ニュース » 記事詳細
元保養所を改装して開業したホテルの外観=館山市波左間で

ソフト開発会社が 業態転換し

「株式会社アイ・ブロードキャスト」(上田拓右社長)が、館山市波左間に会員制リゾートホテル「ウエストペニンシュラホテル」を開業した。元保養所を取得、改装した。法人会員向けで企業合宿などの利用を見込む。今後、地元から10人程度の新規採用を予定。雇用創出をはじめとした地域活性化にも貢献したい考えだ。

ホテルは、館山湾を一望できる風光明媚(めいび)な場所にある、関東ITソフトウェア健保組合の保養所だった建物。アイ・ブロードキャストは、元はソフトウエア開発の会社だったが、業態転換してホテル業に参入する。

上田社長は、「世界でもまれにみる素晴らしいエリア」と館山、西岬地区に魅力を感じており、同市坂田に移住。元保養所の売却話を受け、自身の事業経験を雇用創造など地域のために生かせないかと館山での新たな事業に挑戦した。

約2億3000万円をかけて建物を改装。改修費は千葉銀行の「ちばぎん地方創生融資制度」の融資、官民ファンドの「広域ちば地域活性化ファンド」の投資を受けて調達した。

上田社長とホテル客室内からの眺望=同

ホテルは地上7階地下1階。客室は15室で全室オーシャンビュー。広さは55〜110平方bのゆったりとしたスイートルームサイズ。大浴場のほか、海が望める展望風呂、家族風呂など温泉の風呂も充実。セミナールーム、クラブ、バーベキューエリアなども完備。9月には、イタリアレストラン、室内温泉プールなどもオープン予定だ。

法人会員向けで、入会金は100万円。企業の経営合宿や社員旅行、福利厚生施設としての利用を見込んでいる。今期2018年3月期で法人会員100社の目標を掲げる。すでにIT企業など10社程度の経営合宿を誘致している。

レストランなどは個人でも会員登録すれば利用でき、将来的には大浴場、家族風呂などは一般にも開放する予定だという。

上田社長は「温暖な気候、海も山もそろっている比類なき素晴らしい土地。館山にはもっと可能性がある。この地の素晴らしさを多くの人に広める発信者になりたい」と地域活性化への思いを語っていた。

【写真説明】元保養所を改装して開業したホテルの外観=館山市波左間で

【写真説明】上田社長とホテル客室内からの眺望=同

7月27日20時00分 7,673
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved