ニュース » 記事詳細
インバウンドについて説明したセミナー=南房総市役所

外国人観光客受け入れに向けた勉強会「宿泊施設・飲食店舗・観光施設インバウンド対応無料セミナー」が12日、南房総市役所別館1大会議室で開かれた。宿泊・飲食業者ら32人が参加。インバウンドの取り組み方や口コミサイト「トリップアドバイザー」の活用法などを学んだ。

元青年海外協力隊や留学経験者たちでつくる「外国人観光客を安房に呼び込み隊」が、魅力ある安房地域を世界中の人に伝えたい≠ニの思いから、南房総市観光プロモーション協議会の協力で開いた。3月の館山市でのセミナーに続き2回目。

今回は、全3回行ううちの第1回目。集まった受講者たちに対し、呼び込み隊のメンバーで安房地域専門インバウンドコンサルタントの和泉みちよさんが講話した。

和泉さんは「インバウンドに取り組むには予算とエネルギーが大事」とし、▽研修する▽世界中の人が利用する口コミサイト「トリップアドバイザー」を活用する▽自社の英語版ホームページをつくる▽館内の表示などを多言語化する▽英語で簡単なあいさつをできるようにする▽無料Wi―Fiを設置する――といったポイントを説明。

また、トリップアドバイザーについてオーナー管理登録する方法や、実際に安房地域で登録しているホテルや寺社の実例を挙げながら、活用方法も紹介。「知識を持ち帰って、まずは始めること。そして地道に続けることが大事」と呼び掛けた。

受講者は、熱心にメモを取ったり質問したりするなど、外国人観光客の誘客に向け刺激を受けた様子で「2回目、3回目のセミナーにも参加して、インバウンドに取り組んでみたい」となどと話していた。

セミナーは5、6月にも開かれることになっている。参加無料で、詳しい問い合わせ、参加申し込みは、南房総市観光プロモーション協議会事務局(0470―33―1091)へ。

今後のセミナーの日程は次のとおり。

▽5月24日(午前9時〜正午、とみうら元気倶楽部交流室)=トリップアドバイザーに登録したら、活用しよう×外国人観光客の目線で考えよう

▽6月21日(午前9時〜11時、とみうら元気倶楽部交流室)=外国人観光客が自社の予約をできる状態をつくる×苦手な英語の克服法を身に付ける

【写真説明】インバウンドについて説明したセミナー=南房総市役所

17年4月13日 9,752
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved