ニュース » 新着記事一覧
QRコードでキーボックスの開閉をテストする学生=南房総

公共施設利用と徘徊者発見

市のためにとやりがい感じ

南房総市と「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業に係る連携・協定」を結んでいる千葉工業大学の情報ネットワーク学科(中川泰宏助教)の学生6人が、「公共施設利活用システム」と「徘徊(はいかい)者発見システム」の開発に取り組んでいる。現在、同市内で実用化に向けた実証実験を行っている。

[ .. 全文表示へ ]

4月3日20時00分 697
四ツ目垣をつくり直す参加者ら=館山

整備のワークショップで

館山市布良の小谷家住宅「青木繁『海の幸』記念館」でこのほど、同住宅の管理・運営をする「青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会」(嶋田博信会長)による庭園整備のワークショップがあった。

同会メンバーや地域住民ら約20人が、講師で樹木医の小池英憲さんから四ツ目垣のつくり方を学び、住宅の庭を囲っていた四ツ目垣をつくり直した。

[ .. 全文表示へ ]

4月3日20時00分 538
拡大版パスポートを持つ亀田郁夫市長と、ぬいぐるみを持つ中垣内浩総支配人=鴨川

鴨川市と鴨川シーワールドは、相互連携の「子育て世代応援事業」として、今月から新生児の両親にシーワールドの無料パスポートを贈呈する取り組みをスタートした。同市によると「同様の取り組みは、公立動物園などではあるが、設備が整った民間の観光施設では初めて」という。

同市では行政、企業、地域と、全市を挙げての子育てサポートを目指しており、「市民支援活動に関する連携協定」を昨年結んだシーワールドとの取り組みは、企業連携の第一弾。国内有数の水族館であるシーワールドを「子育て世代が、子どもを連れてリフレッシュできる場所にしてほしい」としている。

[ .. 全文表示へ ]

4月2日20時00分 559
房州うちわをつくる参加者=館山

伝統技術を後世に

房州うちわの歴史や里山との関わりを紹介する「房州うちわ展」(房州うちわ振興協議会主催)が29日と30日、館山市上真倉の安房高野山妙音院で開かれた。本堂に歴史を伝える写真パネルや多彩な房州うちわが展示され、「房州うちわの手づくり体験」を開催。周辺の里山を舞台に同市地域おこし協力隊で獣害対策に当たる沖浩志さんが「里山教室」を担当し、竹林の保全と房州うちわ生産の関わりに参加者が理解を深めた。

[ .. 全文表示へ ]

4月2日20時00分 570
お披露目会で利用体験をする親子=館山

おむつ交換・授乳も安心

乳幼児連れでもイベントに安心して参加できるよう、館山市の子育て支援拠点施設「元気な広場」(石渡秀嗣施設長)は今月から、おむつ交換や授乳スペースとして利用できる「移動式赤ちゃんの駅」を、市内でイベントなどを開催する団体に貸し出しを始めた。

折りたたみ式おむつ交換台の付いた移動可能なテントで、県の子育て支援事業の一環で配布を受けた。無料で、貸出期間は最長7日間。

[ .. 全文表示へ ]

4月1日20時00分 513
新元号を書いた安房書道部

安房高は記念書道パフォーマンス

政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定し、発表した。皇太子さまが即位される5月1日午前0時に改元される。新元号が決まったことで、安房地域でも改元に向けた祝賀ムードがより高まりそうだ。安房高では新元号決定を記念した書道パフォーマンスもあった。

安房高校では、書道部の新3年生3人がはかま姿で新たな元号「令和」を書道パフォーマンスで書いた。

[ .. 全文表示へ ]

4月1日20時00分 647
海女まつりのチラシ

南房総

南房総市白浜地区の野島埼灯台前広場で開催される、夏の観光イベント「南房総白浜海女まつり」の日程が7月13〜15日に決まった。今年も、復興支援イベント「まるグル」が同時開催される。

海女まつりは、昭和39年に第1回を開催してから、今回で55回目。地域の恒例行事であり、夏の風物詩として毎年、多くの観光客らでにぎわう。

今年も、同まつり実行委員会とまるごみイベント実行委員会が主催。13、14日は、夜の港を海女たちがたいまつを持って泳ぐ「海女の大夜泳」。15日は、長さ150b、重さ1dの大綱での綱引きが行われる。

[ .. 全文表示へ ]

3月30日20時05分 688

JRバス関東館山支店で

JRバス関東館山支店はあす4月1日から、同支店の路線バスで片道通学定期券の販売を始める。価格は往復定期券の半額。片道だけ利用したいというニーズに応える。

住民との意見交換会で、「帰りのバスが早いので家族に迎えに来てもらっている。朝なら使えるので使いたい」「朝は家族に送ってもらうけど、帰りはバスが使えるので使いたい」といった声があったため、片道だけ利用できる学生向け定期券を販売することになった。

[ .. 全文表示へ ]

3月30日20時00分 757

地域で活躍する人材育成へ

館山信用金庫から地域企業、個人で組織する「房創人財育英基金」に運営が引き継がれた「大学生モニター制度」の3期生のモニター委嘱式が27日、同信用金庫本店であった。春から大学生となる安房、長狭高校出身の5人の学生が、モニターの委嘱を受けた。

進学後も地元に関心を持ってもらい、将来この地域で活躍する人材の育成を図ろうと、平成29年に同金庫が創設した制度。

今年1月からは趣旨に賛同する地元企業・個人で組織した任意団体「房創人財育英基金」が運営を引き継ぎ、地域ぐるみの取り組みとなっている。

[ .. 全文表示へ ]

3月29日20時00分 603

31日まで

館山市の城山公園で28日から、夜桜のライトアップが始まった。見ごろを迎え始めたサクラを照らし、昼間とは違った幻想的な美しさを演出している=写真=。

サクラの名所の同公園には、約400本のソメイヨシノが植栽されている。同市は児童遊園にある標準木で、毎年開花日を観測しており、今年は20日に開花宣言をした。

麓の芝生広場や山頂付近のサクラは、まだ一、二分咲きだが、児童遊園付近は6分咲きと見ごろを迎えている。ライトアップは日没から午後9時まで。31日までの予定だが、開花状況に合わせて延長も検討する。

3月29日20時00分 575
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved