ニュース » 記事詳細
会員が集まった交流会=南房総市千倉町「夢みさき」で

南房総支部を設立 集客へ25店舗がタッグ

観光客の呼び込みにもひと役

リラクゼーションやエステサロンを自宅で開業する店舗などを集めて地図化し、互いに宣伝を図ろうという「日本おうちサロンマップ協会」の南房総支部が設立された。協賛する安房地域の25店舗の情報をまとめた地図を作成し、会員それぞれの店舗や公共施設、観光施設などで配布され、同業者からの口コミで宣伝効果をあげている。

同協会は、「皆が皆で皆をPRする」ことに努める団体。自宅でサロンや教室などを開業した人の集客やコミュニティーづくりの手段として、地域ごとに店舗を登録、地図化して配布している。サロンを自宅開業する人や起業を考える人に子育て中の女性が多いことから、女性の自立や就労支援、子育て支援になればと2013年に埼玉県で設立され、全国各地に支部ができ、活動が広がっている。

南房総支部は、南房総市千倉町でリラクゼーションサロン「デルフィーナ」を営む高倉かつ江さんの声掛けで今年4月に設立。高倉さんは、かねてから同協会本部のセミナーなどに参加し、「南房総にも支部ができ、地域の同業者同士で協力し合えたら」と思い、同市、館山市、鴨川市などのエステ、リフレクソロジー、ヒーリングサロンや文化系の教室などの経営者らなどに声を掛け、設立に必要な数の店舗を集めた。

立ち上げ後は、「同業者による、口コミでの宣伝は信頼性が高いので、新たな顧客確保につながっている」と高倉さん。特に南房総に顧客の少ない移住事業者の店舗などが、地域に根付くのに成果が出ているという。また、地図を観光施設に置くことで、観光客の呼び込みにもひと役買っている。

他にも、会員同士で情報交換をし、交流してつながりを強めるセミナーや交流会を設けている。また、同協会主催でイベントを催し、地域ににぎわいの場をつくるなどしている。

「南房総地域での横のつながりを強めて集客につなげていきたい。また、協会が全国的に展開されているので、他の地域の活動から刺激をもらい、視野が広げられたらいい」と高倉さん。「南房総で、疲れて癒やしが必要なときは地図を参考にしてもらいたい」と話していた。

引き続き、協賛する店舗なども募集している。問い合わせは、高倉さん(080―6518―8755)へ。

【写真説明】会員が集まった交流会=南房総市千倉町「夢みさき」で

15年10月11日 4,927
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved