ニュース » 新着記事一覧
モデル神社に指定された魚見塚浅間神社=鴨川

県内で唯一 推進モデル指定

鴨川市貝渚の魚見塚浅間神社(北村喜久男宮司)が、神社本庁の「過疎地域活性化推進地域モデル神社」に指定された。指定期間は3年間で、県内では同神社のみ。県神社庁と安房支部の協力を得ながら、神社を核に地域活性化に貢献していくことにしており、今月末に営まれる例大祭では、宵宮祭を復活させ参拝者を迎える。

[ .. 全文表示へ ]

7月9日20時00分 483
2018夏旅ガイド

南房総市観光協会と同市観光プロモーション課は、夏の観光情報をまとめた「2018夏旅ガイド」を作成した。縦型の両観音折りで1万6000部をつくった。市内外の道の駅や観光協会、海ほたるなど観光施設に設置し、誘客を図る。

観光客をはじめ、南房総に訪れる人に夏の思い出づくりに生かしてもらおうと、毎年つくっている観光パンフレット。

[ .. 全文表示へ ]

7月9日20時00分 306
表彰状を受け取る倉林学長(右)と学生ら=鴨川

3商議所と連携 経済活性化策を提案

城西国際大学観光学部の学生らが館山、君津、木更津の3商工会議所と連携して取り組んだ地域経済を活性化する活動が、2018年度関東商工会連合会の「ベスト・アクション表彰」を受けた。

同連合会では、まちづくりの推進や地域活性化、会議所の知名度向上などで顕著な貢献をした会員などを表彰。今年度は、3商工会議所と連携して「地域経済活性化提案型事業」に取り組んだ同学部が選ばれた。

事業は、木更津以南の南房総地域を来訪する人らに、学生らがアンケート調査を実施。調査結果から観光動向や消費動向などを分析した。

[ .. 全文表示へ ]

7月7日20時00分 301
潮だまりで生き物を探す児童ら=鴨川

鴨川・千葉大 交流事業

鴨川市内浦にある千葉大学海洋バイオシステム研究センターでこのほど、小学生を対象としたフィールドワーク「磯の生き物観察会」が開かれた。児童16人と保護者14人の計30人が、同センターの職員らを講師に、海の自然や生態系について学んだ。

同大の研究成果の一端から、子どもたちに海や自然の素晴らしさ、環境保全の大切さを学んでもらうことを目的に、両市・大の交流事業として継続している。同センターの瀧口謙一文部科学技官らが講師を務めた。

まず、施設周辺の磯でフィールドワークを実施。潮が引いて現れた潮だまりに足を運んで、生き物を観察。見つけたウニやナマコなどに直接触れ、瀧口技官の解説で理解を深めた。

[ .. 全文表示へ ]

7月7日20時00分 289
指定文化財になっている本殿向拝中央の「龍」=鴨川

奇数月第2日曜

鴨川市仲の吉保八幡神社は、普段は見学することができない本殿などを装飾している彫物大工・初代波の伊八の彫刻を、定期的に一般公開する。奇数月の第2日曜日午前10時から午後3時までで、あす8日から。

県内でも数少ない本格的な流鏑馬(やぶさめ)神事で知られる同神社。本殿は、江戸時代の天明年間(1781〜89年)に建立されたと伝えられ、建物全体は初代波の伊八の彫刻で飾られている。

[ .. 全文表示へ ]

7月6日20時00分 330
現地診断を行う署員ら=南房総

館山署は3日、5月25日に南房総市富浦町原岡の内房線踏切付近で発生した歩行者と軽乗用車による交通死亡事故を受けて、署員や県警本部ら関係機関17人で共同現地診断を行い、事故の再発防止について検討した。

現場はJR内房線富浦駅の北側約100bにある「聖山踏切」の東側の交差点。同署では、今回の現地診断で各関係機関と連携し、現場の見通し改善などを図っていくとしている。

【写真説明】現地診断を行う署員ら=南房総

7月6日20時00分 629
認定通知書を受け取った石川代表取締役(中央)=千葉労働局で

介護事業を展開する館山市正木のセンターキュア(石川浩美代表取締役)が、安房地域で初めて千葉労働局(塚本勝利局長)の「ユースエール認定企業」に認定された。

厚生労働大臣が、若者の採用・育成に積極的で雇用管理の状況などが優良な中小企業(常時労働者300人以下)を認定する取り組み。認定基準として▽正社員の離職率20%以下▽月平均所定外労働時間20時間以下▽有給休暇の年間取得数が平均10日以上――などが設けられており、全てクリアすることで認定通知書が交付される。

[ .. 全文表示へ ]

7月5日20時00分 338
講義する講師の上田さん=館山市内で

館山市波左間にある会員制ホテル「ウエストペニンシュラホテル」でこのほど、日本ソムリエ協会主催のワイン検定のブロンズクラスがあり、館山市を中心に安房地域から9人が参加した。

同ホテルが会場になって初の検定。講師は日本ソムリエ協会認定講師の上田真季さんで、参加者はワインの基礎知識について講義を受けた後、入門編のブロンズクラスの検定試験に挑んだ。後日、協会から結果が通知され、全員が合格したという。

[ .. 全文表示へ ]

7月5日20時00分 455
ワークショップに取り組む参加者ら=館山コミセンで

市内3地域で

支え合いの地域づくりに向けたワークショップが、館山市内で始まった。市内3地区ごとに地域づくりに意欲のある市民らが参加。地域課題や解決策について意見を出し合っている。

市社会福祉協議会が主催。支え合いの組織づくりに向けて、中心となって活動してもらおうと、先月開催された「地域づくり推進フォーラム」参加者の希望者を対象に実施している。

[ .. 全文表示へ ]

7月4日20時00分 313
「Kameda Cup」のチラシ

一般向け多彩なイベントも

全国的にも珍しい医療従事者を対象としたサーフィン大会「Kameda Cup」(亀田メディカルセンター主催、鴨川市後援)が15日、鴨川市東条海岸の通称マルキポイントで開催される。会場では、サーファー以外の一般が楽しめるイベントも盛りだくさんで、来場を呼び掛けている。

大会は、医療従事者同士の交流と鴨川地域の活性化を目的に医師、看護師、薬剤師、介護、事務職など、医療機関に勤めている全国のサーフィン愛好者に呼び掛け、平成24年から続けられている。

[ .. 全文表示へ ]

7月4日20時00分 398
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved