ニュース » 新着記事一覧

5団体が公開プレゼンへ

鴨川市が市民活動を側面支援するために設けている「みんなで育て鯛!まちづくり支援事業」であす14日、支援を申請している5団体の活動内容を審査する公開プレゼンテーションが開かれる。午後1時50分からで、同市ふれあいセンター2階が会場。一般の参加も可能で「ボランティア活動などに興味、関心がある市民は来場を」と呼び掛けている。

同事業は、市民団体から提案事業を募集し、優秀な事業に対して経費の全部、または一部を補助金として交付している。取り組みをスタートする「はじめ鯛!」と、これまでの活動を一層充実、発展させ自立を目指す「発展させ鯛!」の2コースで展開している。

[ .. 全文表示へ ]

4月12日20時00分 374
きょう演奏する美炎さん(左)と作品展示の西さん=ギャラリーsfk

きょう馬頭琴の美炎さん演奏

馬のつながりで展開

「幻想陶画」を標ぼうする陶芸家で画家の西美紀さん(37)=長崎県東彼杵郡=の作品を集めた「天と地と〜絵と陶芸 西美紀展」が12日から、南房総市下滝田のギャラリーsfkで始まった。陶画を中心に50点ほどが並ぶ。22日まで。きょう13日午後1時半からは、馬頭琴奏者の美炎さんが会場で演奏する。会費2000円。

西さんは両親の薫陶を受け、3歳から陶芸に親しむ。大学では油絵を専攻。陶器に絵画のような絵付けをする独自の幻想陶画を確立した。テーマは自然、動物、人物など。長崎では直営店で販売する他、海外店舗も。全国各地のギャラリーで個展を展開している。

[ .. 全文表示へ ]

4月12日20時00分 321
農VICEのメンバーら

交流でスキルアップ目指す

安房地域の若手農業者のグループ「農VICE(ノーバイス)」(山崎拓馬代表)が結成された。9人の会員でスタート。花きや野菜、酪農などジャンルはさまざまだが、垣根を越えて仲間づくりの交流や農業全般についての勉強会などを展開していく。

これまで市町、生産品目を越えた若手農業者の交流の場はあまりなかったため、多種多様な経営類型の若手農業者が交流し、互いのスキルアップを図ろうというのが結成の目的。

発起人となった4人が中心となって、コンセプトや規約をつくり、若手農業者らに参加を呼び掛けて、立ち上げた。

[ .. 全文表示へ ]

4月11日20時00分 710
イベントのチラシ

懐かしの名曲を披露

元劇団四季の遠藤敏彦さん、園さん夫妻と娘のよもぎさん、音楽家のジョン・グレゴリーさんによる「蜂の駅コンサート ここから〜Vo.1」が29日、館山市のひふみ養蜂園で開かれる。午後1時半と5時開演の2回(各回定員25人)で来場を呼び掛けている。

遠藤夫妻は元劇団四季のダンスキャプテン。ライオンキングの初演やCATSなど数々の名作に出演。園さんの病の療養をきっかけに同市に移住して、現在、キッズミュージカル「トゥルーカラーズ」を主宰する。よもぎさんは安房拓心高校2年生。同ミュージカル出身でプロの舞台も経験する。ピアノは米国ワシントン州出身で同市在住のグレゴリーさん。エルトン・ジョンのアレンジャーと音楽活動をともにするなど編曲者、プロデューサーとしても活躍している。

[ .. 全文表示へ ]

4月11日20時00分 627
渋沢 栄一 渋沢史料館所蔵

政府は1万円札などの紙幣を刷新する方針を固め、1万円札の肖像画には実業家の渋沢栄一を採用すると発表した。渋沢は、現在の館山市船形に虚弱児童の転地療養施設を開設し、自ら何度も足を運ぶなど同市にゆかりがあり、地元関係者からは「誇りに感じる」「意思を引き継いでいきたい」と声が上がった。

安房地域の歴史などについて調べるNPO法人安房文化遺産フォーラムなどによると、渋沢は明治21年、大倉喜八郎とともに、旧豊津村(館山市)に日本水産会社を設立。館山病院初代院長の川名博夫とは姻戚関係にあるという。

[ .. 全文表示へ ]

4月10日20時00分 1,288

防災・健康など80講座

館山市の職員や市民ボランティアが講師となって地域に出向く、同市生涯学習出前講座「でまえ・いっしょ」の2019年度メニューがまとまった。全80講座を用意しており、利用を呼び掛けている。

同市の現状や今後の展望、現代的課題などを市民と行政が「一緒に学び、考え、行動する学習機会」として2000年度から展開している事業。市職員や市民ボランティアが講師となり、市内各所に出向きさまざまな講座を開いている。

[ .. 全文表示へ ]

4月10日20時00分 385
イルカへの給餌体験=シーワールド提供

海の動物に親しんで

鴨川市の鴨川シーワールドは、日本動物園水族館協会が主催する「飼育の日」(4月19日)の協賛行事として、14日と19日に入園者を対象としたイルカの飼育についてのレクチャー&給餌体験を催す。

飼育の日は、国内の約150園・館が加盟する日本動物園水族館協会が、動物たちの保護、種の保存などに向けた調査や研究、学習施設としての役割りなど、動物園や水族館の活動に理解を深め、親しんでもらうことを目的に、平成21年に創立70周年記念事業で設けた。

[ .. 全文表示へ ]

4月9日20時00分 431
掲示されたオリジナルポスター=館山

女性消防部と社会福祉協議会

ヘルプマークの普及に向けて、館山市消防団の女性消防部(川名まひろ部長)と市社会福祉課が、オリジナルポスターを共同作成した。500枚を印刷し、多くの人の目に触れる公共施設や市内店舗などに掲示していく。

ヘルプマークは、外見からは分かりづらい障害などを持った人が、周囲に援助や配慮が必要であることを知らせるマーク。

[ .. 全文表示へ ]

4月9日20時00分 523

英語版で2000円以上募る

南房総市は5日から、ふるさと納税ポータルサイトを運営する「トラストバンク」の「外国語寄付受け付けサービス」を活用し、外国語(英語)での寄付受け付けを開始した。同サービスを活用した全国初の取り組みで、ふるさとチョイス内の専用サイトから2000円以上の寄付を海外から募っている。

世界各地や海外移住者たちに向けて、市のPRを図るとともに、将来に向けた財源確保にもつなげようという目的。トラストバンクのシステム導入に、同市がいち早く名乗りを上げた。

[ .. 全文表示へ ]

4月6日20時00分 595
1年間の活動を報告する団体関係者=鴨川

5団体が1年間の活動発表 鴨川

鴨川市が市民活動を側面支援するために設けている「みんなで育て鯛!まちづくり支援事業」に採択された市民団体による活動報告会がこのほど、同市ふれあいセンターで開かれ、5団体が小柴祥司副市長を委員長とする審査委員会や一般市民ら20人に向け、成果を発表した。

市民団体から提案事業を募集し、優秀な事業に対して経費の全部、または一部を補助する事業。新たに取り組みをスタートする「はじめ鯛!」と、これまでの活動を充実・発展させ自立を目指す「発展させ鯛!」の2コースで展開。

[ .. 全文表示へ ]

4月6日20時00分 476
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved