ニュース » 記事詳細
千羽鶴づくりを呼び掛けるメンバーら

20日に文化ホール

頸椎の手術をした「X JAPAN」のYOSHIKIさんの回復、復帰を願って、「YOSHIKIさんを館山に呼ぶ会」(川名美妃代表)が、市民とともに千羽鶴を折る取り組みを計画している。映画「WE ARE X」の地元上映に合わせてあす20日、会場の南総文化ホールに折り鶴を折るブースを設ける。川名代表は「故郷から応援の気持ちを届けましょう」と参加を呼び掛けている。

呼ぶ会は、館山市出身のYOSHIKIさんの凱旋(がいせん)ライブを目指して活動している会。今回の緊急手術を受け、地元としてのエールの気持ちを届けようと企画。宮沢書店が折り紙を提供した。

映画が上映される文化ホールの芝生広場に、折り鶴のブースを開設。映画鑑賞に訪れたファン、応援している市民らに鶴を折ってもらおうという。応援メッセージを旗に書き込む寄せ書きもして、千羽鶴と一緒に届けようという。

川名代表は「早く元気になってもらって、またステージで元気な姿を見せてもらいたい。逆境の時こそ地元から応援の声を届けたい。市民の皆さんに折り鶴を折ってもらい、千羽鶴で皆の力、思いを届けましょう」と話している。時間は午前9時から午後5時まで。

【写真説明】千羽鶴づくりを呼び掛けるメンバーら

5月18日20時00分 3,770
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved