ニュース » 記事詳細
講演会のチラシ

南房総市大井の県「酪農のさと」で、24日午後1時半から「食べて元気に! の起点:嶺岡牧」と題した講演会が開かれる。嶺岡牧の魅力と近代的乳食文化について迫る内容で、多くの参加を呼び掛けている。

同施設では2011年から、嶺岡牧の調査事業を進めてきた。調査結果を報告するとともに嶺岡地域再生に活用する道を検討することを目的にシンポジウムや講演会を定期的に催している。

今回は、調査を企画・担当してきた日暮晃一氏が「嶺岡牧の魅力」と題して講演。これまでの嶺岡牧調査の結果から、江戸幕府直轄牧だった嶺岡牧を訪ねる楽しさや魅力などが語られる。

また、日本大学生物資源科学部の佐藤奨平助教が「乳酪の郷を訪ねる」をテーマに講演する。近代的乳食文化の原点であることを嶺岡牧の個性≠ニして注目。安房地域に残る酪農・製乳業の跡を歩いて知ることを、具体的なルートとともに提案する。

午後3時半までを予定している。参加費は資料代で500円。事前の申し込みが必要で、先着50人。申し込み、問い合わせは酪農のさと(電話0470―46―8181、メールinfo@e-makiba.jp)まで。

【写真説明】講演会のチラシ

6月9日20時00分 9,051
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved