ニュース » 記事詳細
開花が始まったボタンを愛でる来園者=館山

北口さん夫妻

手づくりの600株咲き誇る

館山市亀ヶ原の「北口牡丹(ボタン)園」で、約600株のボタンが見ごろを迎え、一般開放されている。赤やピンク、白の大輪が、優雅に咲き誇り訪れる人の目を楽しませている。見学は無料。

同所の北口良平さん(70)と妻の陽子さん(66)が丹精しているボタン園。1300坪の園内に160種600株が植えられ、さまざまな色、形のボタンが見られるのが魅力。

元々会社員だった良平さんが定年とともに陽子さんの実家の休耕田に株を植え、本格的に取り組んだ。開花の時期に、花を愛する人が見に来て喜んでくれることを楽しみに、年間を通して施肥や草取り、剪(せん)定などを行い、維持管理している。

5年ほど前から園を開放し、口コミなどで広まり、いまでは「今年はいつから見られるか」といった問い合わせがあるほど。安房地域内外から多くのファン≠ェ花を愛でに訪れている。毎年訪れるという市内からの来園者は、「色の鮮やかさに目を奪われた。今年は八重桜と一緒に楽しめて新鮮な気持ちになった」と話していた。

開花は、昨年よりは1週間ほど遅いが、ほぼ例年並み。北口さんによると、いまはピンクや赤など鮮やかな色合いの株が咲き始め、華やかさを感じられる。徐々に紫や黄色の花色の株が咲いて、落ち着いた風情になるという。今月いっぱい楽しめ、ピークは25日ごろ。

入り口に置いた募金箱には、感激した入園者からの浄財も寄せられ、肥料や資材購入など園の整備に充てられている。

県道和田丸山館山線を館山から三芳方面に走行、横峯大橋の200b手前の右側。入り口に看板がある。駐車場完備。

問い合わせは、北口牡丹園(0470―36―3412)へ。

【写真説明】開花が始まったボタンを愛でる来園者=館山

16年4月18日 8,995
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved