ニュース » 記事詳細
要望書を手渡す古市会長ら=鴨川

国道整備や国保病院充実など求め

鴨川市の長狭地区区長会(古市一雄会長)は21日、亀田郁夫市長と川名康介県議に5項目の要望書を提出した。古市会長らが同市役所に足を運び、地区でまとめた要望事項を伝え、検討・対策を訴えた。

要望内容は、同市に対し▽ロマンの森付近の豊英隧道の拡幅▽房総スカイラインと国道410号がクロスする大岩隧道付近から出入りできる道路の新設▽長狭街道を活用した高速バス路線の開設▽市立国保病院の充実▽学校統廃合に伴う空き校舎、敷地の活用促進――など。

「国、県などとも連携しなければ実現し得ない事業などもあるが、特段の取り計らいによって早期に実現できるようお願いしたい」などと、要望書を手渡した。

【写真説明】要望書を手渡す古市会長ら=鴨川

7月28日20時00分 6,915
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved