ニュース » 記事詳細
搬送作業する関係者=鴨川

鴨川市の親子サークル「バンビ」が中心となり、市内で収集しているエコキャップが、約55万4700個集まった。14日に同サークル会員と、活動に協力する東京電力パワーグリット株式会社木更津支社、市の職員が搬送作業を行い、リサイクル業者に売却された。

ペットボトルキャップを、リサイクル資源として回収し売却、その収益をワクチン購入に充て、途上国の子どもたちの命を救おうというエコキャップ運動。安房地域では、バンビがいち早く賛同し、市や小中学校などの協力で、収集活動を続けている。

今回は昨年12月から5か月間で集まったもの。約430個のキャップが1人分のワクチン購入費となる計算で、約1290人分がNPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」を通じて送られた。

【写真説明】搬送作業する関係者=鴨川

4月20日20時00分 6,716
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved