ニュース » 新着記事一覧

県南初

館山市は、海洋プラスチック問題の解決に向け環境省が立ち上げた「プラスチック・スマート」フォーラムに加入した。県南地域では初めて。海洋プラ抑制に向け、他の加入団体と連携する他、すでに市が取り組んでいるごみゼロ週間、鏡ヶ浦クリーン作戦の活動について、フォーラムを通じて全国に発信する。

同フォーラムは、海洋プラスチック問題に取り組む企業、団体の相互連携を図ったり、シンポジウムで最新の知見を共有したりして、削減に向けた取り組みを全国的に推し進めていくのが目的。

[ .. 全文表示へ ]

4月24日20時00分 109
巨大砂像「天使の報せ」=館山ファミリーパーク

新たな巨大砂像2体

館山市にある観光施設「館山ファミリーパーク」のゴールデンウイークのイベントが、27日から始まる。新たな巨大砂像2作品の展示が始まる他、ヒマワリの展示や花摘み、乗馬体験(5月5日のみ)などもある。

園内の巨大砂像は、4体目の「天使の報せ」、5体目の「ライオンの丘」が新たに展示オープンする。

[ .. 全文表示へ ]

4月24日20時00分 142
受賞した日本酒と亀田社長

今年のモンドセレクションで 鴨川市の亀田酒造(亀田雄司社長)の日本酒、超特撰大吟醸「寿萬亀」と純米大吟醸「寿」が、国際評価機関「モンドセレクション」の2019年審査で、そろって最高金賞を受賞した。寿萬亀は4年連続、寿は2年連続。この他、純米大吟醸「亀田」がアメリカ・テキサス州で開かれているワイン品評会「2019テクソム・インターナショナルワインアワード」の日本酒部門で金賞に輝いた。

モンドセレクションは、食品や化粧品などさまざまな商品の品質を評価する民間団体で、専門家による審査で銅、銀、金、最高金賞を認定している。最高金賞は、各部門評価の平均得点が90%以上。

[ .. 全文表示へ ]

4月23日20時00分 219
市民が集まる中行われた公開プレゼン=元気倶楽部

9団体が公開プレゼン

南房総市は20日、とみうら元気倶楽部さざなみホールで「市民提案型まちづくりチャレンジ事業」の公開プレゼンテーションを開いた。チャレンジコースに申請した9団体が、事業採択に向けてそれぞれの活動プランを発表した。

市民と行政によるまちづくりを進めている同市。同事業は、ボランティアやNPOなど自主的、主体的に活動している市民活動団体から事業の提案を募集し、優秀な提案をした団体に対して係る経費をサポートするもの。

[ .. 全文表示へ ]

4月23日20時00分 226

自然教室に児童12人

鴨川

鴨川市清澄の東京大学千葉演習林清澄作業所でこのほど、自然教室「野鳥の巣箱をかけよう!」が開かれた。小学生12人が、昨年秋に設置した巣箱を観察した。

[ .. 全文表示へ ]

4月22日11時05分 252

新緑を背に鮮やかに泳ぐ 鋸南

鋸南町の花見の名所、佐久間ダム湖に21日、今年もこいのぼりが掲げられた。新緑を背景に鮮やかな色で風に揺れている=写真=。

[ .. 全文表示へ ]

4月22日11時00分 359

20万円上限 鴨川

安全・安心のまちづくりを進める鴨川市は、市内の自主防災組織が購入する防災用の備品や備蓄品、避難場所の整備に必要な費用を補助する。

東日本大震災を教訓に、災害発生時の初動に大きな力となる地域コミュニティーによる自助、共助力を高めようという取り組み。この補助金を活用して防災機材を購入し、それを使った防災訓練を展開する自主防災組織が増えている。

平成25年2月のスタートからこれまで、地区や町内会、マンションの自主防災会など30団体が、この制度を利用している。

[ .. 全文表示へ ]

4月20日20時00分 253
見ごろを迎えた「北口牡丹園」のボタン=館山

北口牡丹園 館山

館山市亀ヶ原にある「北口牡丹園」でボタンの開花が始まった。現在は五分咲きほど、園内はファンらで連日にぎわっている。これから見ごろを迎え、今年は5月上旬まで楽しめそう。見学無料。

同所は北口良平さん、陽子さん夫妻が丹精していたボタン園。昨年2月に夫の良平さんを亡くしてから、妻の陽子さんは良平さんの遺志を継ぎボランティアの人たちと切り盛りしている。

[ .. 全文表示へ ]

4月20日20時00分 402

館山

館山市の渚の駅たてやま前の県道沿い花壇で、ネモフィラが見ごろを迎えている=写真=。澄んだ青い花が花壇いっぱいに咲き、ドライバーらの目を楽しませている。

[ .. 全文表示へ ]

4月19日20時05分 480

地域おこし協力隊1人募集

南房総市は、ヘルスツーリズム推進スタッフとして活動する地域おこし協力隊を募集している。募集は1人で、大房岬自然の家を拠点に、ヘルスツーリズム推進に関する業務全般を行ってもらう。締め切りは5月10日。

協力隊は、地域力の創造と地方の再生を促そうと、総務省が平成21年から実施している取り組み。都市部から過疎・高齢化が進む地方に人材を誘致し、一定期間居住して地域おこしの支援や住民の生活支援などを通じて、地域力の維持、定住、定着を図ろうという。

[ .. 全文表示へ ]

4月19日20時00分 273
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved