ニュース » 新着記事一覧
パソコンで予約・申し込みする画面

キャッシュレス決済とひも付け

マイナンバーカードを取得すると、キャッシュレス決済で最大5000円分のポイントが付与される「マイナポイント」の申し込みが1日から始まった。安房4市町での取得率は現在約20%で、ポイント期間中の取得を呼び掛けている。

マイナポイントは、消費の活性化やマイナンバーカードの普及、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とした総務省の事業。これまで予約を受け付けてきたが、1日から申し込みが可能となり、付与されたポイントは9月〜来年3月末の期間で買い物に使える。

[ .. 全文表示へ ]

7月7日20時00分 351
「心のバリアフリー」のステッカー

鴨川市でバリアフリーやユニバーサル社会の実現を目指す市民団体「鴨川未来倶楽部NEXT」は、同市が「誰もが住みやすいまち」を目指して取り組む「進めよう心のバリアフリー」を応援するステッカーをつくった。市内で取り組みに賛同する事業所や個人に配布され、車両に貼るなどしている。

同団体では、障害者のための▽歩道や施設など生活空間の段差をなくす▽音の出る信号機の設置――などハード面のバリアフリーは、行政、企業とも財政面、経営面からすぐに対応することが難しいのが現実と指摘。

[ .. 全文表示へ ]

7月1日20時00分 358
食品を受け取った于准教授(左)と菊地代表=鴨川

生協など 鴨川

生活協同組合パルシステム千葉(本部・船橋市、佐々木博子理事長)は、フードドライブ(食品回収)に取り組む「フードバンクちば」と連携し、鴨川市の城西国際大学安房キャンパスの外国人留学生約100人に食品を提供した。

新型コロナウイルスの影響で、生活困窮者が増加していることから、困窮者の支援に取り組む地域団体の要請を受け、食料支援を実施している。3月から6月までの間、9団体に延べ15回、フードパントリー(食品配布)などの支援を行った。

[ .. 全文表示へ ]

7月4日20時00分 363

館山市大井の国道128号沿いの市の花壇で、ヒマワリが見ごろを迎えている=写真=。昨年の相次いだ台風被害からの復興を願い、市内各所で希望の花を咲かせようと市が進めたプロジェクトのひとつで、復興に向けて力強く咲き誇っている。

「お花の力で館山を元気に」を合言葉に、市内全域に希望のヒマワリを咲かせようという取り組みで、趣旨に賛同した「サカタのタネ」から2000袋(一袋6、7粒)の種の寄贈を受けて実施した。

[ .. 全文表示へ ]

7月9日20時00分 379
BCP解除を決めた対策本部会議=南房総

南房総市は1日、石井裕市長を本部長とする健康危機管理対策本部会議を、同市役所別館1大会議室で開いた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発動させていた事業継続計画(BCP)を解除した。解除により、平時の勤務態勢となるものの、引き続き感染防止策を講じながら、各種事業を行っていくという。

BCPは、市民や職員の感染拡大を可能な限り抑制し、市民の健康被害を最小限に抑え、市民生活に必要な行政サービスを維持するために、発動時の優先業務を特定し、業務の実施を確保するために必要な事項を定めたもの。

[ .. 全文表示へ ]

7月2日20時00分 404

空間広い小学校体育館に

館山市は、新型コロナウイルス対策として、風水害時などに開設する避難所を変更した。主に公民館から空間の広い小学校体育館へと変えた。

これまでの避難所は、北条地区はコミュニティセンター、その他は地区公民館だったが、感染防止対策でより利用空間の広い小学校(旧小学校も含む)の体育館、校舎を避難所とすることにした。

昨年の台風19号では市内で2332人もの避難者があったことも教訓に、初動から広い避難所を設定した。

[ .. 全文表示へ ]

7月7日20時00分 418
合併契約書に調印した3社の代表=南房総

南房総市は8日、市内の道の駅を運営している第三セクターの株式会社富楽里とみやま、株式会社ちば南房総、株式会社千倉黒潮物産センターの3社の統合に向けた合併調印式を、市役所で開いた。3社の代表が合併契約書に調印した。30日に開かれる臨時株主総会で、正式に合併が決まる見通しで、10月には新会社「株式会社ちば南房総」を発足させる予定になっている。

合併するのは、とみうら枇杷倶楽部とおおつの里花倶楽部、三芳村鄙の里、ローズマリー公園を運営するちば南房総、富楽里とみやまを運営する富楽里とみやま、ちくら潮風王国を運営する千倉黒潮物産センター――の3社。

[ .. 全文表示へ ]

7月9日20時00分 422

令和3年4月からスタートする次期(第4次)5か年計画の策定作業を進める鴨川市は、市民の声を計画に反映するための「かもがわ市民会議」を、4日午後1時から4時まで、同市役所4階大会議室で開く。会議は、新型コロナウイルスの感染防止対策を行い、市民に公開される。

平成28年度から令和7年度までの10年間を期間としたまちづくりの指針=A第2次基本構想の後半5か年に取り組むべき各種施策、事業について体系的に示す次期5か年計画。策定に向けて昨年8月、産業、教育、金融、労働、報道関係者ら15人で組織する総合計画審議会を設置し、課題や重点的に取り組むべき事業を探ってきた。

[ .. 全文表示へ ]

6月30日20時00分 425
展示されている溝口さんの作品=館山

2期に分け絵画5点

房州の自然や風景を描いた洋画家で、昨年死去した鋸南町の溝口七生(かずお)さんの寄贈作品展が、「渚の駅たてやま」内の渚の博物館2階企画展示室で始まった。

地元に作品を残したいという溝口さんの意向で、遺族が地元の鋸南町、館山市などに作品を寄贈。館山市には「海の記憶」など5点の絵画が寄贈された。

[ .. 全文表示へ ]

7月3日20時00分 442

鴨川市のスポーツコミッション「ウェルネスポーツ鴨川(ウェルスポ)」は、同市民限定の健康プログラム「自転車×ダイエット 1週間チャレンジ」を展開している。長期のスポーツバイク(クロスバイク)のレンタルで、最初の1週間は無料、その後も特別価格で提供する。「日常生活に運動を組み込むきっかけに」と、チャレンジを呼び掛けている。

県南地域唯一のスポーツコミッションのウェルスポでは、市民が気軽に運動をスタートできるさまざまなプログラムを提供している。今回は、新型コロナウイルスによる自粛で、運動不足や体脂肪増加に悩む市民に向け、スポーツバイクを活用したダイエット企画を立ち上げた。

[ .. 全文表示へ ]

6月26日20時00分 445

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved