ニュース » 新着記事一覧
亀田市長を表敬訪問した山崎新監督ら=鴨川

新監督ら10人が市長表敬

女子サッカー「オルカ鴨川FC」の北本綾子ゼネラルマネジャー(GM)と、新たに就任した山崎真監督、新加入選手ら10人が13日、鴨川市の亀田郁夫市長を表敬訪問した。3月21日の「なでしこリーグ2部」開幕戦を前にしたもので、昨シーズン果たせなかった2部優勝、1部昇格への意気込みを語った。

北本GM、山崎監督、江橋桂コーチ、キャプテンの國香想子選手と、新加入の山守杏奈選手、清水栞選手、新井純奈選手、山田優衣選手、齊藤彩花選手、渡部那月選手の10人。市役所では亀田市長と小柴祥司副市長が出迎えた。

[ .. 全文表示へ ]

2月16日20時00分 164
スタートしたフラワーマーチ参加者=南房総

きょうは丸山・和田浦海岸コースで

早春の南房総路を歩く「第29回南房総フラワーマーチ」が16日、南房総市の千倉保健センターをメイン会場に2日間の日程で始まった。初日は、約2600人がウオーキングを楽しんだ。

1日目は、白浜・野島埼灯台コース(35、23、11、5`の4コース)で展開。出発式では、嶋田守副市長が「春の南房総の花や海の風景、市民らのおもてなしを楽しんで。気を付けていってらっしゃい」とあいさつした。

[ .. 全文表示へ ]

2月16日20時00分 290
空き家対策について講話を聞いた自主研修会=鋸南町

調査報告や意見交換

安房地区行政相談委員連絡協議会(武内章会長)の自主研修会がこのほど、鋸南町役場で開かれた。委員11人や各市町の担当職員、関係者が参加。空き家対策について講話を聞くなど、研さんを積んだ。

総務大臣から委嘱される行政相談委員。安房地域では14人が委嘱されていて、住民たちの相談にあたっている。自主研修会は年2回行っていて、この日は今年度2回目となった。

今回は、全国的に空き家の増加が社会問題となっている中、安房地域でも空き家に関する相談が多くなっていることから、「空き家対策」をテーマにした。

[ .. 全文表示へ ]

2月15日20時00分 258
交通インフラを語る中村元法相=鴨川

実現への機運高める

鴨川市を中心とした有志でつくる館山鴨川間地域高規格道路推進協議会(会長・中村正三郎元法務大臣)はこのほど、中村会長による「館山鴨川道路の整備と千葉県における交通インフラについて」と題した講演会を、同市総合保健福祉会館「ふれあいセンター」で開いた。

同道路の早期実現に向けての機運を高めることが目的。同会では「多くの人にその必要性について理解を深めてもらい、早期実現に向けた取り組みの一つ、50万人署名につなげたい」と開いた。

[ .. 全文表示へ ]

2月14日20時00分 452
市民ら35人が参加した環境学習会=南房総

南房総市環境保全課とNPO法人南房総エコネットの主催による「市民環境学習会」がこのほど、千倉保健センターで開かれた。市民35人が参加。ダイバーから館山・坂田の海や生き物について話を聞いたり、エコネットから河川の水質調査の報告を受けたりし、身近な環境についての関心を高めた。

[ .. 全文表示へ ]

2月14日20時00分 195
協定書を交わした中垣内総支配人(左)と亀田市長=鴨川

鴨川市と鴨川シーワールドは11日、「市民支援活動に関する連携協定」を締結した。この日、シーワールドで催された「鴨川市民DAY」の記念イベントで、締結式が開かれた。市民が見守る中、亀田郁夫市長と、シーワールドの中垣内浩総支配人がサインを交わした。

鴨川シーワールドは、1970年に開業。国内有数の観光・水族館施設として、鴨川をはじめとする県南地域の観光振興、鯨類の飼育などによる海洋学術の発展に大きく貢献している。

[ .. 全文表示へ ]

2月13日20時00分 280
3市1町の議員が集まった研修会=鴨川

安房3市1町議会議長会による議員研修会がこのほど、鴨川市で開かれ各市町の議員が参加した。

同研修会は、安房地域で共通の課題の中からテーマを決めて継続されている。主催者では「今年は、地域医療をテーマに、医療と政策をどう考えていくかを整理し、行政ができることを明らかにして、病床機能報告や地域医療構想とは何かを理解する」ことなどを目的に企画したという。

[ .. 全文表示へ ]

2月13日20時00分 281
報告会のチラシ

28日

大学生たちが南房総市の課題解決策などを発表する「産学協働地域活力創造事業報告会」が、28日午後1時半からとみうら元気倶楽部で開かれる。千葉工業大学、聖徳大学短期大学部、千葉大学の学生が市民と一緒に調査研究した成果として、地方創生につながる地域活性化策やビジネスモデルを発表する。入場無料で、市民らの来場を呼び掛けている。

同市の総合戦略のひとつである「産学協働地域活力創造事業」の取り組み。若者たちの目線で地域の活力を創造し、学生の提案を市民に聞いてもらうことで、協働によるより良いまちづくりを進めることが狙い。

[ .. 全文表示へ ]

2月12日20時00分 351
山崎氏による教育講演=館山

教育講演 実践発表も

第53回安房地区社会教育振興大会(安房地区社会教育委員連絡協議会、安房地区公民館連絡協議会、安房社会教育協会主催)がこのほど、館山市の県南総文化ホールで開催された。功労者5人を表彰、教育講演や実践発表もあった。

社会教育関係者が集まり、社会教育の今日的な課題の解決を目指すとともに、地域の各種団体などの学習成果の発表、活動紹介を通して安房地域における社会教育の振興を図ろうと継続されている。今大会には、約300人が参集した。

[ .. 全文表示へ ]

2月12日20時00分 323
石井市長に答申する相川会長(中央)と伊勢田照子副会長(右)=南房総

41事業・14数値目標定める

南房総市男女共同参画推進会議(会長・相川泉市行政連絡協議会長)は、同市役所で第3回会議を開いた。2019年から23年までの5年間、市の男女共同参画社会の実現に向けた取り組みの指針となる「第3次計画」の最終審議を行い、石井裕市長に答申した。

推進会議は、市内の事業者や各種団体、地域住民代表者ら10人で組織。昨年8月から審議を始め、12月には市民の意見を反映させるためのパブリックコメントも行い、最終案をまとめた。

[ .. 全文表示へ ]

2月10日20時00分 287
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved