ニュース » 記事詳細
献血に協力する学生ら=安房医療福祉専門校で

骨髄バンクにも21人が登録

館山市腰越の安房医療福祉専門学校(川井文子校長)で31日、学生を対象とする学内献血があり、学生ら61人が協力した。

学生たちから「献血を実施してほしい」という声が多くあったことから昨年初めて開かれ、今回が3回目。エアコンやベッドが完備されていることや、将来医療従事者となる学生らに実際に献血を見てもらおうと学内で行われている。

この日は1、2年生を中心に61人が協力。骨髄バンクの登録ブースもあり、21人が登録した。

今回が2回目の献血だという3年生の宮入真弓さん(35)は「せっかく医療学生として学んでいるので協力した。校内でやってもらえるので勉強になる。卒業してからも献血に協力していきたい」と話していた。

【写真説明】献血に協力する学生ら=安房医療福祉専門校で

9月1日20時00分 8,139
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved