ニュース » 記事詳細

11日に里見正史講座

里見正史をテーマに活動を続ける、南房総市の富浦地区生涯学習推進員が企画する講座「里見氏祈願寺・安房高野山妙音院 里見史を訪ねて」が11日に、館山市上真倉の妙音院を訪ねるコースで開かれる。同院で福岡宥璋住職から話を聞き、里見正史の一端に触れようという。

天正7年(1579)に、里見義頼の発願による、高野山の別院として安房に開山した妙音院をバスで訪ねる。

集合場所は2か所で、午後1時、三芳支所集合、とみうら元気倶楽部は1時半。妙音院には2時から1時間半ほど滞在。富浦には午後4時、三芳には4時半到着予定。

裏山に霊場88か所めぐりが設定され、当日はここを登るため、トレッキングシューズのようなしっかりした足元で。雨天時は、本堂で住職の講話を聴く。

定員は35人で、先着順。申し込みは三芳農村環境改善センター(0470―36―4114)へ。

12月6日20時00分 239
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved