ニュース » 記事詳細

天候不順で過去最低か

安房4市町の今夏の海水浴場の入り込み数は、トータルで29万9696人(前年比86・2%)で、30万人を割り込んだ。震災の風評被害で大幅に落ち込んだ平成23年度を下回る数字で、過去最低とみられる。

夏のレジャーの多様化などによる海水浴離れで、年々減少傾向にあるが、この夏は8月、とりわけピークのお盆時期の天候不順の影響で、大幅に落ち込んだ。

4市町全てで減少しており、鴨川市、鋸南町では2割以上の落ち込み。南房総市では、台風のうねりの影響を受けたためか外房エリアの減少が目立ったという。

4市町の海水浴客数は次のとおり。カッコ内は前年比。

▽館山市=5万9921人(93・5%)▽鴨川市=8万2271人(79・2%)▽南房総市=14万4367人(93・5%)▽鋸南町=1万3137人(79・2%)

8月26日20時00分 9,689
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved