ニュース » 記事詳細

保育士の処遇改善に向けて館山、鴨川、南房総市は、10月から民間保育士の給与を2万円上乗せ補助する。県の補助事業を活用する。いずれも関連事業費を盛り込んだ補正予算案を開会中の議会に提案している。南房総市は非正規職員のみが対象、鋸南町は対象となる民間保育所がないので実施しない。

保育士の待遇を良くして人材を確保するのが狙い。県の事業は、2万円を限度に県と市が半分ずつ負担する仕組みで、安房の3市はいずれも2万円補助で、県と市でそれぞれ1万円を負担する。

3市全体で103人分を見込み、10月からの半年分の上乗せ分として、補正予算案ではトータルで1236万円を計上した。各議会の議決を経て、正式決定する。

安房地域では現状では保育士不足などによる待機児童は発生してないが、館山市では10月実施の調査で待機児童が発生する可能性があるという。

9月7日20時00分 7,399
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved