ニュース » 新着記事一覧
感謝の気持ちを込めて合唱する生徒ら=白浜中で

半世紀の節目祝う

南房総市の白浜中学校で4日、統合50周年の記念式典が行われた。卒業生、地域の人らで用意した300席がいっぱいとなり、盛大に祝った。

同校は、昭和44年に白浜中と長尾中が統合し開校。50年を振り返り、多くの人の支援、協力に感謝しようと、白浜中学校記念事業実行委員会(星野一栄委員長)が中心となって記念事業が企画された。

[ .. 全文表示へ ]

11月6日20時00分 505
多くの人でにぎわったパン博=館山

イオンタウン館山で3日、南房総の名物パンや焼き菓子、パンのお供などを集めたパンの博覧会「パン博2018」が開催された。17の店舗が出店し、自慢の商品≠販売。多くの人が買い求めに集まり、にぎわった。

食事など生活に身近なパンをテーマにしたイベントを通して、イオンタウン館山に親しんでもらうことや、館山の目玉イベントとして地域振興につなげようと企画。

[ .. 全文表示へ ]

11月6日20時00分 636
亀田病院で開かれる採点方式昼食会=亀田総合病院提供

25日 亀田病院

糖尿病患者会「わかめ会」は25日、亀田総合病院Kタワー13階「ホライゾン」を会場に、採点方式昼食会を開く。バイキング形式の料理を参加者が自由に食し、管理栄養士がカロリーや栄養バランスなどを判定、注意点などを解説するという食事会。事務局で希望者を募っている。

わかめ会は昭和60年に発足。糖尿病の療養で特に大切な食事と運動に関するさまざまな取り組みを企画、実施している。

[ .. 全文表示へ ]

11月5日20時00分 386
水田に飛来した2羽のコウノトリ=館山市広瀬で

福井で放鳥の姉妹がはるばる

国の特別天然記念物に指定されているコウノトリ2羽が5日午前、館山市広瀬の水田に飛来した。9月に福井県で放鳥された姉妹で、水田で餌となる生き物をついばんだり、仲良く歩いたりしていた。

福井県自然環境課によると2羽は今年9月17日に同県越前市で放鳥された「こころ」と「ひかり」の姉妹。

[ .. 全文表示へ ]

11月5日20時00分 922
金井賞を受賞した高橋氏=東京

総合検診・過脂肪児対策に尽力

地域住民検診や過脂肪児(小児肥満)対策などに取り組んだ元安房医師会病院地域医療部長の高橋金雄氏(78)=館山市=が、日本農村医学会金井賞を受賞した。東京都で開かれた日本農村医学会・国際農村医学会の学術総会の席上、賞状などが手渡された。

金井賞は、元全国厚生連専務理事の故金井満氏の遺志で設けられた賞で、約4000人が加盟する日本農村医学会の医師以外の会員の中から、農村の保健と医療の向上に顕著な功績を上げた一人を毎年選び表彰している。

[ .. 全文表示へ ]

11月3日20時00分 419
日運寺を見学する参加者=南房総

鴨川

鴨川市内や近隣の寺社仏閣をテーマにした同市中央公民館の教室「おらが学」がこのほど、全5回の日程で開かれた。20人が参加し、座学と現地見学で理解を深めた。

同市郷土資料館の学芸員、高橋誠主査を講師に迎えた教室。▽西条から天津小湊方面▽田原・長狭・江見方面▽南房総・館山市――に分けて、座学で学んだ後、現地を巡った。

[ .. 全文表示へ ]

11月3日20時00分 463
食用ナバナの産地見学をする参加者=南房総

関係者ら29人で意見交換会

安房農業事務所、安房農林業振興協議会、安房地域食育推進会議が主催した「安房地域食育活動交換会」が1日、南房総市の丸山公民館などを会場に行われた。地域の食育活動に携わる29人が参加し、産地見学や講演、情報交換で食育への思いを強めた。

旬の食材が最も豊富に出回る時期ということから、県では11月を「ちばの食育強化月間」と定め、県内各地でさまざまな取り組みをしている。その一環である「食への感謝の気持ちや理解を深める取り組み」として、交換会を実施した。

[ .. 全文表示へ ]

11月2日20時00分 446

立候補予定の2氏を招き

館山青年会議所(JC)は7日午後6時半から、館山市長選挙(11日告示、18日投開票)の立候補予定者2氏を招いた公開討論会を、館山商工会館で開催する。入場無料。

公開討論会は、有権者が候補者の政策などを見極める機会をつくるとともに、市民の政治参加意識を高めていこうというのが目的。18歳選挙権の導入を受け、高校生への参加も積極的に呼び掛けている。

同市長選には、現職の金丸謙一氏(69)=同市那古=、新人で前市議の室厚美氏(53)=同市波左間=の2人が立候補を表明している。

[ .. 全文表示へ ]

11月1日20時00分 832
あいさつする石田委員長=鴨川

委員長に石田氏を選任

鴨川市を中心とした有志でつくる館山鴨川間地域高規格道路推進協議会(会長・中村正三郎元法務大臣)はこのほど、同道路の早期実現を求める署名活動を展開する実行委員会を新たに発足した。

同委員会は、「外房地域における経済の活性化、防災・減災対策を含めた均衡ある千葉県の発展、地方創生の実現を図るためには、同道路の早期実現が必要」と訴える同協議会員をはじめ、活動に賛同する市内の団体などから選出された15人で組織。

[ .. 全文表示へ ]

11月1日20時00分 705
事例報告を行う石井市長=東京

優遇措置の延長訴える

全国23の半島を持つ自治体が集まり地域振興について協議する「半島振興対策促進大会」がこのほど、東京・霞が関のイイノホールで開かれた。南房総市の石井裕市長が事例報告を行い、同市での半島地域における地方税不均一課税活用の取り組みを報告するとともに、来年3月末で期限が来る税制優遇措置の再延長を訴えた。

半島地域振興対策協議会、半島地域振興対策議会議長連絡協議会、全国半島振興市町村協議会が主催した。

[ .. 全文表示へ ]

10月31日20時00分 534
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved