ニュース » 記事詳細
表彰を受ける受賞者ら=都内で

若手プロジェクトが栄誉

恋人の聖地を活用した優れた取り組みを表彰する「第3回恋人の聖地観光交流大賞」で、館山市の取り組みが「観光交流賞」を受賞した。

恋人の聖地を認定する「NPO法人地域活性化支援センター」が主催する表彰制度。応募のあった全国68団体の中から選ばれた。観光交流賞の受賞団体は9団体。館山は前年の「JTB賞」(大賞に次ぐ賞)に続いて2年連続の受賞となった。

館山市では、市役所の若手・中堅職員によるプロジェクトチームが中心となって、聖地を活用した事業を実施。沖ノ島でプロポーズする計画をサポートしたり、オリジナルデザインの「恋人の聖地」優待パスポートを作成したりする取り組みが評価された。

東京都港区で授賞発表会があり、プロジェクトチームのメンバーが表彰を受けた。当日は、館山市長が会長を務める「恋人の聖地観光協会」の総会もあり、館山のメンバーもパネルディスカッションに登壇して、取り組みを紹介した。

【写真説明】表彰を受ける受賞者ら=都内で

17年6月12日 10,808
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved