ニュース » 新着記事一覧

神津島まで 4島寄港便

東海汽船の高速ジェット船の館山寄港便が、6月の土、日曜日に運航される。今回は季節運航でつながっている東京・竹芝、伊豆大島に加え、利島、新島、式根島、神津島の各島が館山と結ばれる。利島以南の各島の往復切符は大人9900円。

今春の季節運航の館山寄港便は、緊急事態宣言の発令を受けて全期間が運休となったが、東海汽船では館山経由で大島から先の伊豆諸島もつなぐ船旅を提案した。

運航日は6月5、6、12、13、19、20、26、27日の8日間で、館山から利島、新島、式根島、神津島の各島を結ぶ往復切符は大人9900円(子ども5000円)。

[ .. 全文表示へ ]

4月10日20時00分 521
展示された聖火リレーのトーチ=鋸南

県内を巡回展示している東京オリンピックとパラリンピックの聖火リレーで使われるトーチが9日、安房地域に到着した。同日、鋸南町中央公民館に設置され、あす12日に南房総市役所本館、13日に鴨川市総合運動施設文化体育館での展示を予定している。

聖火リレーと大会を身近に感じてもらおうと県が企画。4月1日に県庁をスタートし、3か月かけて県内市町村を回る。

トーチの素材の一部は、東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材を再利用し、オリンピックでは「桜ゴールド」、パラリンピックでは「桜ピンク」の色合い。全長71a、重さ1・2`で、展示台には、県産の杉材を用いた。

[ .. 全文表示へ ]

4月10日20時00分 635
登録後にもらえる「わんパト標」

南房総市は、愛犬と散歩をしながら子どもたちや高齢者の見守り活動をする「わんわんパトロール隊」の隊員≠募集している。安全で安心なまちづくりに向けた取り組みで、協力をもとに犯罪抑止や高齢者の徘徊(はいかい)対策など、見守り体制の強化を図る。

パトロール隊は、平成29年に松戸市で女子児童が連れ去られ殺害された事件を受け、県獣医師会と県警が協力して始めた取り組み。同市では令和元年7月に発足し、現在は39頭が登録している。

[ .. 全文表示へ ]

4月9日20時00分 369
満開となったフジの花=鴨川

鴨川市横渚の「お食事処まつもと」の駐車場で、フジの花が満開となり見ごろを迎えている。例年より10日ほど早く見ごろを迎えており、淡い紫色の花と、近くで咲く黄色のモッコウバラが、花壇をカラフルに染めている。

現在の場所に店を移転した10年前に、鉢植えで花を咲かせたことがなかった木を花壇に移し替えたところ、3年ほどたって花を付け始め、年々成長。藤棚は設置できない状況のため、後ろのフェンスに枝を絡ませると、今では高さ1b、幅は4bほどに成長した。

[ .. 全文表示へ ]

4月9日20時00分 456

県が支援を5月末まで延長

おととしの台風災害で被災した家屋の、災害救助法による「住宅の応急修理」の安房地域内での工事完了率が、今年3月末現在で91%と、あと一歩となっていることが分かった。県は国と連携して、工事完了期限を3月末から延長し、5月末までの完了を目標に復旧を進めている。

県は令和2年度末に、復旧・復興に向けた取り組みの進捗(しんちょく)状況を発表。1月末時点で、応急修理の申請件数は6450件、工事完了件数は5250件と、県全体の進捗率は約81%だった。

[ .. 全文表示へ ]

4月8日20時00分 525
オレンジのカラーが目を引く車両=南房総

ビワをイメージしたカラーに

南房総市は、市営路線バス富浦線に使用しているバス車両を新しくした。小型ノンステップバスで、南房総の特産である「房州びわ」をイメージしたカラーリングが施された。今月1日から運行されている。購入費は約2048万円。

旧車両は購入から16年が経過し、経年劣化とともに修繕や部品交換が多くなったため、新たな車両を購入した。

[ .. 全文表示へ ]

4月8日20時00分 514
実証運行が行われた平群線のバス=南房総

56日間の利用者は2452人

南房総・館山地域公共交通活性化協議会は、1月18日から3月14日までの56日間を期間に、日東交通が運行する路線バス「丸線」と「平群線」の実証運行の利用者実績をまとめた。両線の上下線、ルート変更を補うワゴン車両の合計利用者は2452人だった。

南房総市の丸山地区や三芳地区、館山市の那古地区を走る丸線。南房総市の富山地区から三芳地区や館山市那古地区を運行している平群線。

[ .. 全文表示へ ]

4月7日20時00分 514

4団体が公開プレゼンへ

鴨川市が市民活動を支援するために設けている「みんなで育て鯛!まちづくり支援事業」で、今年度の支援を申請している4団体の活動内容を審査する公開プレゼンテーションが、11日午後1時半から、同市総合運動施設文化体育館で開かれる。一般の参加も可能で「ボランティア活動などに興味、関心がある市民は来場を」と呼び掛けている。

同事業は、市民団体から提案事業を募集し、優秀な事業に対して経費の全部、または一部を補助金として交付している。取り組みをスタートする「はじめ鯛!」と、これまでの活動を一層充実、発展させ自立を目指す「発展させ鯛!」の2コースで展開している。

[ .. 全文表示へ ]

4月7日20時00分 389
11日まで開かれている富士山文化展=鴨川

11日まで「富士山文化展」

鴨川市郷土資料館の文化財センター展示室で、企画展「富士山文化展〜鴨川と富士をめぐる〜」が開催されている。鴨川の人々と富士山との関わりを、「美術としての富士山」「富士信仰」「鴨川のセンゲンサマ」の3テーマに分け、193点の資料で紹介。11日まで。

鴨川は房総半島の太平洋側にありながら、富士山の見えるスポットがあり、市内には富士と名の付く山、センゲンサマと呼ばれる富士の神が、さまざまなところに祭られている。富士山を描いた作品も所蔵していることから、企画展でクローズアップした。

[ .. 全文表示へ ]

4月6日20時00分 463
後期基本計画の冊子と概要版

館山市は、令和3年度から5年間を展望したまちづくりの指針「市総合計画『後期基本計画』」を策定した。市のホームページなどで公開している他、概要版を全戸配布する。

市総合計画審議会(会長・石渡和男館山商工会議所会頭)で8回の審議をした他、市民意識調査や市内施設、高校での意見募集などで広く意見を聞いて取りまとめた。

[ .. 全文表示へ ]

4月6日20時00分 407

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved