ニュース » 記事詳細
無料開放される市民会館ホール=鴨川

市民の文化活動対象に

鴨川市民会館は、7月1日から9月10日までの夏季限定で、市民の芸能、芸術、文化活動に対して施設を無料開放する。

同館は大ホール(定員974人)と1階会議室(同120人)、2階会議室(同150人)があり、各階のロビーを含めて、市民の発表会や講演会といった文化活動、会議などに広く利用されている。

使用料金は、ホールが1日(午前9時〜午後9時)平日4万7520円、同休日5万7240円。平日・休日ともに1階の第1、2各会議室が1日6680円、ロビーが同9700円、2階の会議室が1万3380円。それぞれ午前、午後、夜間などに区切った料金も設定している。

7月から9月中旬にかけては、海水浴客の混雑による駐車場不足などを理由とする、使用率の低さが課題となっており、同館では「予約が入っていない施設を、市内の芸能、芸術団体などに開放。発表会や展示会を開催してもらい、利用率のアップと文化活動の育成・発展につなげよう」と、無料開放している。

利用条件は▽市民を含めた文化活動と認められる団体▽営利を目的としない発表会(入場無料に限る)▽開催時の必要経費やスタッフなどは主催者がすべて用意する――など。

条件を満たせば、期間中の午前9時から午後9時まで利用可能。「この企画を利用することで、各団体が定期的に当館を使用するようになれば」と同館。

問い合わせは同館(04―7093―1131)へ。

【写真説明】無料開放される市民会館ホール=鴨川

6月16日20時00分 8,687
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved