ニュース » 新着記事一覧
あいさつする青木嘉男会長=館山

安房郡市退職校長会(会員294人)の総会がこのほど、館山市内のホテルで開かれた。役員改選があり、新会長に青木嘉男氏(朝夷)が選ばれた。

今年度の運営方針は「組織強化と会員相互の親睦を図り、教育尊重の世論を醸成するとともに、生涯学習、地域活動の強化に努め、あわせて福祉の向上と研修をすすめる」。活動重点として@組織強化と組織的活動の推進A生涯学習推進への努力B福利厚生活動の推進――の3点。

[ .. 全文表示へ ]

5月18日20時00分 147
利活用案を募集する旧和田幼稚園舎=南房総

24日まで南房総が

南房総市は、旧和田幼稚園施設の利活用を図るため、貸与や売却を含めた利活用案を募集している。希望者は24日までに申込書に記入し、提出する。

同園は、旧南三原幼稚園、旧南幼稚園との統合により、今年3月31日に閉園した。

未利用となっている施設を、民間の持つノウハウを生かして有効に活用することで、地域振興につなげようと、広く案を募集している。

[ .. 全文表示へ ]

5月18日20時00分 104
受賞報告する高梨さん親子=鴨川

チバザビーフ大会で連覇

東京都中央卸売市場食肉市場でこのほど開催された「第9回チバザビーフ枝肉共励会」で、鴨川市横尾の高梨牧場が出品した和牛が「黒毛和種の部」で最優秀賞の農林水産大臣賞に輝いた。先ごろ牧場を経営する高梨栄一さん(65)と息子の裕市さん(38)の2人が、地元鴨川市の亀田郁夫市長を訪ねて報告した。

同大会は、黒毛和種と交雑種の2部門に、県内から80頭の出品があり審査された。高梨牧場は黒毛和種の部に2頭を出品し、最高賞と優秀賞1席の上位2席を独占した。

[ .. 全文表示へ ]

5月17日20時00分 188
無償提供するサイクルラック=館山

市内の店舗に無償で提供へ

地域のサイクリング環境の向上に、館山、南房総市を中心とした愛好者でつくる「館山自転車倶楽部」(庄本幸範代表)は、館山市の補助金を活用してサイクルラック20基を製作。市内の飲食店、小売店など店舗に無償で提供する。希望する店舗を募っている。

同会では、多くの人に南房総エリアでのサイクリングを楽しんでもらおうと、これまでも市の観光振興支援事業補助金を活用し、おすすめコースなどを盛り込んだロードマップ、外国人向けのマップなども作成している。

[ .. 全文表示へ ]

5月17日20時00分 263

フッ化物塗布

7月から2歳児に無料実施

幼児期の虫歯予防に向け館山市は、2歳児を対象にフッ化物歯面塗布事業を7月から始める。2回のフッ化物歯面塗布が無料で受けられる。対象者には市から受診票が発送される。

フッ化物歯面塗布は、虫歯予防効果のあるフッ化物製剤を歯に直接塗布するもので、安房歯科医師会に委託して実施する。

市によると、虫歯がある子どもの割合(平成29年度)は、1歳6か月健診では0・4%だが、3歳児健診では19・3%と2歳を挟んで大幅に増え、県平均の14・5%を上回っているのが現状。

[ .. 全文表示へ ]

5月16日20時00分 182
シャチがテーマの特別レクチャー=シーワールド提供

「国際博物館の日」行事で

鴨川市の鴨川シーワールドは、「国際博物館の日(5月18日)」にちなみ18、19の両日、入園者を対象にシャチの生態や飼育エピソードを紹介する特別レクチャー「シャチ ものしり講座」を、施設内のマリンシアターで開く。

国際博物館の日は、博物館や水族館が社会に果たす役割を広くアピールするため、国際博物館会議が提唱し、昭和52年に設けられた。毎年、各国で記念イベントが行われており、国内では日本博物館協会が主体となり平成14年から取り組んでいる。

[ .. 全文表示へ ]

5月16日20時00分 202

事業所開設で最大25万円

館山市は、市内での起業を支援する補助金の今年度分の申請を受け付けている。事業所開設資金か家賃のいずれかを補助する。今年で8年目の制度で、これまで42件の起業を後押ししている。

対象は来年3月末までの開業を予定している人。すでに起業をしていても、申請時で12か月以内なら対象となる。

補助するのは、起業する際の事業所の開設費か家賃のいずれかで、かかった費用の2分の1を限度に、開設費用は最大25万円、家賃は月額最大2万5000円(12か月分まで)を補助する。

[ .. 全文表示へ ]

5月15日20時00分 223
規律訓練に取り組む新入団員=館山市民運動場で

女性消防部は救命講習も

館山市消防団(吉野隆志団長・団員数332人)の幹部・中堅・新入団員訓練が12日、館山市営市民運動場であり、新入団員26人を含む団員234人が訓練に取り組んだ。

館山消防署職員を教官に迎え、団幹部の指導で、幹部、中堅、新入団員に分かれて、それぞれ整列や機械器具の操作要領、小隊訓練など経験年数に応じた訓練に取り組んだ。

[ .. 全文表示へ ]

5月15日20時00分 352

芸術家から出品募る

芸術をとおして平和の尊さを訴える「ART FOR THE EARTH 2019〜第15回安房・平和のための美術展〜」が、今年も8月に開催されることになり、主催する実行委員会で出品者を募っている。

同美術展は、これまでの戦争で才能ある多くの芸術家の命が失われたことや、今でも内戦、貧困、飢えに苦しむ国や地域があることから、「世界平和と地球環境保全を願い、自分たちにできることを」と、有志が実行委員会を組織して2005年にスタートした。

以来、地域に住む多くの芸術家が絵画や工芸、彫刻、写真などを出品。チャリティー方式の出品も歓迎し、売り上げの一部をウガンダや地域の団体などに贈ってきた。東日本大震災復興支援にも協力している。

[ .. 全文表示へ ]

5月14日20時00分 263
今年度の事業計画などを協議した総会=南房総

「夢楽まつり」10月開催決める

南房総市の地域づくり協議会「みよし」の総会がこのほど、みよし交流館で開かれた。正会員44人のうち19人(委任状13通)が出席し、新年度予算や事業計画について協議。今年の「夢楽まつり」は、暑さを避けて10月27日に開催することになった。

今年度の事業計画は、「みつけよう よき人の和と しぜんの恵み」をスローガンに、各部会ごとに活動を決めた。

[ .. 全文表示へ ]

5月14日20時00分 320
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved