ニュース » 記事詳細
貸し出される空き店舗=鴨川

18日に現地見学会

鴨川市のNPO法人鴨川未来倶楽部は、同法人が所有する同市清澄の空き店舗を無償で貸し出し、活用方法を探る独自の「フリースペースプロジェクト」を始動する。18日には現地見学会を予定しており、15日まで申し込みを受け付けている。

全国の例にもれず同市内でも増加している空き店舗や空き家。今後の対応策が課題となる中、同法人では実際に空き店舗を無償で貸し出し、実証実験でどのような活用方法があるのか、利活用の可能性を探ろうという。

貸し出す空き店舗は、清澄寺参道にある。対象は市内外を問わず、小売店や飲食店、創作活動、サークル活動など特に指定は無いが、趣旨を理解し実験に協力できることが条件。家賃は無料だが、水道や光熱費を利用者が負担する。

期間は7月1日から12月31日までを予定。18日の現地見学会後、最終申し込みを受け付け、審査会を経て利用者を決定する。

同法人では「市街地から離れた場所ではあるが、アイデアによっては有効活用できると思う。開業を目指す人や、活動の場を探しているグループに利用してもらうことにより、まちづくりの一助にもなるのではないか」と話している。

見学会の申し込み、問い合わせは同法人事務局の久根崎さん(090―6119―0478)へ。

【写真説明】貸し出される空き店舗=鴨川

6月2日20時00分 8,818
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved