ニュース » 記事詳細
海のゆりかごともいわれるアマモ場

17日に市民説明会

館山市沖ノ島周辺の「アマモ場」の再生に向け、官民でつくる「沖ノ島について考える検討会議」は今年度、アマモの移植など実践的な活動を始める。種を取って苗を育て、海に植え付けて増やそうという。市民ぐるみでの取り組みにしたい考えで、17日には市民向けに説明会を開催する。

海草のアマモがまとまって生える「アマモ場」は、小さな海の生き物が生息する「海のゆりかご」と呼ばれる。沖ノ島でも以前は広く生息していたが、ここ数年で減少して、点在するような形に姿を変えてしまったという。

こうした現状を受け、同会議では昨年度からメンバーのNPO法人たてやま・海辺の鑑定団を中心に再生に向けた取り組みを開始。減少の原因究明に向けた調査をしていた。

その結果、アイゴという魚に食べられていることが大きな要因であることが判明。今後はアイゴを減らす手段を検討しつつも、まずはアマモ自体を増やして、再生に取り組むことになった。

講話する木村さん

具体的には、5、6月ごろの干潮時に海に入ってアマモの種を採取し、市内にある大学研究施設で苗まで育て、来年春に海に移植する計画。

活動にあたっては、同検討会議だけでなく、学校や地域ぐるみの取り組みとして、地域の宝である沖ノ島を地域で守る機運の醸成につなげたい考えで、地元の館山小と一緒に取り組むほか、広く市民にも参加を呼び掛けている。

市民向けの活動説明会は17日午後7時から、館山市コミュニティセンターで開催。同検討会議のアドバイザーで、海洋環境専門家・木村尚さんらが、沖ノ島の現状、アマモ場の再生計画などについて語る。参加無料で申し込みも不要。先着100人程度。

同検討会議では「豊かな沖ノ島を将来に引き継ぐため、この取り組みに皆さまも参加しませんか」と来場を呼び掛けている。

問い合わせは、NPO法人たてやま・海辺の鑑定団(0470―24―7088)か、「沖ノ島について考える検討会議」事務局の市商工観光課(0470―22―3346)まで。

【写真説明】海のゆりかごともいわれるアマモ場

【写真説明】講話する木村さん

4月10日20時00分 6,359
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved