ニュース » 新着記事一覧

11月9日

相次ぐ台風、豪雨に見舞われ被災した県南部で展開された支援活動の共有を図ろうという「台風15号被害への取り組み・報告集会」が9日、鴨川市金束の里山オフィス(旧大山小学校)にある千葉南部災害支援センターで開かれる。無料で、参加を呼び掛けている。

台風15号の被災から2か月間を経過する中、支援に関わっている団体や個人の取り組み発表から、被災地の状況や必要とされる支援を把握し、今後の活動について、地域で共有しようという。

[ .. 全文表示へ ]

11月6日20時00分 544
花笠の会の会員たち=鴨川

30日まで

鴨川市江見公民館で活動している和紙ちぎり絵教室「花笠の会」による作品展が、鴨川オーシャンパーク物産館で開かれている。女性会員ら8人の力作11点が並べられている。30日まで。

和紙工芸「アトリエ海」を開いている渡辺風沙絵さんを指導者に、同公民館を会場に毎月第2水曜日(午前9時半〜午後0時半)に集まり、創作活動を続けている。

[ .. 全文表示へ ]

11月6日20時00分 370
5500人の来場者でにぎわう会場=館山

5500人が海辺の休日楽しむ

館山湾をバックにマーケットを楽しむ「北条海岸ビーチマーケット」(館山市海岸活性化プロジェクト推進協議会主催)が3日、館山市の北条海岸芝生広場で開かれた。台風被害からの復興と同市市制80周年記念を兼ねたイベントで、地域内外から飲食や雑貨の店舗が100ブースで出店し、約5500人が来場して海辺の休日を過ごした。

[ .. 全文表示へ ]

11月5日20時00分 687

自慢の商品をPR

安房の多彩な農林水産物、加工品を一堂に集めた地産地消見本市「安房『大地と海の恵み発見伝』」(安房農林業振興協議会など主催)があす7日午前11時から、鴨川市の鴨川グランドホテルを会場に開催される。33団体が出展し、自慢の商品をPR。一般にも広く参加を呼び掛けている。

加工業者や生産者らがそれぞれの優れた商品について、卸、小売業者、宿泊業などに紹介、情報交換し、販路拡大や新商品の開発につなげてもらうのが狙い。一般消費者へのPRの場ともなっている。

[ .. 全文表示へ ]

11月5日20時00分 442

20世帯分600万円を予算化

南房総市は、台風15号で被災した市内のひとり親家庭や重度心身障害者が同居する世帯の生活再建に向けた支援金を支給する。罹災(りさい)証明書で住宅が半壊と判定された世帯に、30万円の支援金を交付する。

全壊および大規模半壊の住宅には、被災者生活再建支援法に基づき支援金が支給されるが、支援の対象外となる半壊世帯のうち、生活再建に係る経済的負担が大きいひとり親家庭と重度心身障害者が同居する世帯の円滑な生活再建を支援する。

[ .. 全文表示へ ]

11月4日20時00分 657
年賀はがきに描かれているイラスト

枇杷倶楽部が販売

南房総市の道の駅とみうら枇杷倶楽部は、恒例のオリジナル年賀はがきの販売を開始した。同市在住のイラストレーター、出口としおさんがデザイン。来年のえとの子(ね)にちなんで、ネズミと子どもたちが柔らかなタッチで描かれている。

出口さんは、「ゲゲゲの鬼太郎」や「ドラゴンボール」「ONE PIECE」の原画を手掛ける人気アニメーター。東映アニメーション「一人原画3人衆」の一人で、ファンも多いという。

[ .. 全文表示へ ]

11月4日20時00分 430
功労賞を受賞した加藤氏=鴨川

障害児教育の発展に尽力 鴨川

障害児教育の発展に多大な貢献をしたとして、前鴨川市立天津小学校長の加藤惠子氏(61)=同市天津=が、全日本特別支援教育研究連盟の功労者表彰を受けた。長年にわたり、県や安房地区の特別支援教育をリードしてきた加藤氏は「自分が推進してきたことに対し、保護者や同僚など周囲の協力があったからこそ賞をいただくことができた」と感謝を述べた。

加藤氏は、教員4年目に障害児学級を担任したのをきっかけに、情緒障害を勉強。南房総教育事務所の指導主事時代は、特殊教育から特別支援教育への移行時期にあたり、理解を深めるために奔走した。

[ .. 全文表示へ ]

11月2日20時00分 653
館山を訪れた李鎮長(中央)ら=館山

館山

台湾・宜蘭県にある町・蘇澳鎮の李明哲鎮長らが30日、館山市を訪問。今年2月に蘇澳鎮を訪れている金丸謙一市長らの歓迎を受け、今後の都市間交流に向けて友好を深めた。

台湾北東部にある宜蘭県の東部にあり、人口4万人弱の海辺の町。漁業、観光業が盛んで、館山との共通点も多いという。

インバウンド(訪日外国人)の誘致に向けたトップセールスで、金丸市長ら同市関係者が台湾に行った際に、蘇澳鎮の役場を訪問し李鎮長を表敬しており、今度は李鎮長はじめ蘇澳鎮の関係者13人が館山に訪れた。

[ .. 全文表示へ ]

11月2日20時00分 496
開通した国道128号実入バイパス=鴨川

外房の不安要素解消

県が進めていた鴨川市の国道128号実入バイパスが25日、開通した。外房道路網の不安要素となっていた旧実入トンネルを迂回(うかい)するバイパスで、新実入トンネル約688bを含む延長約900b。引き続き内浦山県民の森入り口交差点など、接続部分の整備工事が行われ、年内に全工事が完了する。

旧実入トンネルは、周辺に崖地が多く道路脇ののり面崩落が度々発生。平成15年と16年に交通が寸断される土砂崩れがあり、代替道路がないために市民生活、救急医療、観光など幅広い範囲に大きな支障をきたした。

[ .. 全文表示へ ]

11月1日20時00分 1,062
鋸南町の白石治和町長に見舞金を手渡す利田理事長(左)=鋸南

台風15号、19号の被害を受け、館山信用金庫(利田秀男理事長)は、営業店が所在する6市1町に、災害見舞金10万円をそれぞれ寄付している。利田理事長が、各市町を訪問し、それぞれの首長に見舞金を手渡している。

今回の台風被害を受け同金庫では、同金庫と信金業界から届いた支援物資を被害の大きかった地域に配布。職員を災害支援ボランティアとして館山、南房総市、鋸南町に派遣するなど支援活動を展開。

[ .. 全文表示へ ]

11月1日20時00分 511
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved