ニュース » 記事詳細
文部科学大臣表彰を受けた羽山氏=館山二中で

学校教育の振興に尽力

文部科学省による「平成29年度教育者表彰(文部科学大臣表彰)」の表彰式がこのほど、東京都の同省であり、館山市の第二中学校校長で、県中学校長会の会長を務める羽山稔彦氏(60)=同市正木=が表彰された。

同表彰は、学校教育の振興で顕著な教育者の功労をたたえ、昭和34年から毎年実施されている。今年度の被表彰者は、全国から156人で、そのうち県内では3人だった。

羽山氏は、昭和55年の館山聾学校(当時)を皮切りに、小中学校で教諭として指導し、平成21年に鋸南中校長に就任。その後、南房総教育事務所管理課長、同次長、北総教育事務所長など、教育現場を管理する立場として勤めた。

現在は、館山二中の第17代校長として、現場での教育活動に携わると共に、県中学校長会会長として、県下全体の教育振興に力を注いでいる。

表彰を受け、「県中学校長会の皆さんと力を合わせて取り組んできたので、会の代表として表彰を頂いた。会長職にあたることで、(二中の)全教職員に負担や苦労を掛けてしまった。支えてくれた方々への感謝の気持ちでいっぱい」と語った。そのうえで「県内の学校がより素晴らしい学校になるよう精進していく。また、文武両道で活躍する二中の子どもたちを、伸ばしていけるように生徒、教職員らと共に頑張りたい」と笑顔を見せた。

【写真説明】文部科学大臣表彰を受けた羽山氏=館山二中で

17年12月12日 1,108
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved