ニュース » 新着記事一覧
介護職を目指す10人が出席した開講式=南房総

10人が介護職目指す

国の制度に基づく求職者支援訓練「介護職員初任者研修養成科」が15日、南房総市平久里中の富山コミュニティセンターで開講した。この資格に関する求職者支援訓練は、安房では初めて開催。20〜60代の10人が、7月までの3か月間受講し、介護施設などへの就職を目指す。

介護職員初任者研修は、介護職の入り口となる資格。訓練では、老化や認知症の理解といった、介護現場で働くために必要な基礎知識を身につける学科の他、実技や介護現場での実習、面接指導などの就職支援も受けられる。

[ .. 全文表示へ ]

4月16日20時00分 318
啓発物資を手渡す明るい選挙推進協議会役員=館山で

館山選管など

21日に投開票が行われる館山市議会議員選挙を前に、市選挙管理委員会などは16日、同市北条のおどやスーパーセンター館山店で、街頭啓発活動を繰り広げた。

市選管と市明るい選挙推進協議会の4人が、啓発用のポケットティッシュを買い物客らに手渡し、投票を呼び掛けた。

[ .. 全文表示へ ]

4月16日20時00分 362

20日

南房総市は、20日午後1時からとみうら元気倶楽部さざなみホールで「市民提案型まちづくりチャレンジ事業」の公開プレゼンテーションを行う。チャレンジコースに申請した9団体が、事業採択に向けて活動内容を発表する。入場無料で、市民らの来場も呼び掛けている。

市民と行政によるまちづくりを進めている同市。NPOやボランティアなど、市民活動団体から提案事業を募り、優秀な提案事業を行う団体に対しサポートする。

市民活動に取り組み始める「はじめの一歩コース」(補助額5万円以内)と、活動をより充実・発展させる「チャレンジコース」(同30万円以内)――の2つのコースが設定されている。

[ .. 全文表示へ ]

4月15日20時00分 326
人気のウミガメ移動教室=シーワールド提供

19日から 受け付け

幼保・小中学校から希望募る

鴨川シーワールド(勝俣浩館長)は、県内の幼・保育園と小学校、中学校を対象に6月から11月にかけて「ウミガメ移動教室」を開く。アカウミガメの保護活動を展開するシーワールドならではの取り組みで、開講希望が殺到する特別課外授業。19日から電話で受け付ける。

[ .. 全文表示へ ]

4月15日20時00分 263

南房総市は、市内の漁協が取り組んでいるアワビの稚貝放流事業に対して行った、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングによる寄付の実績をまとめた。寄付件数は90件、寄付額は362万7000円となった。

市内で採れるアワビは、全国の市場で取引されているが、昭和42年をピークに漁獲量は減少。内房、外房の漁協などは、資源の維持・増大を図ろうとさまざまな取り組みを行っている。

中でも東安房漁協では、アワビ漁場の造成を展開。漁場を3か所に分け、1年に1か所ずつ稚貝を放流し、3年間の育成期間を設けて収穫・放流する「3年輪採方式」を行い、一定の水揚げを保っている。

[ .. 全文表示へ ]

4月13日20時00分 397
寺崎武男の作品を広げるメンバーら=旧富崎小学校で

27日から 館山

安房ゆかりの画家たちの名画を集めた「海とアートの学校まるごと美術館」(青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会主催、房日新聞社など後援)が27日から5月6日まで、館山市の旧富崎小学校で催される。展示を前にこのほど、館山に定住した洋画家・寺崎武男の遺族から、寺崎の絵画など200点以上が同会に寄贈され、関係者は展示に向けた準備を進めている。

[ .. 全文表示へ ]

4月13日20時00分 387

5団体が公開プレゼンへ

鴨川市が市民活動を側面支援するために設けている「みんなで育て鯛!まちづくり支援事業」であす14日、支援を申請している5団体の活動内容を審査する公開プレゼンテーションが開かれる。午後1時50分からで、同市ふれあいセンター2階が会場。一般の参加も可能で「ボランティア活動などに興味、関心がある市民は来場を」と呼び掛けている。

同事業は、市民団体から提案事業を募集し、優秀な事業に対して経費の全部、または一部を補助金として交付している。取り組みをスタートする「はじめ鯛!」と、これまでの活動を一層充実、発展させ自立を目指す「発展させ鯛!」の2コースで展開している。

[ .. 全文表示へ ]

4月12日20時00分 327
きょう演奏する美炎さん(左)と作品展示の西さん=ギャラリーsfk

きょう馬頭琴の美炎さん演奏

馬のつながりで展開

「幻想陶画」を標ぼうする陶芸家で画家の西美紀さん(37)=長崎県東彼杵郡=の作品を集めた「天と地と〜絵と陶芸 西美紀展」が12日から、南房総市下滝田のギャラリーsfkで始まった。陶画を中心に50点ほどが並ぶ。22日まで。きょう13日午後1時半からは、馬頭琴奏者の美炎さんが会場で演奏する。会費2000円。

西さんは両親の薫陶を受け、3歳から陶芸に親しむ。大学では油絵を専攻。陶器に絵画のような絵付けをする独自の幻想陶画を確立した。テーマは自然、動物、人物など。長崎では直営店で販売する他、海外店舗も。全国各地のギャラリーで個展を展開している。

[ .. 全文表示へ ]

4月12日20時00分 274
農VICEのメンバーら

交流でスキルアップ目指す

安房地域の若手農業者のグループ「農VICE(ノーバイス)」(山崎拓馬代表)が結成された。9人の会員でスタート。花きや野菜、酪農などジャンルはさまざまだが、垣根を越えて仲間づくりの交流や農業全般についての勉強会などを展開していく。

これまで市町、生産品目を越えた若手農業者の交流の場はあまりなかったため、多種多様な経営類型の若手農業者が交流し、互いのスキルアップを図ろうというのが結成の目的。

発起人となった4人が中心となって、コンセプトや規約をつくり、若手農業者らに参加を呼び掛けて、立ち上げた。

[ .. 全文表示へ ]

4月11日20時00分 657
イベントのチラシ

懐かしの名曲を披露

元劇団四季の遠藤敏彦さん、園さん夫妻と娘のよもぎさん、音楽家のジョン・グレゴリーさんによる「蜂の駅コンサート ここから〜Vo.1」が29日、館山市のひふみ養蜂園で開かれる。午後1時半と5時開演の2回(各回定員25人)で来場を呼び掛けている。

遠藤夫妻は元劇団四季のダンスキャプテン。ライオンキングの初演やCATSなど数々の名作に出演。園さんの病の療養をきっかけに同市に移住して、現在、キッズミュージカル「トゥルーカラーズ」を主宰する。よもぎさんは安房拓心高校2年生。同ミュージカル出身でプロの舞台も経験する。ピアノは米国ワシントン州出身で同市在住のグレゴリーさん。エルトン・ジョンのアレンジャーと音楽活動をともにするなど編曲者、プロデューサーとしても活躍している。

[ .. 全文表示へ ]

4月11日20時00分 567
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved