ニュース » 新着記事一覧
あいさつする石田委員長=鴨川

委員長に石田氏を選任

鴨川市を中心とした有志でつくる館山鴨川間地域高規格道路推進協議会(会長・中村正三郎元法務大臣)はこのほど、同道路の早期実現を求める署名活動を展開する実行委員会を新たに発足した。

同委員会は、「外房地域における経済の活性化、防災・減災対策を含めた均衡ある千葉県の発展、地方創生の実現を図るためには、同道路の早期実現が必要」と訴える同協議会員をはじめ、活動に賛同する市内の団体などから選出された15人で組織。

[ .. 全文表示へ ]

11月1日20時00分 609
事例報告を行う石井市長=東京

優遇措置の延長訴える

全国23の半島を持つ自治体が集まり地域振興について協議する「半島振興対策促進大会」がこのほど、東京・霞が関のイイノホールで開かれた。南房総市の石井裕市長が事例報告を行い、同市での半島地域における地方税不均一課税活用の取り組みを報告するとともに、来年3月末で期限が来る税制優遇措置の再延長を訴えた。

半島地域振興対策協議会、半島地域振興対策議会議長連絡協議会、全国半島振興市町村協議会が主催した。

[ .. 全文表示へ ]

10月31日20時00分 451
あいさつする井口監督=鴨川市営野球場で

初日に市を挙げ歓迎セレモニー

プロ野球・千葉ロッテマリーンズの秋季鴨川キャンプが31日、鴨川市総合運動施設で始まった。同日、歓迎セレモニーが開かれ、球場に詰め掛けた400人のファンや関係者が総勢43人の参加メンバーを歓迎した。キャンプは16日まで。

一部のベテラン、外国人選手を除く投手16人、捕手3人、内野手7人、外野手5人の31選手で井口資仁監督らコーチ陣を含む43人が鴨川入り。台湾での親善試合(9〜11日)があるため、8日から12日までは一部メンバーのみ鴨川で練習に励む。

[ .. 全文表示へ ]

10月31日20時00分 487
ニコル市長(右)に贈られたミニサーフボード=鴨川

友好親善の発展誓う

鴨川市とアメリカ・ウィスコンシン州マニトワック市が、姉妹都市提携して25周年を記念し、マ市の市民訪問団29人が、このほど5日間の日程で鴨川を訪問した。四半世紀の節目を祝う記念式典が開かれたほか、市内見学や日本文化体験を通して両市民の親交を深めた。

市内のホテルで行われた記念式典では、亀田郁夫市長が「25年間交流が続けてこられたのは、多くの方の力添えがあったから。姉妹都市交流の輪が広がることを期待している」などとあいさつ。

[ .. 全文表示へ ]

10月30日20時00分 363
慰霊祭に参列した会員=南房総

45人が焼香し霊を慰める

南房総市の有害鳥獣捕獲協議会和田支部(小原清一支部長)による有害鳥獣の慰霊祭が27日、同市和田町中三原の日蓮宗正文寺で営まれた。同会員45人が参列した。

同協議会は、イノシシをはじめサルやシカなどの有害鳥獣による農作物被害の防止・軽減を図るため、市やJA、森林組合、猟友会、鳥獣保護員らで組織され、さまざまな対策事業に取り組んでいる。

[ .. 全文表示へ ]

10月30日20時00分 460
広々として明るい病児保育室=南房総

小6まで対象に受け入れへ

南房総市千倉町大川の「七浦診療所」(田中かつら院長)で11月1日から、病気やけがなどを理由に、保育施設に預けることができない子どもを一時的に受け入れる病児保育室「そらまめ」を始める。

2014年に閉校となった旧七浦小の校舎を利活用する「七浦プロジェクト」の中核として、同診療所が昨年11月に移転開院。地域住民に暮らしと医療の両面から地域課題を解決する場を目指している。

[ .. 全文表示へ ]

10月29日20時00分 501
布製防災用具「ポンダナ」を紹介する相川課長=文化ホールで

安房医師会と株式会社ツムラ共催の市民公開講座「安房地域の災害時医療を考える」が27日、館山市の南総文化ホールで開かれた。市民ら220人が参加し、講話や市民フォーラムで災害時医療について考えた。

2部構成の公開講座で、第1部では「災害時医療に必要なあれこれ」と題して七浦診療所の田中かつら院長が座長を務め、東北大学病院漢方内科の高山真准教授が東北、熊本の被災地での経験を踏まえながら、漢方治療の実際について語った。

[ .. 全文表示へ ]

10月29日20時00分 405
大規模改修が行われる市役所=南房総

南房総市は、市役所本庁舎本館と別館1の大規模改修工事を行う。災害時における防災拠点施設としての耐震性確保や、BCP(業務継続計画)に基づく機能強化、老朽化対策が目的。11月中旬から外壁改修に向けた仮設の足場が設置され、本格的な工事が始まる予定で、工期は2020年7月末まで。

本庁舎本館と別館1は、ともに1980年9月の竣工で、老朽化していることから、延命や耐震補強、防災機能の充実を図る。事業費は管理費を含めて7億5241万円。

[ .. 全文表示へ ]

10月27日20時00分 516
見物客を魅了する幻想的な世界=大山千枚田

きょうまで

鴨川市の大山千枚田で26日、1万本のLED灯とエコキャンドル3000本で幻想的な世界を演出する「棚田の夜祭り」が始まった。夜市、郷土芸能や創作バレエなどのステージもあり、見物客らでにぎわっている。きょう28日まで。

地元や市内の観光、商工、宿泊関係団体で組織する棚田の夜祭り実行委員会が、来年1月6日までLED灯1万本をともす「棚田のあかり」のスタートイベントとして3日間の日程で企画した。

[ .. 全文表示へ ]

10月27日20時00分 508

市民の需要など把握へ

鴨川市は、総合交流ターミナル「みんなみの里」から長狭街道(県道鴨川保田線)を経由して首都圏を結ぶ、新たな高速バスの実証運行に向けて市民アンケートなどを実施した。同市地域公共交通会議などの基礎資料にして、来年度の実証運行の実現につなげたい考え。

「みんなみの里」を核とした効率的な流通システムの構築と、交流人口を増やすための取り組みの一つとして着目されている長狭街道経由の高速バス運行。

[ .. 全文表示へ ]

10月26日20時00分 740
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved