ニュース » 新着記事一覧
ポピー畑前に制作されたドラゴンとナイトの砂像=館山ファミリーパーク

今月下旬には新たな作品も

館山市の「館山ファミリーパーク」で、巨大なサンドアート(砂像)2体が姿を現し、来園者の注目を集めている。手掛けたのは国内外で活躍するプロの砂像彫刻家の保坂俊彦さん(44)。園内に3体を設置する予定で、今月中旬にも3体目の作業に入る。

サンドアートは、砂と水のみでつくり上げる彫刻で、彫刻後は風雨などで砂が崩れるのを防ぐため、定着剤を吹き付けて表面を固める。

[ .. 全文表示へ ]

1月8日20時00分 422

タイを供養する全国的にも珍しい「鯛供養弁天祭」が18日午前、鴨川市小湊の大弁天島沖などで営まれる。僧侶や地元民ら約100人が参列し、海上での読経などで、日蓮聖人縁起のマダイの供養、海の安全と大漁などを祈願する。

天然のマダイが水面に集まる神秘的な現象が見られる周辺の海は、日蓮聖人が生誕した際にマダイが群れて祝ったという伝説があり、鯛の浦と呼ばれている。

[ .. 全文表示へ ]

1月8日20時00分 340

宮沢賢治と蛇紋岩

鴨川市のNPO法人大山千枚田保存会は26、27日の1泊2日の日程で、嶺岡山系の地質を構成する岩石、蛇紋岩をテーマにした市民講座「蛇紋岩の不思議〜宮沢賢治編〜」を開講する。岩手県の蛇紋岩を作品に登場させている宮沢賢治にスポットを当てた、地学と文学のコラボ講座で、聴講を呼び掛けている。

鴨川市と南房総市に跨る嶺岡山系は、千葉県の中でも特異な地質で、地中深いマントル近くでつくられた蛇紋岩が露出している。同NPOでは、この蛇紋岩をクローズアップした市民講座を2016年から開講している。

[ .. 全文表示へ ]

1月7日20時00分 375
側溝のふたの穴にカバーを取り付ける市職員=館山市で

「伊達直人」の寄付で

伊達直人を名乗る人物から「道路の側溝のふたの穴を埋めてください」と館山市に10万円の寄付があり、市はこのほど、寄付を活用して側溝の穴にカバーを取り付ける作業をした。

寄付は平成23年から8年連続8回目で、今回はJA安房北条支店から市役所へと通じる道路の両側約70bの側溝のふたの穴に142個のカバーを取り付けた。今回も含めこれまでで計1800個のカバーが設置されたという。

【写真説明】側溝のふたの穴にカバーを取り付ける市職員=館山市で

1月7日20時00分 507
大勢の来場者でにぎわう市営球場=鴨川

経済効果は2億9661万円超に

鴨川市は、プロ野球・千葉ロッテマリーンズの秋季鴨川キャンプの来場者数と市内の経済効果を発表した。それによると期間中の来場者数は2万4307人を記録し、経済効果額については2億9661万円と試算した。

秋季キャンプは、昨年10月31日から11月16日まで(休日2日)、井口資仁監督をはじめコーチ・スタッフ陣と選手、総勢72人(最大時)の参加で行われた。

期間中に展開されたイベントの参加数は▽歓迎セレモニー=400人▽サイン会・写真撮影会=2700人▽少年野球教室=220人▽福祉施設慰問=150人――を数えた。

[ .. 全文表示へ ]

1月5日20時00分 486

あすから

就労継続支援B型事業所「かにた作業所エマオ」(佐々木清施設長)が運営する常設販売店「エマオ館山駅前店」があす7日、館山市北条にある渡辺ビル1階にオープンする。9日までの3日間はオープンセールが予定されている。多くの来場を呼び掛けている。

障害のある人の就労支援を続ける同所。現在は19〜58歳までの男女12人が一般就労を目指して職業訓練に励んでいる。

年4回、全国から贈られた衣類やバッグなどの寄贈品を販売するバザーを開催していたが、「接客や店舗管理など、一般就労に向けた職業訓練所になれば」と常設販売店の設置が決まった。

[ .. 全文表示へ ]

1月5日20時00分 529
リノベーションまちづくり講演会のチラシ

8日

館山の未来考える

「館山の『まち』の未来を考える」をテーマにした「リノベーションまちづくり講演会」(館山市主催)が8日午後6時半から、JR館山駅東口にある「サカモトビル(房州第一ビル)」で開催される。リノベーションまちづくりの第一人者である青木純氏による講演会や、地域の関係者を交えたトークセッションなどが展開される。

リノベーションとは、既存の建物や空間などを生かして、新しい使い方によって、性能を向上させたり、付加価値をプラスしたりすること。

[ .. 全文表示へ ]

1月4日20時00分 597
大みそかに冷水を浴びる僧侶ら=清澄寺で

冷水浴びて平穏祈願

鴨川市清澄の日蓮宗大本山清澄寺で大みそかの31日、恒例の「水行式」があり、多くの参拝者が見守る中、ふんどし姿の僧侶5人が冷水を浴びて身を清めた。

元日の初祈祷(きとう)を前に、毎年行われている水行式で、心身のけがれをはらうことを目的としている。

[ .. 全文表示へ ]

1月4日20時00分 465
建設が進む工事現場=南房総(ドローンで撮影)

嶺南中隣接地で工事進む

南房総市の丸山地区と和田地区の小学校、幼稚園、保育所を統合する、嶺南小学校と嶺南子ども園が、4月に開校する。嶺南中学校隣接地で施設の建設工事が、新年度へ向けて進められている。

南、南三原、和田の3小学校と3幼稚園、丸山、和田の2保育所が、それぞれ嶺南小学校、嶺南幼稚園、嶺南保育所に統合される。小学校は中学校と併設型の小中一貫校に、また、幼保は預かり保育所も含め、幼保一体施設の嶺南子ども園となる。

両地区の学校再編は、保護者や住民の要望を受け、平成23年11月から協議が始まり、検討委員会を経て26年3月に意見具申がまとまった。29年5月に造成、同年9月から建設工事が始まった。

[ .. 全文表示へ ]

12月31日20時00分 670
要請する内房線と地域を守る会員=千葉署名を手渡す外房線と地域を守る会員=同

南三原駅では6項目を

内房線と地域を守る会、外房線と地域を守る会が25日、JR千葉支社への要請行動を展開した。JR千葉支社からは、総務部企画室の早川和利室長ら3人が対応、2団体の要請を聞いた。

内房線と地域を守る会は、館山―千葉間の直通列車、特急列車の復活を強く要請。そのうえで、安房拓心高校の生徒に実施したアンケートに基づき、南三原駅の自動券売機と駅員の配置時間の変更を要請した。南三原駅は、駅員の配置時間が午前9時20分〜午後4時半のため、通学時間には駅員がおらず、定期券の更新を通学時間中にできない状況となっている。

[ .. 全文表示へ ]

12月29日20時00分 1,062
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved