ニュース » 記事詳細

現職に3新人が挑む

任期満了に伴う県知事選挙が9日、告示され、現職で3選を目指す森田健作氏(67)と、新人で前浦安市長の松崎秀樹氏(67)、元県立高校教諭の角谷信一氏(62)、元建設会社員の竹浪永和氏(42)のいずれも無所属の4人が届け出た。2期8年続いた森田県政の継続の是非を最大の争点に本格的な論戦がスタート。17日に告示される鴨川市地区県議補選(欠員1)と合わせて26日に投開票される。

100万票超えの得票で過去2回の選挙を快勝し、今回も自民、公明両党などの支援を受けている森田氏に対し、「市町村に寄り添わない」と批判し18年間務めた浦安市長を辞職して臨む松崎氏、教員経験などを踏まえて教育環境の改善や若者支援などを訴える角谷氏が挑む、実質的には3氏の争いの構図。

この日、届け出を済ませた各陣営は、いずれも県都・千葉市内に構えた選挙事務所近くで出陣式や第一声を放ち決意表明。肌寒い中にも春の陽気を感じさせる青空の下、さっそく街頭に出て有権者に政策を訴えていた。

森田氏は、これまでの実績をアピールしながら「次世代へ光り輝く日本一の千葉の実現」を目指し、全力で取り組んでいくことを訴える。一方の松崎氏は「チェンジ千葉!!」を合言葉に、一部首長の応援も取り付け、全県的な知名度アップに向けて県内をくまなく回って支持拡大を狙う。また、安保法制に反対する市民団体などでつくる「新しい知事を選ぶ会」が擁立した角谷氏は、「県民の命と暮らし第一の県政に」と浸透を図っている。建設会社を退職して立候補した竹浪氏は、公費は使わないとして選挙ポスターも作成せず、1人で徒歩や電車を使いながら支持を訴えている。

県選管が発表した8日現在の有権者数は522万4603人。

3月9日20時00分 8,936
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved