ニュース » 新着記事一覧
力作を審査する渋谷会長ら=南房総

赤い羽根募金箱コンクール

入賞作品決まる 南房総

共同募金会南房総市支会が南房総市内の小学生を対象に募集した「赤い羽根募金箱コンクール」の審査がこのほど、同市千倉保健センターで行われた。力作ぞろいの99点の応募の中から、最高賞である金賞には、低学年(小学1〜3年)の部で平井翔大君(南小1年)、高学年(小学4〜6年)の部で岡本真結さん(富浦小4年)の作品が選ばれた。

募金箱の製作を通じ、次代を担う子どもたちに共同募金運動に関心を持ってもらい、創造力を育てる機会を提供するのが狙い。赤い羽根や赤い羽根共同基金のシンボルキャラクターの他、昨年生まれた県共同募金会のマスコットキャラクター「びわぴよ」をモチーフとした自由な発想の募金箱を募った。

[ .. 全文表示へ ]

10月7日20時00分 317
石井市長に答申する相川会長(中央)と伊勢田照子副会長(右)=南房総

41事業・14数値目標定める

南房総市男女共同参画推進会議(会長・相川泉市行政連絡協議会長)は、同市役所で第3回会議を開いた。2019年から23年までの5年間、市の男女共同参画社会の実現に向けた取り組みの指針となる「第3次計画」の最終審議を行い、石井裕市長に答申した。

推進会議は、市内の事業者や各種団体、地域住民代表者ら10人で組織。昨年8月から審議を始め、12月には市民の意見を反映させるためのパブリックコメントも行い、最終案をまとめた。

[ .. 全文表示へ ]

2月10日20時00分 349
協定書を交わした中垣内総支配人(左)と亀田市長=鴨川

鴨川市と鴨川シーワールドは11日、「市民支援活動に関する連携協定」を締結した。この日、シーワールドで催された「鴨川市民DAY」の記念イベントで、締結式が開かれた。市民が見守る中、亀田郁夫市長と、シーワールドの中垣内浩総支配人がサインを交わした。

鴨川シーワールドは、1970年に開業。国内有数の観光・水族館施設として、鴨川をはじめとする県南地域の観光振興、鯨類の飼育などによる海洋学術の発展に大きく貢献している。

[ .. 全文表示へ ]

2月13日20時00分 351
空き家対策について講話を聞いた自主研修会=鋸南町

調査報告や意見交換

安房地区行政相談委員連絡協議会(武内章会長)の自主研修会がこのほど、鋸南町役場で開かれた。委員11人や各市町の担当職員、関係者が参加。空き家対策について講話を聞くなど、研さんを積んだ。

総務大臣から委嘱される行政相談委員。安房地域では14人が委嘱されていて、住民たちの相談にあたっている。自主研修会は年2回行っていて、この日は今年度2回目となった。

今回は、全国的に空き家の増加が社会問題となっている中、安房地域でも空き家に関する相談が多くなっていることから、「空き家対策」をテーマにした。

[ .. 全文表示へ ]

2月15日20時00分 352
3市1町の議員が集まった研修会=鴨川

安房3市1町議会議長会による議員研修会がこのほど、鴨川市で開かれ各市町の議員が参加した。

同研修会は、安房地域で共通の課題の中からテーマを決めて継続されている。主催者では「今年は、地域医療をテーマに、医療と政策をどう考えていくかを整理し、行政ができることを明らかにして、病床機能報告や地域医療構想とは何かを理解する」ことなどを目的に企画したという。

[ .. 全文表示へ ]

2月13日20時00分 360
受賞した高橋さん=千葉市で

青少年育成し30年

千葉市文化センターでこのほど開催された平成30年度千葉県青少年育成フォーラムで、鴨川市子ども会育成連盟会長の高橋和夫氏がライトブルー賞(育成功労の部)を受賞した。

心豊かなたくましい青少年を育成するための善行を表彰し、その気運を県内に広めていこうという賞。青少年のみを対象としていたが、今年度から育成功労を加えた。少年の部で個人7人と3団体、育成功労の部で高橋氏の他、3団体が対象となった。

[ .. 全文表示へ ]

2月8日20時00分 386
山崎氏による教育講演=館山

教育講演 実践発表も

第53回安房地区社会教育振興大会(安房地区社会教育委員連絡協議会、安房地区公民館連絡協議会、安房社会教育協会主催)がこのほど、館山市の県南総文化ホールで開催された。功労者5人を表彰、教育講演や実践発表もあった。

社会教育関係者が集まり、社会教育の今日的な課題の解決を目指すとともに、地域の各種団体などの学習成果の発表、活動紹介を通して安房地域における社会教育の振興を図ろうと継続されている。今大会には、約300人が参集した。

[ .. 全文表示へ ]

2月12日20時00分 390
スタートしたフラワーマーチ参加者=南房総

きょうは丸山・和田浦海岸コースで

早春の南房総路を歩く「第29回南房総フラワーマーチ」が16日、南房総市の千倉保健センターをメイン会場に2日間の日程で始まった。初日は、約2600人がウオーキングを楽しんだ。

1日目は、白浜・野島埼灯台コース(35、23、11、5`の4コース)で展開。出発式では、嶋田守副市長が「春の南房総の花や海の風景、市民らのおもてなしを楽しんで。気を付けていってらっしゃい」とあいさつした。

[ .. 全文表示へ ]

2月16日20時00分 404
公開講座のチラシ

鴨川市横渚の亀田医療大学が開講する市民公開講座「鴨川市のバリアフリーを考える」が、16日午後1時から、同大学生会館「ミズキホール」で開かれる。参加無料で当日会場へ。

同講座は、大学の持つ知的財産を広く市民に公開し、住民と大学との交流、連携を深めることなどを目的に、平成26年度から継続しており5回目。今年度は、高齢化の進む地域で増える車いす利用者、障害を持つ人の日常生活から見たバリアフリーについて話し合い、市民が理解を深める機会にしようという。

[ .. 全文表示へ ]

2月4日20時00分 409
市民らが訪れた給食レストラン=富山学園

地元食材もたっぷり

南房総市内の小中学校で行われている米飯給食を提供する「給食レストラン」がこのほど、富山学園で行われた。2日間の開店≠ノ市民ら合わせて33人が来店=B同学園で行われた料理コンテストで金賞を受賞した本山結さん(中2)が考案した料理もメニューに組み込まれ、じっくりと味わっていた。

「日本一おいしいご飯給食」をキャッチフレーズに、地元産コシヒカリを使った和食中心の完全米飯給食を行っている同市。地産地消にこだわったメニューも提供している。

[ .. 全文表示へ ]

2月9日20時00分 423
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved