講座」が行われた。1年生160人が、日東交通株式会社(木更津市)の小宮一則代表取締役社長から職業に関する考えなどを聞き、今後の進路選択の参考とした。

キャリア教育の一環。学習意欲の重要性や働くことの喜び、やる気、コミュニケーション能力など、進路決定に向けた基本的な能力や態度を育むことを目的に地域で活躍している卒業生に講話してもらっている。年に3回行われ、今年度の2回目。

[ .. 全文表示へ ]

12月11日20時00分 30
講師の話に聞き入る参加者ら=館山市内で

10年後見据えた経営学ぶ

館山市の「渚の駅たてやま」でこのほど、「事業承継セミナー」があり、市内の中小企業者ら26人が参加。国内の中小企業の現状を把握し、10年先を見据えた経営方法について学んだ。

事業承継の早期着手を促し、休・廃業率の改善をすることを目的に、県産業振興センターが主催、館山市、館山信用金庫が共催した。

[ .. 全文表示へ ]

12月11日20時00分 22
三幣教育長が登壇したパネルディスカッション=つくば市

渡邉参事も事例発表

文部科学省などが主催する「平成29年度市町村教育委員会研究協議会第1ブロック」がこのほど、茨城県つくば市にあるつくば国際会議場で開かれ、南房総市の三幣貞夫教育長がパネリストとして、渡邉均参事が事例発表者として参加。市の教育施策をPRした。

各教委で行われている取り組みについての意見・情報の交換やあり方を研究協議することで、より積極的な地方教育行政を推進しようと続けられている協議会。

東日本エリアの24都道県の市町村教育委員会の委員長、委員、教育長、事務局職員が対象で、約500人が参加した。

[ .. 全文表示へ ]

12月9日20時00分 187
地震の仕組みついて講義を受ける参加者ら=館山コミセンで

各町内会での活躍を期待

館山市が認定する「地域防災リーダー」の認定講習として、防災士養成講座がこのほど、市コミュニティセンターで2日間にわたってあり、新たに48人がリーダーに認定された。

市は防災士養成研修を受けた人を「地域防災リーダー」として認定し、各町内会、自主防災組織で活躍してもらおうと、昨年度から取り組んでおり、今回でリーダーは98人となった。

[ .. 全文表示へ ]

12月9日20時00分 238
支援物資を手渡す辻本委員長=鴨川

鴨シー・群馬サファリ間を2機飛行

日本動物園水族館協会(JAZA)と赤十字飛行隊群馬支隊による災害救護・支援訓練で7日、鴨川シーワールドと群馬サファリパーク間を2機のヘリコプターが飛行した。シーワールドでは、西駐車場に着陸し、JAZAから支援物資などが手渡された。

動物園や水族館は全国各地にあり、ヘリが離着陸できる広い駐車場を持っていることから、被災地の支援活動の拠点にもなりうるとして、東日本大震災翌年の4月にJAZAと同支隊との間で「災害救護・支援活動の協定」が結ばれた。

[ .. 全文表示へ ]

12月8日20時00分 164
荷物室に鮮魚を積み込む漁協職員=南房総

「客貨混載」で高速バス活用し

東安房漁協(佐藤光男組合長)=本所・南房総市千倉町千田=が取り組む高速バス千葉便「南総里見号」を活用した鮮魚の輸送が、5日から本格的に始まった。高速バスの荷物室の空きスペースに朝とれた鮮魚を積み込み、千葉市に即日輸送。「客貨混載」で、物流の効率化、コストダウンにつなげる。

[ .. 全文表示へ ]

12月8日20時00分 355

長須賀の第8町内会 27年間、会長の重責

館山市の長須賀第8町内会前会長の鈴木繁さん(89)=同市下真倉=が、町内会長としての功績が認められ、総務大臣表彰を受賞した。29日に都内の同省で表彰式があり、表彰された。

自治会、町内会などの代表者として多年にわたり在職し、地域的な共同活動を通じて良好な地域社会の維持、形成に顕著な功績があったと認められる人に贈られる「自治会等地縁による団体功労者総務大臣表彰」で、今年の受賞者は全国で135人、県内は5人。

[ .. 全文表示へ ]

12月7日20時00分 303

1月8日まで電飾

南房総市白浜町滝口の長尾川に架かる「めがね橋」の欄干が青色イルミネーションで彩られ、幻想的な雰囲気となっている=写真=。周辺の公園にもクリスマスツリーなどの光り輝く電飾があり、通行人の目を楽しませている。1月8日まで。

地元の本郷、川下、西横渚区の有志らが「地域を盛り上げたい」と10年ほど前から装飾。毎年この時期にともされている。

[ .. 全文表示へ ]

12月7日20時00分 293

今年の安房農業賞・同農業奨励賞の受賞者が決まった。農業賞が3人、奨励賞が1人で、いずれも野菜、果樹部門で大きな功績を挙げた篤農家。きょう7日に鋸南町中央公民館で表彰式があり、表彰される。

安房地域独自の表彰制度で、安房農林業振興協議会が主催。農業賞は地域農業の振興に功績を残した農業者、奨励賞は将来性のある若手農業者に贈られている。

受賞者と主な功績は次のとおり。 =敬称略

[ .. 全文表示へ ]

12月6日20時00分 364
嶺岡牧の活用についてアイデアを出し合う参加者=鴨川

「日本酪農発祥の地」として知られる嶺岡牧を地域活性化に活用しようという「嶺岡牧を知り、活用を考える会」が30日、鴨川市中央公民館で開かれた。同市と南房総市から50人余りの市民らが参加し、理解を深めた。

嶺岡牧は、日本に4か所存在した江戸幕府直轄牧の一つで、鴨川市から南房総市にまたがる外周75`の巨大な牧。日本の酪農と製乳業を築き上げた農業・食品産業近代化遺跡であるとともに、牛乳・乳製品による栄養的な食生活をもたらした食生活近代化遺産でもあり、世界遺産級の優れた遺産として近年注目されている。

[ .. 全文表示へ ]

12月6日20時00分 297
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved