ニュース » 記事詳細

3年連続ベスト10入り 南房総

南房総市の千倉B&G海洋センタープールの平成28年度利用者が、1万101人を数え、「上屋付・屋外プール」の部門で全国9位の利用実績となった。東京にある日本財団ビルで開かれた「関東ブロックB&G海洋センター連絡協議会」の席上、菅原悟志専務理事から石井裕市長に表彰状が手渡された。平成26年度から3年連続のベスト10入り。また、茨城、埼玉、栃木、群馬、千葉の37市町で構成される同協議会の会長に、石井市長が就任した。

昭和60年に現在の公益財団ブルーシー・アンド・グリーンランド財団によって建設され、63年に譲渡を受けた同センター。上屋付プールだけでなく体育館や武道館も併設され、市民の健康・体力の増進に活用されているほか、スポーツ大会の会場にもなっている。

プールは夏場に開放され、住民たちからは山の上のプール≠ニして親しまれ、地域外からの利用も多い。平成26年度には財団からの助成を受けて全面改修し、安全性と快適性が向上した。

全国466施設のうち、上屋付・屋外プールのある施設は275か所で、同プールは9位の利用実績(1位は静岡県磐田市竜洋の2万8246人)となった。平成26年度の6位、27年度の3位と、3年連続のベスト10入りを果たした。

担当者は「リニューアルされて3年目。夏場の短い期間だが、今年もたくさんの人にプールを利用してもらいたい」と話している。

プールは今年度も6月1日から9月15日まで一般開放を計画。時間は午前9時〜11時50分、午後1時〜4時50分。夏休みに合わせ7月20日〜8月31日は午後8時45分まで夜間開放する

利用料は市内者が110円、市外者が220円。なお、メンテナンスなどにより、開放を中止する日もあるという。

詳しい問い合わせは、千倉総合運動公園(0470―44―3381)へ。

17年5月5日 7,845
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved