ニュース » 記事詳細
活動報告する岸田さん=館山コミセンで

まちなか再生に食のまちづくり

館山市で活躍する地域おこし協力隊員2人の活動報告会、交流会がこのほど、市コミュニティセンターであり、市民ら約50人がまちなか再生、食のまちづくりに取り組む隊員の話に耳を傾けた。

都市部の若者を受け入れ、地域活性化に活動してもらう制度。隊員として長須賀でまちなか再生≠ノ取り組む岸田一輝さんと、食のまちづくりの推進活動に取り組む大浦未来さんの2人が報告した。

今年が任期3年の最終年となる岸田さんは、「道楽が館山を変える」と題して、唐棧織展示会や長須賀まちなか塾などの多様なまちづくり活動をした中で、館山独自の道楽的な活動を伸ばしていくことがまちづくりの重要なポイントになることなどを発表。

2年目の大浦さんは、ドライフルーツなどポピュラーな加工品からフルーツ染めなどアイデアを生かしたものまで多様な加工品を開発。ふるさと納税の返礼品のコーディネートなど活動実績を語り、地域商社設立の検討など今後の展望を語った。

報告会を終え、岸田さんは「皆さんの支えで任期が満了できた。今後も館山市に定住し、まちづくり活動を継続したい」。大浦さんは「最終年度は食をキーワードに地域をひとつにつなげる仕組みづくり、地域商社の立ち上げに取り組みたい」と今後の意気込みを語った。

【写真説明】活動報告する岸田さん=館山コミセンで

4月4日20時00分 6,577
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved